オメガ3系、オメガ6系、と続けて紹介しましたので
今日は最後の、オメガ9系オイルを取り上げますね。

オメガ3系とオメガ6系のオイルが
それぞれに色んな意味でインパクトがあるので
ちょっと影が薄い感じになっちゃってますが
オメガ9系は9系で、いい効果があるんですよ。

なんとなく「体に良い」という印象の
オメガ9系オイルですが
美容面でも、なかなかの効果なんですよ。

では、オメガ9系オイルの特徴や効果・効能
紹介していきますね~。

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

オメガ9系オイルの特徴


オメガ9系オイルは、「一価不飽和脂肪酸」という
体内で作ることのできる油です。

摂り過ぎ傾向にあるオメガ3系オイルの代わりに
オメガ9系オイルを摂るように意識すれば
自然と、オメガ6系オイルの摂取量を
控えることができます。

普段使いの油を、意識してオメガ9系にしましょう。

他のオイルに比べ、酸化しにくいのが特徴。

長期間保存でき、加熱による酸化もないので
加熱調理にも向いており使いやすい油です。


オメガ9系オイルの効果・効能


オメガ9系オイルは、オレイン酸が主な脂肪酸です。

「オレイン酸」は、オリーブオイルから
抽出された脂肪酸なので、この名前になりました。

当然、その名前の元となったオリーブオイルの
オレイン酸含有量は多く、70%以上も含まれます。

動脈硬化、心臓疾患、高血圧などの
生活習慣病予防する効果があります。

また、善玉コレステロールを減らさず
悪玉コレステロールだけを減らす
という
嬉しい効果があるといわれてます。

他にも、胃酸過多や胃潰瘍の予防などに
効果があるとされています。

美容面の効果を挙げると、オレイン酸には
脂質の代謝を上げる効果があるので
新陳代謝が活発になるので
美肌効果やダイエット効果が期待できます。


オメガ9系オイルを多く含む食材


オリーブやヘーゼルナッツに含まれますが
オメガ9系は自分の体内でも作れるので
そんなに気にすることはないかな…?

植物性だと、オリーブオイル、アルガンオイル、
アボカドオイル、アーモンドオイル、菜種油、
ひまわり油、ヘーゼルナッツオイル
などがあります。

抗酸化作用が高いオイルが多いですね。

美容面での効果が欲しい人は
積極的に、オイル6系オイルと入れ替えて
いきたいものです。


こんなものにも含まれてます


オメガ9系オイルには、オレイン酸の他に
パルミトレイン酸も含まれているのですが
この、パルミトレイン酸、馬油にも含まれてますw

パルミトレイン酸には、血管を丈夫にする効果があります。

また、肌の脂質にも含まれている脂肪酸なので
パルミトレイン酸を摂り入れれば
皮脂の分泌を促進したり、肌の再生に役立つ、
と言われてます。

馬油が肌に良いわけですねw

調理に使えるものとしては
マカダミアナッツオイルが、
パルミトレイン酸を豊富に含んでいるので
アンチエイジング効果に期待したい方や
乾燥肌対策をしたい方に、おすすめですよ。


にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ