気温や湿度の低下が激しい冬は
乾燥対策のために、何をおいてもまず保湿!

…と、保湿ケアにだけ力を入れがちですが
実は冬は美白ケアをするのに
最も適したシーズン
なんですよ。

ご存知でしたか?

美白ケアと言うと、日差しが強くなる
春から夏へかけて力を入れ始める方が
とても多いんですが、
冬に美白ケアをする方が、効果が出やすいんです。

その理由と、どういう事に気をつけると
冬の美白ケアの効果が出やすいのかを
説明していきます。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

冬が美白ケアに向いてる理由


なぜ、冬が美白ケアに向いているかというと
紫外線量が少ないからです。

紫外線量が多くなる春から夏は
肌を徹底的に紫外線から守るケアに
特化するので「守りのケア」になります。

ただ、そうやって頑張って紫外線対策をしても
多少は、日焼けして紫外線ダメージを受けるので
美白ケアの効果が相殺されてしまい
現状維持が精一杯、というのが正直なところ。

つまりシミやくすみができないよう予防することで
手一杯になってしまうんですね~。

(これはこれで、すごく大切)

それだけに、夏の美白ケアは効果を感じにくく
また、効果が現れにくいんです。

その点、冬はシミやくすみの原因となる
紫外線量がグッと減っているので
美白ケアの効果が出やすいんですね。


また、シミを作るメラニンの働きも
ゆっくりになっており、
新しいシミが出来にくい状態にあることも
効果が出やすい、実感しやすい理由のひとつです。


冬の美白ケア方法


シミは、紫外線を浴びて出来たメラニンが
だんだん肌の表面に押し上げられることで
出来るものです。

この押し上げられてきたシミも
下から新しい細胞に押し上げられていき
最終的に、メラニンを含む肌ごと
垢として剥がれ落ちていけば
肌には残りません。

つまり、下から新しい細胞が押し上げ
新しい肌を生み出すという
肌のターンオーバーがきちんと行われれば
いつまでも肌にシミは残りません。


冬は、血行不良による代謝の低下で
このターンオーバーが乱れてしまったり
ゆっくりになりがち。

なので、しっかり湯船に浸かる、
意識的に軽い運動を行うなどして
肌の代謝が活発になるようにして下さい。


蒸しタオルなどで、肌を温めるのも良いですね。

冷え対策と合わせて、顔や体が血行不良に
ならないように気を付けて下さい。


また、肌が乾燥しているとバリア機能が低下し
紫外線ダメージを受けやすくなります。

いくら冬は紫外線量が少ないとはいえ、
夏の4分の1くらいはあるんですよ。

そのため、冬だから大丈夫♪と油断してると
冬の紫外線でも、シミやくすみができやすくなります。

そうならないように、保湿をしっかりして
肌のバリア機能を低下させないように
気を付けてください。


紫外線ダメージを受けると
肌のターンオーバーが乱れにも繋がるし
美白成分が浸透しにくくもなります。

詳しくは⇒肌を美白したければ保湿しよう!

ターンオーバーの乱れを防ぐためにも
美白成分を、しっかり浸透させるためにも
しっかりと潤い肌を作り上げてください。


このように、肌のターンオーバーを促進し
保湿して肌の底力を上げた上で
しっかりと美白化粧品でケアすることが
冬の美白ケアの大切なポイントとなります。

特に、乾燥したままだと美白効果が出にくいので
まずは徹底して保湿して肌環境を整え
その上で、保湿成分と美白成分を
どちらも肌に与えてあげることが大切です。

「美白化粧品って、乾燥しそうなんだけど
 美白と保湿の両立って難しくない?」
と思ってる方が、けっこういらっしゃるんですが
最近の美白化粧品なら、大丈夫です。

最近の美白化粧品は、美白と同時に
保湿を行ってくれる商品も多く出てるので
そういう商品でケアすれば問題ありません。

ご自分の肌に合った美白化粧品を見つけ
効果が出やすい冬のうちに
しっかり美白ケアしちゃいましょう。


■管理人が試したシミを消す効果がある化粧品はコチラ■
ビーグレン QuSomeホワイトトライアルセットビーグレン QuSomeホワイトトライアルセット
ハイドロキノンでシミが消える・薄くなる効果を実感

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ