前記事で、冬は水分補給を怠りがちだけど
水分不足になると、肌が乾燥するよ、
ということを書きました。

冬こそ肌の乾燥対策として、水分を摂らなきゃダメ!

この中でも、チラリと触れたのですが
今日は、水分不足になることによる
体への影響第2弾として

水分不足になると、冷え性になる

という話をしたいと思います。

水分は摂り過ぎても冷え性になりますが
摂らなさ過ぎても、冷え性の原因になります。

これを知らず、体が冷えるから~とか
トイレに行く回数が増えるのが億劫だから
と、冬に水分を摂ることを嫌がる方が多い

そうやって、水分補給を制限していると
ますます体が冷えちゃうよ、という
注意の意味を込めて、
水分不足と冷え性の関係を説明したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

水分不足になると冷え性になる理由とは


気温・湿度がともに低くなる冬は
体が体温を奪われるのを防ごうとして
皮膚の表面の血管を細くして
血流を減らそうとします。

その結果、肌の表面や手足などの
末端にまで血液が行き渡りにくくなります。

普通にしてても、血行が悪くなり、
手足の先が温まりにくくなってるんですよ。

そんな状態の時に、水分不足になるとどうなるか。

体が水分不足になると、血液の粘度が高くなり
いわゆる「ドロドロ血」になります。

ドロドロ血になると、一段と血流の流れが
悪くなってしまい、肌表面や手足の末端に
ますます血液が行き渡らなくなります。


水分が不足することで、体の血行不良を
悪化させちゃうんです。

これが、水分不足になると
冷え性になってしまう理由です。


冷え性対策のための水分補給の仕方


冷え性対策のために、適切な水分量を
摂ることを意識してください。

肌の乾燥対策の時にも書きましたが、
冬は、喉が乾きにくいので
知らない間に、水分不足になりがちです。

意識してないと、水分補給を忘れがちなんですよ。

だから、まずは「こまめに水分補給」
意識して行うようにして下さい。

そして、一度に大量摂取しないこと
冷たすぎる水を飲まないようこと
気を付けるようにして下さい。

当たり前ですが、水は冷えますw

その水を、大量に飲むと体も内蔵も冷えるし
冷えて処理能力が低下した内蔵が
うまく水分を取り込めず、むくんでしまいます。

冷え性を治したいから水分を摂るのに
冷えを悪化させたり、冷えに伴うむくみを
引き起こしては、意味がありません。

ですので、少しずつ飲むようにする事と
常温、または白湯などの
冷たすぎない水分を摂ることを心がけて下さい。


この2点と、利尿作用のある飲み物
(お茶とかコーヒー・紅茶ですね)は
避けるようにすること、を押さえておけば
だいたい大丈夫だと思います。

あとは前記事の「効果的な水分補給の仕方」の
1日に必要な水分量の目安
「体重(kg)×30ml」を守って飲めば
水分を摂り過ぎることもないでしょう。


冷え性の人ほど「水分=冷える」と考えて
水分補給を怠りがちですが、
水分の摂り方を間違えなければ
水分は冷え性改善の味方です。

水分量、摂り方を意識しながら
水分と摂って水分不足を解消し、
冷え性を治していきましょう。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ