2015年2月22日放送のNHKスペシャルで
「腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー」
という、腸内細菌についての特集がされてました。

腸内細菌と言えば、健康・美肌の両面に
大きく関わってくる腸内環境を整える為に
重要な要素。

<腸内環境についての話はコチラ>
美肌になりたいなら、腸内環境を良くしよう!

腸内環境を整えて、質のいい睡眠をとろう

腸内環境が悪いと、痩せにくく太りやすい体になる!

腸内環境を良くするために
何か良い話題が出るかな~と
番組を見てたのですが、これがすごかった!

腸内細菌が出す物質に
肥満を防いだり、しわを防いだりという
効果があるって話だったんですよ。


他にも、色んな病気の予防に役立つ事が
分かってきたという腸内細菌ですが、
その中から、肥満と美容のことを
中心にまとめたものを紹介したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

腸内フローラとは何か?


腸内には100兆匹以上もの細菌が住んでおり
それら腸内細菌の生態系全体を指して
「腸内フローラ」と呼ばれています。

フローラとは「お花畑」という意味。

腸内細菌は人それぞれ違っており
少しずつ変化はするが 大きくは変わらない

おそらく、一生涯、その人はその人の
腸内フローラタイプを持つ。

この腸内フローラの研究が各国で進み
腸内細菌が、全身の健康に影響を与えて
いることが分かってきたこともあり
医療を大きく変えようとしています。

例えばですね。

がん・糖尿病・肥満・アレルギーなど
これまで考えもしなかった病気が
腸内細菌と関わっていると分かってきています。

このように、腸内フローラが全身の健康に
大きく関わってきていることが
最近の研究で明らかになってきてますが
この事を、世に知らしめた研究は
「肥満」に関する研究でした。


腸内細菌が肥満に関係してる


肥満と腸内細菌が関係していると
分かったのは、ある実験からです。

その実験とは完全無菌状態にしたマウスに
人間の腸内細菌を移植して育てる実験で
片方は肥満の人の腸内細菌、
もう一方には、痩せた人の腸内細菌を移植。

そのまま、餌や運動量などを同じ条件にして
育てる、というもの。

そうやって実験した結果…
脂肪量の変化に差が出ました。

痩せた人の腸内細菌を移植したマウスは
ほぼ変化なしだったのに比べ
肥満の人の腸内細菌を移植したマウスは
どんどん脂肪が増え太ってしまってました。


何度やっても結果は同じ。
肥満の人の細胞を与えたマウスは
絶対に太ってしまう。

この結果から、さらに研究が進み
肥満の人の腸内には「ある種の細菌」が
少ないことが研究で分かってきました。

その少なくなってた細菌が
「バクテロイデス」などの菌。

こうした菌に肥満を防ぐ働きがあるんです。

腸内細菌は私達が食べたものを分解し
それを栄養にして生きています。

その時、腸内細菌は様々な物質を出しますが
この腸内細菌が出す物質が
体にとって重要な働きをしていることが
分かってきました。


バクテロイデスが出す「短鎖脂肪酸」が肥満を防ぐ


バクテロイデスが出す「短鎖脂肪酸」
これが肥満を防いでくれます。

肥満は脂肪細胞が脂肪を取り込むことで
起きること。

血管を流れる脂肪を取り込み続け
細胞がどんどん巨大化することで太る。

バクテロイデスが出した短鎖脂肪酸は
腸から吸収され血液中に入る。

その後、全身に張り巡らされた血管を通し
体の隅々まで運ばれます。

短鎖脂肪酸は脂肪細胞に働きかけると
脂肪の取り込みが止まるので、
余分な脂肪の蓄積を抑え、肥満を防ぎます。


また、短鎖脂肪酸には筋肉などに作用し
脂肪を燃やす働きもあります。


つまり、

  • 脂肪の蓄積を減らす
  • 脂肪の消費を増やす

このどちらもの働きがあり、
全身のエネルギーのコントロールを
腸内細菌が行っているということです。


老化防止に役立つ「エクオール」


短鎖脂肪酸以外にも、腸内細菌が出す物質が
数多く発見されており、
そうした物質がさまざまな効果をもたらして
ることが分かってきています。

糖尿病予防、アレルギー予防、血栓予防
貧血予防、薄毛予防…そして老化予防です。

藤田保健衛生大学の皮膚科医
松永佳世子さんが
腸内細菌が作る物質が
肌の若さを保つことを実証しています。

その物質とは「エクオール」です。

エクオールとは女性ホルモンに似た働きを
する物質のことです。

別記事で紹介したことがありますね。
イソフラボンより高い効果を発揮する「エクオール」とは

このエクオールを更年期の女性67人に
飲んでもらい追跡調査したところ
エクオールを飲んだ人は
目尻のしわが浅くなっていました。


腸内細菌が作るエクオールが
肌のハリを保つコラーゲンを
増やしたと考えられています。

コラーゲンを作る線維芽細胞の働きを
上げて、肌のハリを深いところで
与えるようなものが増えている、とのこと。

さらにエクオールには更年期の女性を悩ます
顔のほてりや骨密度の低下を防ぐ働きも
報告されています。


このように、女性の美と健康には
欠かせない物質なんですが
上のエクオールの記事内にも書いてるように
エクオール産生菌を持っていない人も居ます。

また、シワを改善するエクオールは
大豆を腸内細菌が分解して作られるんですが
今は大豆を食べる人が少なくなり
せっかくエクオール産生菌を持っていながら
その恩恵を受けることができなくなってきても居るようです。

日本人は元々、大豆をたくさん食べる
民族だったので、エクオールを作る菌を
ちゃんと持ってる人が多かったのに
減ってきているのは、食生活の変化からでしょう。

何だか、非常に勿体ないことをしてる気がしますね。

ちなみに、自分がエクオールを産生できるか
どうかは、こちらのキットで調べることが出来ます。

⇒尿中エクオールの簡易チェックキット
ソイチェック(ヘルスケアシステムズ)


また、上のエクオールに関しての記事内で
「大塚製薬からエクオールのサプリが
 出るという情報あり」と書いてますが
今さっき調べたら、しっかり販売されてました。

[大塚製薬] エクエル

自分の腸内にエクオールを産生する
腸内細菌がなかったとしても
こういうもので補うことは出来るようです。

また、番組内では
「自分にない菌を摂取して
 体内で育てることは出来ないのか?」
という質問が出ていましたが、

「今後はそういう考え方がある」

という答えを、質問されてた教授が
返していたこともありますし
当然、医療の分野ではその研究が進んでるでしょう。


腸内細菌を増やすには?


ここまで健康や美容に効果があると聞くと
気になるのは、

「で、とりあえず肥満防止やら
 老化防止に良い腸内細菌を増やすには
 どうしたら良いの?」

ってことですよねw

肥満防止効果のある短鎖脂肪酸を出す
バクテロイデスを増やすキーワードは
「食物繊維」です。


食物繊維とは、腸内細菌の餌なので
食物繊維が不足すると、腸内細菌のパワーが落ちます。

そうならないためにも、食物繊維を
食べることが大事。

腸内細菌の餌となる食物繊維として
ごぼう、たまねぎ、アスパラの野菜類や
納豆、大豆などの豆類
を食べると良いそうです。

しわを改善するエクオールも
大豆を分解して作られる
ものなので
大豆製品は、積極的に食べるのが良さそう。

…まあ、「自分の腸内にその効果をもたらす
物質を出す腸内細菌があるかどうか」で
得られる効果には差があるでしょうが
積極的に食べるに越したことはないでしょう。


肥満防止、老化防止以外にも
数多くの病気と腸内フローラとの関係が
見つかってきています。

健康、美容、ともに、どう関わってくるのか
まだまだ未知数の腸内細菌。

その腸内細菌を大事に育てるのだ、
と意識して、食生活を大事にすることが
これから、もっともっと美容や健康に
影響してくるんじゃないかな、と思います。

いざ、「自分にない腸内細菌を体内で
育てられるようになった!」って時にも
腸内環境が整ってる方が良いだろうし
その時のことを意識して、
毎食、きちんと食べていきたいものです。

…早く、バクテロイデスを体内で
育てられるようになってくれないかなー。

そしたらダイエット楽なのになーw


■エクオール検査キットを使ってみた


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ