ここ最近、急激に日中気温が上がり
いきなり春めいてきましたね。

極寒の冬がようやく終わって
暖かい春の訪れに心がはずみます。

ちょっと外に出てみようかな~なんて
フットワークも軽くなりますよね♪

…で、そのまま軽やかに外出してる方に
ちょ~っと確認したいことがあります。

あなたたち、ちゃんと紫外線対策してます?

暖かな日差しに浮かれてしまって
紫外線対策しないと、肌や髪の老化が
一気に進んでしまいます。

紫外線が目に入ると日焼けをする
体が日焼けすると、顔のシミ・シミ予備軍が濃くなる
紫外線が髪に与えるダメージと対策方法

また、意外な盲点と言いますか
頭皮の紫外線対策を怠ることで
顔のたるみが進んでしまう
んですが
頭皮を意識してる方って、そう多くないですよね?

何度も言ってますが、頭皮と顔の皮膚は
つながっています。

だから、頭皮が紫外線ダメージを受け
たるんでしまうと、その下の顔のたるみに
繋がってしまうんですよ。

だから、顔のたるみが気になるのなら
頭皮の紫外線対策は不可欠。

特に、日差しが強くなり汗ばむようになったら要注意。


頭皮ならではの「紫外線に弱い理由」
というのがあり、汗ばむ季節になると
顔の皮膚以上に、紫外線ダメージを受けます。


その「汗ばむ季節は、頭皮が紫外線に
弱くなる理由」
が原因で頭皮が老け、
ひいては顔のたるみにつながってる方
けっこう多いと思うので、それを防ぐためにも
その理由と対策を説明したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

頭皮は皮脂腺が多く、ある物質を発生しやすい


人は紫外線を浴びると
活性酸素が発生します。

発生した活性酸素は、コラーゲンや
線維組織を酸化させるため、
肌のハリや弾力、瑞々しさが失われ
シワやたるみができる原因になります。

これと同じことが頭皮でも起こるのですが
問題は、頭皮が顔の2倍以上の
紫外線を浴びるということ。

髪の毛があるから頭皮は守られている
というイメージがありますが
それはイメージだけ。

案外、頭皮は守られていないんですよ。

これだけでも、頭皮を紫外線から
守らないとな~って思いますよね?

ここからが、さらに問題なんです。

実は頭皮は身体の中で最も皮脂腺が多く
Tゾーンの2倍ほどもあります。

皮脂腺が多いということは
当然…皮脂量も多いですね。

この皮脂量がポイント。

皮脂に紫外線が当たることで
活性酸素と結びついて酸化すると
過酸化脂質というものに変化します。

ですから、皮脂量が多い頭皮を
無防備に紫外線の下にさらしていると
知らず知らずのうちに
多くの過酸化脂質を発生させてしまいます。

この過酸化脂質が、実はかなりの
老化物質なんですよ。


過酸化脂質って何?


過酸化脂質とは、皮脂が酸化したもので
非常に不安定な物質です。
(活性酸素と皮脂が結びつくのも酸化です)

名前だけ聞くと、難しいものですが
基本、油が酸化したものだと思って下さい。

何度も使用した油が褐色になったり
ちょっと嫌なにおいがしたりしますよね?

あれと同じようなことが肌や頭皮で
発生しちゃってると考えると
少しはイメージしやすいでしょうか?

この過酸化脂質、小じわ、毛穴の開き、
たるみなどの肌の老化を進行させる
大きな原因と言われています。


前述したように、頭皮は肌に比べ
皮脂量の分泌が多いため活性酸素と結びつき
過酸化脂質ができやすい。

だから、ちょっと暖かくなって
汗ばむ季節になった時に
無防備に紫外線の下に頭皮をさらしてると
知らないうちに頭皮の老化が進み
その影響が顔のたるみになって出てしまうんです。

なのに、みなさん、今の時期は
肌はともかく、頭皮はノーマークですよね?

6月くらいになると、皆さん紫外線対策で
帽子や日傘を使うようになるから
自然と頭皮の紫外線対策になってますが
今の季節は、頭皮の紫外線対策になんて
ぜんぜん気を使ってないでしょう?

でも、ちょっと汗ばんでる間に
こういう老化現象が着々と進んでるんです。

まだ春が来たばかりだから~と
油断していないで、
きちんと頭皮の紫外線対策もして下さい。

頭皮の紫外線対策もしましょう。

もちろん、夏場が一番危険なんですが
なぜか今年、いきなり気温が20度近くあり
汗ばむことが多くなってるので
本当に油断しないようにして下さい。

特に顔のたるみが気になっている方。

顔のたるみに効くコスメを使用しつつ
頭皮・肌、ともにしっかり紫外線対策して
日々のお手入れを無駄にしないように
してくださいね!


■管理人が試した顔のたるみを改善する化粧品


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ