30代以上の方が頬の毛穴の開きを
引き締め、なくす方法
という記事の中で
頬の毛穴の開きの二大原因や
頬の毛穴対策のためのスキンケア方法を
説明しました。

今日はそれに引き続き

30代から目立つようになる
頬の毛穴の開きをなくしたいのなら
まずは紫外線対策をしましょう!

という、お話をしたいと思います。

紫外線対策というと、シミ・しわ対策、
という印象が強いんですが
実は、頬の毛穴にも結構な影響があるんです。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

紫外線は頬の毛穴の二大原因、両方に関係する


一見、何の関係もなさそうな頬の毛穴と紫外線。

この2つが、なぜ関係するのかと言うと
頬の毛穴の二大原因である乾燥とたるみが
紫外線によって進行してしまうから
です。

肌は紫外線を浴び、ダメージを受けると
肌を守るためのバリア機能が低下します。

バリア機能が低下した肌は
水分保持能力が下がってしまうので
どんどん乾燥してしまいます。

そうして乾燥した肌は、ゴワついたり
肌理が乱れ、頬の毛穴が目立つようになります。

また、紫外線ダメージを受けた肌は
なるべく早く、肌を修復しようとするため
ターンオーバーを早めようとします。

すると、未熟な角質層が肌表面に押し出され
水分保持力、バリア機能ともに弱くなり
ますます肌の乾燥が進行します。


次にたるみです。

紫外線のうち「紫外線A波(UVA)」は
肌の真皮層にダメージを与え
コラーゲンやエラスチンといった
肌の弾力成分を傷つけ、劣化させます。

また、コラーゲンを生産するDNAを
傷つけもするので、新しく作られる
コラーゲン自体が弱くなってしまうので
どんどん肌状態は悪くなり、
ハリ・弾力を失い、たるんでしまいます。

詳しくは⇒紫外線ダメージ「光老化」とは

このように、紫外線は頬の毛穴の二大原因
肌の乾燥とたるみ、どちらも促進するので
頬の毛穴の開き対策には、紫外線対策が
不可欠なんです。



頬には「多めにムラなく」日焼け止めを塗る


頬の毛穴の開きをなくすためにも
紫外線対策は大切だ、という事が
ここまでの説明で、伝わったと思います。

と、なると皆さん、日焼け止めを塗ろうとしますよね?

その日焼け止めの塗り方に、
ちょっとしたコツがあるので
今から、それを説明してきたいと思います。

まず、日焼け止めのベタつきを嫌って
薄く塗るのは止めて下さい。

薄く塗るために、伸ばして塗ると
薄くなりすぎたり、ムラが出たりして
日焼け止めの効果がなくなります。

無理に薄く伸ばしたりセず
肌全体的に均一に、ムラなく塗るよう
気をつけて下さい。

頬周りは汗で日焼け止めが落ちやすく
紫外線の刺激を受けやすい場所なので
少し多めに塗るようにしましょう。

汗をかいたり、その汗を拭いたりで
日焼け止めが落ちたと思ったら
こまめに塗り治して下さい。

日焼け止めの効果的な塗り方を基本に
頬は少し多めにムラなく、を心がければ
問題ないと思います。

ちなみに、日焼けを防ぐための適正量は
0.8gと言われています。

実際に手に出してみると
500円玉大くらいの量になるはずです。

(柔らかいテクスチャーの場合です)

「えっ?こんなに多いの?」と
ビックリすると思います。

あなたが考えているよりも、
日焼け止めの必要量は多いという事を
意識しておいて下さい。

そうしないと、ついつい少なめに使って
せっかくの日焼け止めを塗っても
あまり意味がなかった、となってしまいます。

一度、ご自分の使っている
日焼け止めクリームや乳液の容量を
0.8gで割ってみて

「顔に使うだけなら、○か月でなくなるはず」

というように確認し、その期間内に
使い切るように気をつけて下さい。

そうすれば、使用量が少なすぎた、
なんて事にならないはずです。

首、デコルテ、手足にも使われる場合
もっともっと早くなくなるはずですので
それらも計算に入れて下さいね。

いっそ、顔用とそれ以外、というように
分けてしまうのも、ひとつの手だと思います。

そうやって、紫外線対策をしながら
30代以上の方が頬の毛穴の開きを
引き締め、なくす方法
に書いてある
スキンケア方法を実行していって下さい。

そうすれば、頬の毛穴の開き
きちんと改善していくはずですよ。


■管理人が試した頬の毛穴の開きをなくす化粧品
オラクル クラリファイング・トナーオラクル クラリファイング・トナー
肌の内部がしっとり潤い顔と毛穴を引き締めます
プリモディーネ VCローション お試しサイズ
プリモディーネ VCローション

毛穴引き締め+肌のハリで、たるみ毛穴を改善

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ