さて、美顔器を買うことを決めたわけですが、
種類が多すぎて、サッパリ分かりませんよw

有名な美顔器の名前くらいは知ってるんですけどね。

その有名で人気な美顔器が、自分に合うかどうか分からないし、
それを判断するだけの基準が分からないんです。

有名ってだけだと、えらいもんに引っかかりそうだし。

某有名な980円美顔器を、価格の安さにつられて買ったら、
一緒に使用するジェルを1年間継続して買う契約が付いてて、
そのジェルが1本あたり2980円×12ヵ月分の料金も請求される。


なんて経験談もあったので、人気だとか有名だとかで決めると
かなり危険ということだけは、分かりました。

これは、いい加減に決めると、確実に後悔するな、
と思ったので、美顔器を選ぶ時のポイントを調べました。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

まず、美顔器を選ぶポイントとして、一番大切なのは、

「自分がどんな効果を美顔器に期待しているか」

というのを、ハッキリさせることです。

美顔器と一言で言っても、その効果は全く違います。
得意・不得意みたいなのがあるんです。

具体的な効果を書くと、以下のようになります。

・肌にハリ・弾力を出す
・しわの予防
・肌の色をワントーン明るくする
・顔をスッキリして、小顔にする
・ニキビを治す
・潤いを補給して、乾燥肌を改善する
・しみ・そばかす・黒ずみ対策
・美白
・表情筋を動かす
・毛穴の汚れを落とす

ね?美顔器と言っても、全然ちがうでしょ?

自分の肌の悩みが「たるみ」なのに「美白」効果のものを買っても、
当たり前ですが、たるみ解消されませんよね?

だから、「自分はどの効果が必要か、何がしたいか」を
最初に決める必要があるんです。

あなたが一番期待する効果はどれですか?

まずそこをハッキリさせないことには、
何も始まらないと思ってください。

それが決まったら、次は「自分が続けやすいもの」を考えます。

・お風呂で使えるものが良い
・できるだけ時間が短いものが良い
・ジェルを使わないものが良い
・持ち運びできるものが良い

「ここを押さえてないと、面倒くさくて使わなくなる!」
というのが、あなたにも絶対にあると思います。

私の場合は、ジェルを使う美顔器は絶対にイヤでした。

マッサージの後に、いちいち顔を洗わないといけない、
というのが面倒になって、そのうち美顔器を使わなくなるのが、
ものすごく簡単に想像できたしw

持ち運びは出来なくても良いかな~って感じでしたね。

お風呂で使えなくても、ちっとも困らないので、
防水機能とか必要だと思わなかったし。

私と反対に、お風呂で使いたい!という方は、
防水機能がついてないとダメということですので、
そこを必ずチェックしなきゃいけない、と言う事ですね。

こうやって、「外せない条件」を決めると、
自然と選択肢が厳選されていくんです。

ここまで来たら、もう候補がいくつか挙がってるはず。

あとは最終ポイントの「価格が適正である」ことですね。

安ければ良いってわけじゃありませんが、
「これ以上は出せません!」ってラインは必ずあります。

それに、今なら1万~4万内で確実に買えるはず。

4万円・・・も、かなり高く見積もってるつもりです。
だいたい3万円くらいなんじゃないでしょうか?

これ以上、高価な美顔器だと、いわゆるプロ仕様のもので、
やたらと大きかったり、操作が複雑だったりと、
「手軽に使える美顔器」から、外れた存在である可能性があります。

そんな一生物の美顔器、みたいなのじゃなくって、
毎日使える、気楽に使い続けられる美顔器を選びましょう。

今まで書いてきた3つの条件が、美顔器を選ぶポイントです。

ここまで調べて、選び方がかなり分かってきたので、
「自分が欲しい美顔器の条件」に当てはまってるものを
探すことにしました。

ジェルが要らないという部分にはこだわりましたねw

で、見つけたのがコレです。

リンパマッサージにすごく向いてる「ReFa OSTYLE(リファ オースタイル) 」


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ