もう、先月号となってしまいましたが
日経ヘルス2015年4月号では
スマホ姿勢による老け見えについて
詳しく説明されていました。

スマホ顔とは、顔を下に向けた姿勢を
長時間続けることで、頬のたるみを促進し、
ほうれい線やしわが深くなった顔です。

スマホ顔について詳しくはコチラ
読書とスマホを長時間楽しむ人は、顔のたるみにご用心!

このスマホ顔・スマホブスの原因、
というか、顔のたるみに至るまでの過程が
日経ヘルスには載っていたのですが
これが、見事なまでに老け要素だらけ!

スマホを使ってる時の姿勢は
それ自体が、老化への過程と言っても
過言ではないんですよ…。

これを知らず、何も意識してないと
毎日、スマホを使っている人は
それだけで、加速度的に老けていくと思います。

そうならないように、

スマホを使ってる時の姿勢と
その姿勢による老け要素


というものを、まとめたので
これを読んで、しっかり意識して下さい。

また、それらを防ぐための
「スマホ顔を予防する姿勢」
合わせて紹介したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

あごを引いた姿勢が首のしわの原因に


スマホを見る時、みなさん下を向いて
あごを引いた姿勢になってますよね?

この姿勢、あごの下の動きが妨げられ
首のしわを作る原因にもなりますし
二重あごにもなります。


また、頭を前に倒した姿勢になるので
首から背中が丸まり、猫背にもなります。


目線が下に向き、まぶたがたるみ、額にしわができる


スマホを見ている間は、目線が下に向き
そのままの状態で、固定されます。

これが続くと、次第に眼輪筋が衰え
上まぶたがたるんできたり、
目尻のシワにつながります。


また、眼輪筋が衰えることで
目を開ける時に、額の筋肉を使うようになります。

上まぶたの力で、まぶたを持ち上げる力が
弱ってしまっている分を額の筋肉で
カバーする、という状態になっちゃうんです。

こうなると額の筋肉が凝り固まるので
額のシワもできやすくなります。

目の周辺の筋肉を動かさず
凝り固まることで、血流の流れが滞るので
目の下のクマにも繋がります。


上半身が緊張し、首のこり、顔のむくみが出る


スマホを操作する時の姿勢って
「脇をしめて、指先だけを動かす」
という状態になりますよね?

この状態は、上半身を緊張させます。

首や肩が凝りやすくなり
リンパの流れが悪くなってしまい
老廃物がたまりやすくなります。

これが、顔のむくみ、肌荒れ、
吹き出ものなどの肌トラブル

引き起こしてしまいます。


鎖骨周りが凝り固まり、顔のたるみ・ほうれい線に繋がる


首や鎖骨まわりが凝り固まり
緊張が強くなると
顔の皮膚が下に引っ張られ
顔がたるみやすくなります。

ほうれい線も出やすくなるし
すでに、ほうれい線が出ている人は
深くなってしまいます。


歯の食いしばりの原因にもなりますが
この「歯のくいしばり」は
咬筋を凝り固まらせてしまうので
これが癖になっていると、エラが張り
顔が大きく見えてしまうようになります。


スマホ顔を予防する姿勢とは


スマホを使う時の姿勢が、
老け要素だらけになっているのは分かった。

だからと言って、スマホを使わないわけにいかない。

何とかスマホ顔にならないで
スマホを使うことは出来ないのか?

これが、ちゃんと出来るんですね。

今から紹介する4つのポイントを
守ってスマホを使えば大丈夫。


その4つのポイントとはコチラ。

  • 背すじをまっすぐ伸ばす
  • スマホを目の高さまで持ち上げる
  • 目線はまっすぐ
  • あごは上げすぎず引きすぎず

…パソコンを使うときに気をつけろ
と言われてることと、同じことですねw

基本は「姿勢よく使いましょう」って感じ。

ただし、背すじを伸ばし姿勢よくしてても
下の方でスマホを持ち、
それに合わせて目線を下げてしまうと
それはそれで、別のブス顔になります。


背すじを伸ばし、あごを上げてると
一見、姿勢よく見えますが
下の方にあるスマホに合わせ
目線を下げた状態を続けると
やっぱり、まぶたは下垂したるみます。

また、口呼吸になってしまったり
への字口になったりしがちになり
これはこれで…ブサイク顔になりますw

というか、顔を下げないで
目線だけを思いっきり下に向けた顔って
かなりの意地悪顔です。

この顔が癖になるのは、かなりヤバイ(汗)

変に手を抜かず、姿勢と同時に目線も上げ
全体で「姿勢よく」するようにしましょうね。

そして、スマホ顔・スマホブスと言われる
顔がたるんだり、むくんだりした
「老け顔」になるのを予防しましょう。


■管理人が試した顔のたるみを改善する化粧品


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ