顔に出来たシミを消そうと思って
「美白化粧品」を、せっせと塗るも
イマイチ、効果が感じられない…。

そう思ってる方が使ってる美白化粧品は
「シミを予防する化粧品」であって
できてしまったシミを消すものではありません。


出来たシミを消したり薄くする成分は
ハイドロキノンというのですが
この成分が入ってる化粧品じゃないと
シミ予防にはなっても、シミを消したり
薄くする効果はあまり期待できないんですよ。

世の中にあふれてる美白化粧品の多くは
ハイドロキノンが入ってないため
「なんか効果ないな…」ってなるんですね。

「え?じゃあ、どの商品なら入ってるの?」
というのが気になるところですが
ハイドロキノン配合化粧品として
有名なのは、この以下の2商品になります。

アンプルール ラグジュアリーホワイト
HQトライアルキットセット

新ラグジュアリーホワイト HQトライアルキット
arrow42-025.gifラグジュアリーホワイト HQトライアルキット

↑と、ビーグレン(b.glen)QuSomeホワイトトライアルセット
QuSomeホワイトトライアルセットの中身
arrow42-025.gif[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

この2商品がハイドロキノン配合の
美白化粧品として
不動の人気を誇っています。

「じゃあ、このどっちかなら良いのね!」
と言われると、それもちょっと違う。

現れる効果に差があるんですよ。

私が実際に使ってみたところ
この効果ならこっちの商品のが良いな、
というのが割りとハッキリしていた
ので、
そういう「効果の差」を

「アンプルール vs ビーグレン」

という比較した形で紹介したいと思います。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

すでにあるシミを消すならビーグレン


あなたが、すでにできてしまったシミを
薄くしたい、消したいというのなら
断然、ビーグレンの方がオススメ。

その理由は、単純に
シミが消える・薄くなる効果が
短期間の使用でも実感できるから。


ビーグレンのQuSomeホワイトシリーズは
「シミが消える効果が出る」ことありきで
作られていることもあって
トライアル使用期間中に、
効果を実感する人が、とても多い。

トライアルを経て、本商品を使った方の
満足度も非常に高いこともあるし
「シミに効いてる」ことを、
きちんと実感したい。
という方は、ビーグレンの方がオススメ。


一方のアンプルールは、口コミを調べても
シミに対する効果に関しては
かなり個人差があるんですよ。

私も、トライアル使用期間中に
シミに対する効果を実感できませんでした。

本製品を使った後もイマイチ効果を
感じなかったという人も多い。

アンプルールの美白セットに配合されてる
「新安定型ハイドロキノン」は
肌への負担の少なさや安全性の高さが
非常に魅力的ではあるけれど、
それだけに、短期間では効果が出にくいようで。

どうも純粋なハイドロキノンよりも
効果が弱くなってるように思います。


その分、肌に優しいという利点もありますけどね。

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9
シミを消す・薄くする効果は高いけれど
合わない人は本当に合わないので。

肌への優しさ、刺激のなさ、という点では
アンプルールのがオススメですが

「肌に優しくても、シミ消し効果がなけりゃ
 何の意味もないわーっ!」

というように、とにかくシミを消したい!
と思ってるなら、迷わずビーグレンですね。


くすみ改善ならアンプルール


美白というのは「シミが消える」以外にも
肌のくすみをなくすことでも得られます。

この「肌のくすみ改善」効果は
アンプルールの方が効果があります。

アンプルール、ビーグレンともに
「肌を潤し、肌理を整え、顔を明るくする」
という効果があるアイテムが入ってますが
この効果が出る早さと効果の出方は
アンプルールに軍配が上がります。

ラグジュアリーホワイト ローションAOⅡ
使った後、ビックリするほど
パッと顔が明るくなったのは忘れられないw

くすみはくすみでも、黄ぐすみではなく
「肌が水分で満たされて明るくなった」
というタイプの、乾燥によるくすみが
改善される効果なので
くすみのタイプが違うと、効果の出方は
また違ってくるとは思います。


ただ、乾燥によるくすみ改善効果が
欲しい方なら、バッチリ効果を
感じられると思います。


乾燥が原因の肌の凸凹をなくし
肌にできる影をなくすことで
肌全体を明るくする、明るく見せる、
という効果もありますので
基本、乾燥による肌トラブルがあるなら
これらの「くすみ改善効果」を感じやすいと思います。

ビーグレンにも、同様の効果はあるし
トライアル期間中に、ちゃんと実感できます。

ただ、保湿力の高さやくすみ抜けの早さ
と言う点でアンプルールが上なのと
ビーグレンは乾燥肌、敏感肌の方は
合わない場合があるという点を踏まえると
アンプルールに軍配が上がる、という感じ。


以上、アンプルール vs ビーグレン
それぞれの美白効果の出方でした。

まとめると、


 シミを薄くする、消したいと思って
 美白化粧品を探しているのならビーグレン
 

 肌全体を明るくしたい、と思って
 美白化粧品を探してるならアンプルール
 


といった感じですかね。

まあ、ビーグレンの方は良くも悪くも
ハッキリと使う人を選ぶというか
合わない人には、本当に合わないので
「肌への優しさ、刺激のなさ」を
重視するならアンプルールのが良いかな?

ただ、私みたいに「敏感肌だけど
ビーグレンを使っても刺激も乾燥も
全然感じなかったよ~ん♪」という人も
居るし、その逆の人も居ます。

ビーグレンに関しては
「効果は抜群、ただし人による」
としか言いようがないのが困ったところ(汗)

こればっかりは、使ってみないと
分からないので

自分がどの効果を期待するのか

効果を重視するのか、
 肌への優しさを重視するのか


これを、よ~~く考えた上で
ビーグレンかアンプルールを選んで下さい
と言うしかないです。

本当に「参考までに」な感じですが
私のビーグレンvsアンプルールの比較は
こんな感じになります。

ビーグレン、アンプルールの
トライアル使用時のレビューと合わせて
少しでも、あなたの参考になれば嬉しいです。

<各トライアル使用時のレビューはコチラ>
ビーグレン(b.glen)QuSomeホワイトトライアルセットの感想・レビュー

アンプルール ラグジュアリーホワイト HQトライアルキットの口コミ・レビュー


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ