今日は、みなさまに
簡単にどこでも誰でも出来る
ほうれい線改善エクササイズ
「でんでんむし体操」
を紹介します。

この「でんでんむし体操」を考案したのは
アンチエイジング歯科医の宝田恭子先生。

この体操、宝田先生ご自身も
実践されてるエクササイズです。

あの若さを保ってるエクササイズかと
思うと、やりがいありますよねw

今までに紹介した、宝田先生考案の
ほうれい線改善エクササイズと
合わせて実践してみてください。

親指1本でほうれい線を消すマッサージ

ほうれい線を消す舌アイロンマッサージ

歯磨きしながら、ほうれい線を消す方法

簡単なようでいて、いざやってみると
地味にほっぺたが痛くなりますよw


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

でんでんむし体操のやり方


でんでんむし体操のやり方は
一言でいうと

でんでんむしの歌に合わせて
頬をふくらませる


これだけです。

詳しい手順は以下のとおり。

  1. 「でんでんむしむしかたつむり」
      に合わせ、右頬を8回膨らませる

  2. 「お前の目玉はどこにある」で
      左頬を8回膨らませる

  3. 「つのだせ」で上の歯茎と唇の間に
      空気を入れて膨らませる

  4. 「やりだせ」で下の歯茎と唇の間に
      空気を入れて膨らませる

  5. 「目玉だせ」で目を開き顔全体を
      膨らませる

以上です。

口をしっかりと閉じて
しっかり頬を膨らませるようにしましょう。


ほうれい線はワイシャツのシワのように
皮膚の内側にシワが入ってしまうこと。

それを改善するために、
皮膚を出来るだけ外側に解き放つため
頬を膨らませるということが
このエクササイズの目的なので
ゆっくり、しっかり膨らませましょう。


誰にでも簡単にできるエクササイズですが
これが地味に効くんですよw

奥歯に近い方の頬って
普段あまり使わないんでしょうね。

空気入れた途端にミリミリミリって
無理やり広がるような感覚でした(汗)

やり始めのころは、毎回ミリミリいってたなー。

慣れると、そんなことはなくなるし
あまり使ってない部分を動かす
「痛気持ちよさ」が癖になります。

頬に付いた、ほうれい線という折りジワを
頬の内側から消すように頑張りましょう。

ちなみに、でんでんむしのうたは
顔のたるみを歌って改善しようの歌としても
使える歌です。

頬を膨らませるのと、歌うのとを
セットにしてやってみるのも
なかなかに効果的ですよ。


■管理人が試したほうれい線を改善する化粧品


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ