東洋医学では「お肌は内臓の鏡」
なんて言われており、
内臓の不調が顔に現れるとされてます。

口の周りにニキビが出来るのは
胃腸が荒れてるからだ、とか。

これ、わりと知られてますよね?

でも、顔のたるみに内蔵が関係してる
というのは、ほとんど知られてませんよね。

化粧品でも、表情筋エクササイズでも
なかなか、顔のたるみが改善しない、
なんて場合は、実は内蔵が原因の可能性があるんです

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

顔のたるみと内蔵の状態が影響して現れる


一見、あまり関係ないような
顔のたるみと内蔵ですが、
実はけっこう密接した関係にあります。

なぜなら、胃腸が弱ってしまって
栄養が吸収できない、代謝が落ちる
というような状態になってしまうと
全身の筋肉が弱ってしまうから。

この「全身の筋肉」の中には
もちろん、顔の筋肉も含まれます。

顔の筋肉が弱り、衰えてしまうと
その上に乗ってる肌のハリが失われ
そしてたるんでしまう…というわけです。

また、血流の半分は内臓で作られてる為
内蔵が弱れば、血流も悪くなってしまい
肌に必要な酸素や栄養が届きにくくなり
顔のたるみに繋がります。


続いて、腎臓。

甘いものを食べ過ぎると
体に水分を溜めやすくなってしまい
それが腎臓への負担となります。

ここは全身の水分代謝に関わっており
腎臓が疲れていると水分代謝が低下し
顔のたるみの原因となる「むくみ」を
引き起こし、やがて顔のたるみへ繋がります。

このように、内蔵の健康状態は
顔のたるみの原因を引き起こす
要因となってるんですね。


内臓の下垂も顔のたるみに関係する


内蔵の健康状態以外にも
顔のたるみに関係することがあります。

それは内臓の「位置」です。

姿勢が悪い、腸の筋力の低下などで
内蔵が下垂してしまうと、
内臓の血流が悪くなります。

これにより、腸の蠕動運動が鈍くなり
便秘になってしまい、腸内環境が悪化します。

腸内環境が悪化してしまうと
血流の流れが悪くなり
肌へ受け渡される酸素や栄養素が
スムーズに受け渡されなくなり
それが、顔のたるみや肌荒れを引き起こします。

また、血流が悪くなることで
内蔵自体が冷えるようになり、
体が冷えてしまいます。

この体の冷えも、顔のたるみの原因になります。

そしてですね…個人的には
これが一番イヤなのですが
内蔵が下垂すると、上にある胸も下垂します。

胸が下垂すると、その上にある首、
そして顔の皮膚を下に引っ張るので
顔のたるみの原因になります。
(特にフェイスラインが崩れるようです)


内蔵をケアする方法


内蔵の状態が、顔のたるみに影響するのが
十分に分かったところで、対策方法を
ひとつずつ紹介していきますね。

まず、弱った胃腸をケアしたいのなら
胃腸に負担をかけている
咀嚼不足と大食を止めること。

しっかりよく噛んで食べるようにし
暴飲暴食をしないようにしましょう。

胃腸の負担になる、冷たい飲み物や
油ものも控えめにしましょう。

腎臓が弱って、むくみが出てる方は
たんぱく質や塩分を控えましょう。

アルコールや脂肪分の多い食事も
要注意です。

基本的に、暴飲暴食を控えて
食べ過ぎたり、逆に制限したりせず
栄養バランスを考えた食事を心がけ
毎日を過ごせば問題ないかと。


内蔵が下垂している方は
まずは、姿勢を良くしてください。

それが一番です。

そして、次に内蔵下垂を解消する
ストレッチなどを行いましょう。

一番簡単なのは、逆立ちです。

下に引っ張られている内臓を
正常な位置に戻すことができますし
下半身のむくみも取れます。

逆立ちが難しい方は
顔のたるみ改善に逆立ちが効く
「肩立ちのポーズ」でも大丈夫。

腰やお尻を上げて逆立ち状態に
なれば、どういうポーズでも良いです。

それに加え、少し揺らす動作を
加えれば、さらに効果があります。

ご自分に合った方法を見つけて
内蔵下垂改善に取り組んでください。


以上、顔のたるみと内蔵の関係でした。

何というか、日頃の不摂生が、
そのまま肌へとダイレクトに響くんだな
と、冷や汗かきますねぇ(;´Д`)

若いころは、多少の暴飲暴食や
不摂生も大丈夫だったけれど、
顔のたるみが出る年齢になると
若さというごまかしがなくなった分、
そのまま反映されちゃうんだなぁ。

「今日の食事が、未来の自分をつくる」と
しっかり自覚して、食べるものに気をつけなきゃ。

食事も、内臓の位置も、ある程度は
生まれついての肌質とは違って
自分でコントロール出来るものなんだから
努力しないといけませんね。


■管理人が試した顔のたるみを改善する化粧品


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ