シミやたるみの原因となる紫外線が
1年で一番キツくなる季節がやってきました。

こういった老化を防ぐために
一番役立ってくれるのが
日焼け止めを塗ることですが
あなたは、いつ日焼け止めを塗ってますか?

肌がベタつくのを嫌って
出かける直前に塗ってませんか?

もし、そうだとしたら、ちょっと危険。

日焼け止めは、出かける直前に塗ると
効果を十分に発揮してくれません。


なら、いつ日焼け止めを塗るのが良いのか。

そのタイミングを理由と共に説明しますね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

日焼け止めを塗るのは15~30分前がベスト


日焼け止めは、塗ってすぐに
効果を発揮するものではありません。

塗ってから、角層に浸透して
それからはじめて効果を発揮します。

だから、出かける直前に
慌てて日焼け止めを塗るという事は
日焼け止めの効果が十分出ない状態で
紫外線に肌をさらしてることになります。

これじゃ、日焼け止めを塗る意味がないですよね。

こうなってしまわないためにも
日焼け止めが角質に浸透するまで
待つ時間が必要です。

日焼け止めが角質に浸透するまでは
15~30分ほどかかると言われてるので

出かける15~30分前に日焼け止めを塗る

のが、日焼け止めの効果を十分に
発揮してくれる塗り方、という事になります。


…って、よく言われてるんですけど
一体、どこ発信?ただの諸説じゃないの?
と、ちょっと疑ってた私。

ちゃんと専門の方が言われてるのかな?
と思って調べてみたら、
あさイチにもよく出演されている
よしき皮膚科クリニックの吉木伸子先生発信でした。

皮膚科の先生が言われてるなら
まず間違いないですね。

吉木伸子先生ご自身が
めっちゃくちゃ老化対策されてる方ですしねw


こういう面でも15~30分前がベスト


日焼け止めが角質に浸透し切るのに
15~30分かかるという事もありますが
人間、時間に余裕がないと行動が雑になります。

そう、例えば、時間に余裕がないからと
雑に日焼け止めを塗ったせいで
塗り残しやムラが出来る、とかね。

そういった失態を防ぐためにも
出かける15~30分前には
日焼け止めを塗ってしまった方が良いです。

耳の後ろ、首、髪の生え際、小鼻の横
など、塗り残しやすい部分も
忘れないように塗ってしまって下さい。


また、日焼け止めが肌になじまないうちに
服を着たり、動いたりすると
日焼け止めが服につきます。

この時、服の汚れは汚れで困るのですが

せっかく塗った日焼け止めが
服に奪われて、実は肌に塗れてない

という事になってしまってる事に
お気づきでしょうか?

こうなると、日焼け止めを塗ったのに
なぜか日焼けするという状態になるので
肌にしっかり馴染ませるためにも
出かける15~30分前には塗っておきましょう。

日焼け止めが服につきにくくなるので
そういった意味でもおすすめです。


■管理人が試した肌に優しい日焼け止め


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ