あなたは、ちゃんとブラッシングしてますか?

最近は、「ゆるふわ」な髪型が主流で
まとめ髪ですら、ふんわり感を出すことが
当たり前になってます。

そのため、ふんわり感を出すため
1日に1回もブラッシングしない人が増えています。

ブラッシングして、髪のふんわり感が
なくなるのがイヤなんでしょうね。

また、「ブラッシングをすると、
毛が抜けるからイヤだ」という理由で
ブラッシングをしない人も居るかも知れません。

髪の毛が痛みそうだから、とかね。

だけど、あなたがツヤのある若々しい髪に
なりたいと思っているのなら
ブラッシングは欠かせないんです。


薄毛や育毛に力を入れている方こそ、
ブラッシングを習慣づけるべきです。

なぜブラッシングが必要なのか、
どんな効果があるのかを、
順番に説明していくので、
ツヤ髪になりたい方は読んで下さいね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

ブラッシングが必要な理由


なぜ、美しいツヤ髪を手に入れるために
ブラッシングが必要かと言うと、
抜け毛や汚れを取り除き
毛髪環境を清潔にするからです。

毛髪環境が清潔じゃないのに、
美しい髪の毛が育つはずはないですよね?

よく薄毛の方が「髪が抜けそうで
ブラッシングするのがイヤだ」と
ブラッシングを嫌っていらっしゃいますが
むしろ、それ逆効果。

ヘタすると、薄毛を進行させてしまうんですよ。

髪についたほこりや、自然に抜けた髪を
落とすためにも、ブラッシングは行いましょう。


また、ブラッシングには頭皮を刺激して
血行を良くする効果、
つまり頭皮マッサージ効果があります。

頭皮マッサージの効果とやり方でも書きましたが、
頭皮マッサージは、頭皮を柔らかくし、
血行を良くして、髪の毛に栄養分を
行き渡らせる効果があります。

だから、ブラッシングをする回数が減った
という事は、頭皮マッサージの回数が減った
という事なんですよ。


これって、かなり「もったいない」事だと思いませんか?


髪の見た目的なことを言いますと
ブラッシングには、頭皮の皮脂を髪の毛に
まんべんなく行き渡らせる効果があるので
ブラッシングをすると、髪に自然なツヤが生まれます。

・・・そういや、私は特別な手入れはせず
一日に1回ブラッシングするだけですが、
ツヤ出しスプレーとかなくても
ある程度のツヤは保ってますね。

あと、毛先もパサついたりはしません。

馬油で頭皮マッサージしてるからかな?
と思ってましたが、ブラッシングすることで
馬油を上手に髪の毛に行き渡らせてたんですね。

おかげで猫毛ではあるけれど、
髪の毛に何もつけなくてもツヤがあるので
スタイリング剤要らずで助かってます。

猫毛だと、スタイリング剤の重さに負けますからねw

何もつけなくても、髪の毛がまとまるのは嬉しいです。

頭皮マッサージのおかげで、
少しですがボリューム出てきましたし。

・・・おお、自分語りが長くなりましたw


正しいブラッシングの仕方


ブラッシングの効果を知って頂いた所で
今度は、ブラッシングの正しい仕方を紹介しますね。

まず、ブラッシングは1日1回は
必ず行いましょう。

シャンプーをする前もした方が良いので
髪を洗う時は2回は必要かな。

ただし、濡れた状態の髪の毛は
摩擦にとても弱いので、
絶対に、髪の毛が乾いた状態の時にしてください。


そして、あまり力を入れず、
なでるようにブラッシングしましょう。


出来るだけ、ゆっくりブラッシングをすると
髪の毛の摩擦を軽くできますし、
髪にツヤがでます。

ロングヘアの方は、もつれやすい毛先から
とかすようにして下さいね。

そして毛先のもつれが取れたら、
頭皮の方からゆっくりと、とかしていってください。

生え際からつむじに向かって、
全体をブラッシングしましょう。

「ポニーテールにする時のように」
と書くと分かりやすいでしょうか?

頭皮をゴシゴシ擦らないように、
ゆっくりとブラッシングして下さい。

使うブラシは、先端が尖っていないもので
ほどよい弾力があり、ブラシの目が粗いものが良いです。

摩擦による静電気を発生させにくい素材、
例えば、豚毛や猪毛などの獣毛ブラシも良いですね。

木製のブラシも静電気が起こりにくく、
頭皮に優しいですが、ちょっと硬いので、
頭皮に力がかかり過ぎないように
注意してブラッシングする必要があります。

柘植の櫛に、椿油をしみこませて使う、
という、昔ながらの髪の毛の手入れ法が
もしかしたら、一番髪の毛に優しいかも知れません。

最高級の素材じゃなきゃダメ!
とか言いませんから
ある程度は、ブラシの素材にも気をつけましょう。

そして「ゆっくりと丁寧に」することを
心がけてください。

「ツヤ髪を手に入れる!」と、やりすぎるのは厳禁ですよ。

過ぎたるは及ばざるが如しですし、
力を入れすぎては、頭皮がダメージを受け
かえって逆効果です。


「ああ~気持ち良いな」という程度で、十分ですよ。

ちょっと落ち着いて、ゆったりと丁寧に
ブラッシングすることこそ、
美しい髪の毛への近道なんだと考え
続けて行って下さい。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ