肌が荒れやすい、ニキビができやすいなど
何かと憂鬱になる生理前。

体調は崩しがちだわ、肌は不安定だわ
本当に嫌な時期ですよね。

これだけでも腹の立つのに、
生理前になって出るのは
これだけじゃありません。

生理前は顔のたるみも出やすいんです。

なぜ、そんな事になるかというと
女性ホルモンが関係してるんです。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

生理前はエストロゲンが減少する


前にもお話したことがありますが
女性ホルモンには2種類あります。

1つは、生理後の卵胞期に多く分泌され
美肌を作り出す働きがあるホルモン
「エストロゲン」です。

コラーゲンの生成を促進させ
肌にハリと弾力を生み出したり
肌の潤いをアップさせる
ありがた~~いホルモンです。

生理後に肌の調子がグンと良くなるのは
エストロゲンの働きのおかげです。

その調子の良い生理後(卵胞期)を過ぎ
生理前の黄体期に入ると
今度は、もう1つの女性ホルモン
「プロゲステロン」の分泌が多くなります。

皮脂量を増やすのでニキビが出来やすく
メラニン生成を活発にするので
肌にシミが出来やすい状態にします。

本当に腹が立つホルモンですが
妊娠や出産に大きく関係するので
これはこれで大事なホルモンです。
ブスホルモンとか言われてるけどね…)


さて、ここで問題なのは
プロゲステロンが美肌の邪魔になる
ということではありません。

今回、問題になるポイントは

プロゲステロンの分泌が多くなる
黄体期はエストロゲンの分泌が減ってしまう。


ということです。

それはつまり、毎月、生理前になると
コラーゲンの産生を促すエストロゲンが減り
肌のコラーゲン量が減る
ということです。

当然、肌のハリや弾力がなくなり
顔がたるみやすくなります。

また、エストロゲンには血行を良くする
という効果もありますので
エストロゲンが減少すると
血行が悪くなり、肌に栄養が届きにくくなります。

すると、肌の新陳代謝が悪くなり
肌がたるみやすい状態になります。


このように、生理前になり
エストロゲンが減少すると
通常時より、顔がたるみやすい状態に
陥りやすいんですよ。

同時に、プロゲステロンの分泌が増え
むくみを起こしやすくなり
これはこれで、たるみの原因になる
ので
生理前って、たるみの原因揃い踏みだったりします。


生理前はどういう対応をとれば良いの?


生理前は、顔のたるみが起こりやすい。
このことは分かった。

なら、それを防ぐために何をするのか。

まずは、むくみを防ぐために
体を冷やさないように気をつけましょう。

冷たい飲み物を控える、
足元を冷やさないようにする、
湯船に浸かるなどで冷えを予防しつつ、
ストレッチなどの運動で血流を良くし
余分な水分と老廃物を排出しましょう。

また、エストロゲンの補うため
エストロゲンと似た働きをする豆乳を
飲んでみるのも良いでしょう。

いっそ、生理前はコラーゲンが減る!
と割り切って、コラーゲンを飲むのも良いですね。

ただ、豆乳もコラーゲンも人によっては
むくみの原因になったりするので
自分の体調と相談しつつ、摂取するよう
気をつけて下さい。


あくまでも「予防」です。
これ1つで全てOK!とかにはならないので
無理はしないで下さい。

「生理前は顔がたるみやすくなる」
という事を覚えておいて
いつもより少し気をつけるという程度で
良いと思いますよ。

それだけでも、長く続けていけば
後々、けっこうな差として出てくるので
ボチボチ頑張っていきましょう♪


■管理人が試したコラーゲンと豆乳


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ