1年の中で最も紫外線がキツイ季節が
やってきました。

ちょっと曇ってようがなんだろうが
日焼け止めは必須です。

そのことは、皆さんよく分かってるようで
「まだ真夏じゃないから日焼け止めは
 まだ要らないよね」という方は
最近では、ほとんど居なくなりました。

逆に増えたのが

日焼け止めは夜も塗った方が良いのか

ということを心配する方です。

きっちりと紫外線対策をしたい!と
思ってる方ほど、悩んでるようなので
今日は、これについて説明したいと思います。

また、夜にできる一番の紫外線対策
合わせて紹介しますね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

夜も日焼け止めを塗る必要があるのか?


結論からいうと、塗る必要はありません。

紫外線自体は夜もなくなりません。

何でも太陽が沈んでも太陽の光が
月に反射して紫外線が降り注ぐそうです。

だけど、その量は日中に比べると
ごくごく僅かな量なので
さすがに、これを防ぐ必要はありません。

夕方ならともかく、日が沈んだ後は
日焼け止めを塗る必要はないと
考えて下さい。

夜も紫外線対策をしたいなら
日焼け止めを塗るよりも
もっと良い方法があります。


夜にできる一番の紫外線対策とは


夜にできる一番の紫外線対策。
それは、ぐっすり眠ることです。

昼間の紫外線対策が
日焼け止めなどで「予防すること」なら
夜にできる最大の紫外線対策は
「日中に受けた紫外線ダメージを
修復すること」です。


そのためには、睡眠が一番!

きちんと睡眠をとらないと
肌の修復して新しい細胞を生み出す
という機能が働きませんからね。

また、睡眠時にはメラトニンという
睡眠ホルモンが分泌されますが
これ、睡眠ホルモンであると同時に
高い抗酸化作用と免疫力を高める
という効果を持つ抗酸化物質なんです。


このメラトニンの高い抗酸化作用が
日中の紫外線で発生した活性酸素から
肌の細胞を守り、酸化するのを
防いでくれます。

なので、肌の修復という意味でも
紫外線ダメージからの回復という意味でも
しっかりとした睡眠をとるのは
かなり大切なんです。

夜更かししないで、ぐっすりと寝ることが
夜にできる一番の紫外線対策と言えるでしょう。

ちなみに、メラトニンの分泌は
朝に太陽光を目に受けてることで
スイッチが入りますが
すぐに分泌されるわけではなく
その15~6時間後に始まります。

朝、7時に起床して光を浴びたとすると
夜の10時、11時ごろに分泌が始まる
というわけですね。

一般的にメラトニンの分泌量のピークは
午前2時頃と言われていますし
朝普通に起きて、夜は夜更かしせず寝る
という、規則正しい生活が
メラトニンの分泌には一番良いということです。


逆に悪いのが、光の刺激を受けること。

メラトニンは光の刺激を受けると
分泌が抑制されます。

わりと簡単に刺激を受けちゃうようで
500ルクス(通常の室内照明は
約150~500ルクス)以上の光でダメなようです。

リビングにいて、明るい蛍光灯の
光を浴び続けるだけでアウト!
って感じですね。

夜、ゆったりと過ごしたいのなら
暖色系の間接照明を付けて
過ごすと良いでしょう。

また、スマホやPCの明かりですが
これも当然良くありません。

「低~中」に設定して光量を絞ったり
35cmほど離して使えば大丈夫!という
研究データもあるようですが
ダラダラと使い続けて夜更かしした
という事になりがちなので
やっぱり寝る前は控えた方が良いでしょう。

私自身もPCのヘビーユーザーなので
夜に色々見るのが楽しいのは分かりますが
あまり夜更かしせず、規則正しい生活を
おくることを心がけて下さい。

美肌のためにも、紫外線対策のためにも
ぐっすり眠ることを大切にしましょう。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ