2015年6月23日放送の
林修の今でしょ!講座 3時間SPでは
「夏の悩みの対策に繋がる
 夏に食べたい野菜BEST5」
という
特集がありました。

その1位と2位の野菜がですね

夏の紫外線対策に繋がる夏野菜
夏のメタボ対策に繋がる夏野菜


という、これは女性なら誰もが
気になるだろう結果となっていたので
皆さまにお伝えすべくまとめましたw

まずは、紫外線対策に繋がる栄養素が
入った夏野菜
から紹介しますね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

夏の紫外線対策に繋がる成分が入った野菜とは?


それは赤パプリカです。

赤パプリカはピーマンやししとうと同じ
辛味が少ない唐辛子の仲間。

その中でも赤パプリカは突出して
カプサンチンが多い。

カプサンチンは抗酸化力が高い成分
として注目をされていて、
抗酸化力が高いと言われるビタミンEよりも
抗酸化作用が強いという研究報告もある。


この抗酸化力の高さが紫外線の

  • 紫外線を浴びることで発生する
    活性酸素が引き起こす病気や老化

  • コラーゲン破壊による肌のシワ・たるみ

  • メラニン色素を過剰に作ることでシミを作る

と、いうような害から身を守ってくれます。


また、赤パプリカは抗酸化物質の代表格
ビタミンCもとても豊富。

夏野菜の中でもダントツに多く
レモン果汁の約3.4倍もあります。

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑え
シミを予防する効果が期待できるので
カプサンチンとビタミンCのWの働きで
紫外線対策におすすめ
なんです。

確かに、この組み合わせは
アンチエイジング的にも最高の組み合わせですね♪


赤パプリカの栄養を逃さない食べ方とは


赤パプリカの栄養を逃さない食べ方とは
夏野菜たっぷりカレーです。

パプリカに含まれるカプサンチンと
ビタミンCは加熱しても壊れにくく
油で炒めることで吸収率も高まるので
紫外線対策におすすめな完璧な料理!
とのこと。

番組で紹介されていた夏野菜カレーの
材料とそれらの成分は以下のようになってます。

  • トマト………リコピン(抗酸化物質)
  • ナス………ナスニン(抗酸化物質)
  • 赤パプリカ…カプサンチン・ビタミン(抗酸化物質)
  • ターメリック…クルクミン(抗酸化物質)

見事なまでに、抗酸化物質ばかりで
紫外線対策としてはもちろん
アンチエイジング的にも、
かなり魅力的な内容になってます♪

夏場は食欲増進メニューとして
カレーを食べると言う方も多いと思います。

そのカレーを、この夏野菜カレーにすれば
紫外線対策&アンチエイジングは
バッチリです。

この赤パプリカが入った夏野菜カレーを
夏の定番メニューにしてみては
いかがでしょうか?

ちなみに、緑色や黄色のパプリカにも
カプサンチンは入ってますが
赤パプリカがダントツで多いので
出来るだけ赤パプリカを入れるようにして下さいね。

では次の記事では
夏のメタボ対策に繋がる夏野菜を
紹介したいと思います。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ