夏の女性の2大関心事と言えば
「夏太り」と「紫外線対策」

この両方に対応してくれる「塩トマト」
日経ヘルス2015年8月号で
取り上げられていました。

トマトがリコピンが美肌&美白に
役立つのは知っていましたが
ダイエットのイメージがなかったので
夏太り対策に効果があるのが意外でした。

けど、これが下手したら
美肌効果よりもダイエット効果のが
高いんじゃないか?と思うくらいに
すごいんですよ!

これを知らないのは勿体ないな、
と思ったので、トマトの成分情報をはじめ
塩トマトの利点や作り方をまとめました。

夏太りだけじゃなく、通年食べて欲しい
と思うほどに優秀な食べ物でしたよ。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

トマトにはダイエット効果が高い栄養素がたっぷり!


トマトはエネルギー代謝を活発にする成分や
コレステロールを抑える作用がある成分が
含まれていて、肥満抑制効果が高いです。

それらの成分と、それぞれの効果は
こんな感じになっています。


◆トマトODA
トマトには不飽和脂肪酸の一種で
エネルギー代謝を活発にし
脂肪燃焼を促進する効果があることが
最新の研究で分かってきた。

◆トマトシドA
機能性成分サポニンの一種で
コレステロールを抑える作用がある

◆オスモチン
植物性たんぱく質の一種で
体内で糖の代謝を促す成分。
糖尿病予防に役立つということで
研究が進んでいる。

◆エスクレオシドA、エスクレオサイドA
トマトに含まれるサポニンの一種で
動脈硬化予防、中性脂肪低下効果が
あると研究が進んでいる。


トマトに対して美肌と美白のイメージが
強かった私は、このメタボ対策効果というか
生活習慣病対策としても期待できそう
という点に、すごく驚きました。

夏太り、というか年がら年中食べて
ダイエットに、生活習慣病対策に、
役立てたい感じですね。


リコピンは朝に摂るのがベスト!


紫外線によるシミやしわを防ぐ効果が
期待できるとして有名なリコピン。

肌のバリア機能や保水機能がある
角質の新陳代謝を促す効果もあり
美肌&美白効果が非常に高いです。

そのリコピンの吸収率は
いつ摂るか、によって変わります。


リコピンは、朝に摂ると
一番吸収率が高まる
ということが
研究で分かってるそうです。

美肌&美白効果を高めたいなら
積極的に、朝にトマトを食べたいですね。

紫外線対策、ということを考えても
朝にリコピンを摂るのがベストでしょう。


なぜ、塩トマトが良いの?


わざわざ、塩トマトにしなくても
直接、トマトを食べれば良さそうですが
そこはそれ、ちゃんとメリットがあるんですよ。

ひとつは、トマトを刻むことで
機能性成分やビタミンなどの
栄養素が摂りやすくなること。

もうひとつのメリットは
素材や調味料として
よりトマトを活用しやすくなること。

確かに、いくらトマトが良いと言っても
毎日トマトまるごと食べるだけだと
飽きますが、調味料にすれば
毎日摂りやすくなりますね。

うまみ成分であるグルタミン酸が
豊富なトマトは、塩を加えると
「旨味と塩味」を備えた万能食材
になるそうなので「美味しい」
というのもメリットのひとつだと思います♪


塩トマトの作り方


では、肝心の塩トマトの作り方を紹介します。

塩トマトには、

・素材として使える薄い塩トマト
・調味料として使える濃い塩トマト


この2種類がありますが
作り方は、ほぼ一緒です。

ここでは、薄い塩トマトの作り方を
ベースとして紹介します。

◆薄い塩トマトの作り方
1. 材料を揃えます
<材料>
・トマト……中2個(250g)
・塩…………トマトの重量の1%(2.5g)
・八チミツ…小さじ1


2. トマトのヘタをとって1/8程度の
  くし型に切り、さらに半分にし1/16サイズにする

3. 切ったトマトをボウルに入れ
  塩、ハチミツを加えて混ぜたら
  ボウルにラップをして30分漬け込みます。
  その後、密閉容器に入れ冷蔵庫に保管。

作って半日~3日が食べごろです。


濃い塩トマトを作りたい方は上記の過程を

・塩を1%(2.5g)⇒5%(12.5g)
・1/16サイズに⇒1cmの角切り
・30分漬け込む⇒半日ほど漬け込む

に変えれば、OKです。
当てはまる箇所を入れ替えて作って下さい。

薄い塩トマトは、サラダにしたり
和え物にするなど素材として
役立てて下さい。

作り置きしておくと、朝食メニューとして便利です。

濃い塩トマトは、冷奴やカルパッチョに
そのまま乗せるなど、調味料として
活用して下さい。

ヨーグルトやオイルと混ぜると
ひと味違うドレッシングとしても
使えるようです。

コチラは、薄い塩トマトとは違い
作ってから2~3日が食べごろなので
その点にだけ、お気をつけ下さいね。

薄い方、濃い方、どちらの塩トマトも
雑誌内に複数のレシピが載ってたので
塩トマトを使ったレシピが見たい方は
雑誌内でお確かめ下さい。

私はトマトがそんなに得意でないので
濃い塩トマトを作って調味料として
活用させてもらおうかなって思います。

スープに入れると美味しそうですよね~♪
 

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ