もうすぐ土用の丑の日ですね。

2015年の夏は7月24日と8月5日が
土用の丑の日になります。

ここ数年、ぐんとお高めになってしまった
うなぎですが、夏バテ解消のためにも」
美容のためにも、食べておきたいところです。

「え?夏バテ解消は分かるけど
 美容のためって何?
 うなぎって滋養強壮のイメージしかないけど?」
と、言う方も多いんですけれど、それは勿体ない。

実はうなぎは、ビタミン類が豊富で
美肌効果がすごく高い食べ物なんですよ。


シワやたるみに悩んでる方は
ぜひ食べてもらいたい。

どれだけ、ビタミン豊富なのか、
また、それらのビタミンによって
どんな美容効果があるのか詳しく説明します。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

うなぎはビタミン豊富!


うなぎは滋養強壮に効くとして有名ですが
「これだけビタミンが入ってれば
 滋養強壮にもなるよな」と納得するくらい
ビタミンが入ってますw

それらのビタミンと、その効果をまとめると
以下のようになります。

◆ビタミンA(レチノール)
表皮の新陳代謝を活発にし
ターンオーバー促進してくれるので
美肌には欠かせないと同時に
シミ対策にもなります。

また、皮脂の分泌抑制もしてくれる上、
ヒアルロン酸の分泌を高める効果があるので
サラリとしつつも、しっとりとした肌になります。
夏場は、かなり嬉しい効果ですね♪

そして、真皮の線維芽細胞に働きかけ、
コラーゲンやエラスチンの生成を促進するので
肌にハリや弾力を与えます。

肌のシワやたるみが気になる人は
積極的に摂りたい成分です。

ビタミンA(レチノール)はにんじんなどの
緑黄色野菜に含まれる
プロビタミンA(βカロテン)に比べ
数倍効果がある上、体内への吸収率が高いので
効率よくビタミンAを摂取できます。

特に、肝部分のビタミンAの効果が高いので
肝の苦味が平気な方は、ぜひ肝をどうぞ♪


◆ビタミンB1
糖質をエネルギーに変化させる
ビタミンなので、ダイエットには必須です。

炭水化物や、甘い物が好きな方は
積極的に摂りたいビタミンです。


◆ビタミンB2
「美容のビタミン」とも呼ばれるビタミンB2は
皮膚の新陳代謝を助け、
皮膚や粘膜の健康維持してくれます。


◆ビタミンE
アンチエイジングにはお馴染みの
「若返りのビタミン」のビタミンE。

細胞の酸化を防ぐ働きがあり
肌の老化を防ぎ、肌のツヤや
弾力を与えてくれます。

アンチエイジング目的ではもちろんのこと
これからますます厳しくなる
紫外線対策のためにも欠かせない成分です。


…ね?まさにビタミンの宝庫って感じでしょ?

滋養強壮ばかりに目が行ってしまって
このビタミンの豊富さに気づかないのは
ちょっと勿体ないな、と感じます。


うなぎはコラーゲンも豊富!


うなぎの皮の周辺には、
良質なコラーゲンがたっぷり含まれてます。

コラーゲンは、適度な運動で生成されますが
うなぎは全身で泳ぐために、
コラーゲンの質が良いのだとか!

肌のハリや弾力を保ちたい方は
ぜひ、この良質なコラーゲンを摂って下さい。

皮ごと食べられる蒲焼きがオススメですね♪

そして、出来ればこの豊富なコラーゲンを
より活かせるように、ビタミンCを含む食べ物を
一緒に食べて下さい。


コラーゲンはビタミンCと一緒に摂取することで
より効果を発揮するのですが
残念ながら、うなぎにはビタミンCが
含まれていません。

ですから、うなぎの後のデザートなどで
出来るだけビタミンCを摂るようにして下さい。


以上、うなぎのビタミンの豊富さと
それらのビタミンの美容効果の紹介でした。

ビタミンは多いわ、コラーゲンも豊富だわ
想像以上の「美容食」だったでしょ?

これで、お値段が高くなければ…!

白焼きは蒲焼きより高カロリーだし
蒲焼きはタレが美味しくてご飯が進むしで
ダイエット的には厳しいかもだけど
今は、ミニ鰻丼みたいなのもあるし
適度な量を食べれば問題ありません。

温度も湿度も、上がったり下がったりが激しく
体も肌もバテ気味の今こそ
うなぎを食べて欲しいと思います。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ