2015年7月19日放送の「駆け込みドクター!」は
「お医者さんに聞きたい事SP」ということで
ああいう説はあるけど、本当ですか?
という質問にお医者さんが答えてくれる内容でした。

医療ドラマと実際の医療現場の違いが
紹介されていたりして、おもしろかったのですが
私が一番興味を惹かれたのは
スーパーフードです。

亜麻仁油、ココナッツオイル、
ミドリムシなど、お馴染みの食材が
登場する中、ひとつだけ聞き慣れない
食材がありました。

それは菊芋という食材で
健康に良いのはもちろんのこと
ダイエットにも大いに役立つもので
か~なり欲しくなりました♪

さて、その菊芋とはどんな効果がある
スーパーフードなのか。

そのあたりを、まとめて説明していきますね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

菊芋の効果とは?


菊芋はキク科の植物で、
ビタミンやミネラルなどの
栄養素を多く含んでいるのですが
その中でも際立つのが「イヌリン」です。

イヌリンは、すい臓から分泌され、
血糖値を一定に保つ役割があり
インスリンと同じような効果があるため
「天然のインスリン」と呼ばれています。

そうやって呼ばれるだけあって
血糖値を下げる効果が
期待できます。


さらに、脂肪を溜め込む働きを
抑制する効果も期待できるので
ダイエットにもおすすめ。



そのイヌリンを豊富に含む菊芋ですが
見た目は生姜っぽいです。

あまり大きくないお芋なので
煮物にして食べるのかな?と思ってたら
「菊芋チップス」として食べられてるそうなw

小国町温泉の温泉地熱を利用して
60度で乾燥させたものが
「菊芋チップス」で、乾物っぽい…かな?

地元の菊芋料理として
(多分、水で少しもどした)菊芋チップス、
にんじん、油揚げを醤油のみで味付けした
「菊芋チップスを使ったきんぴら」が
紹介されてました。

菊芋は甘みがあるため、味付けは
醤油のみで大丈夫だそうです。

みりんや砂糖を使わないので
これだけでもダイエットに役立つ感じ。

あとは、菊芋チップス、にんじん、
さつまいも、さやいんげんで
かき揚げも作っていらっしゃいましたが
美味しそうでしたね~♪

「かなり自由に調理してるけど
 熱に弱い栄養素は含まれてないのか?」
と、ちょっと心配していたのですが
菊芋は、焼く・煮る・揚げるなどの
調理をしても栄養素が損なわれないそうです。

これは便利ですね。
制約がないので使いやすい食材です。

また、菊芋のパウダーなんていうのもあり
産地の熊本県小国町では
これをお湯に入れて、
菊芋茶として飲むのがポピュラー。

このように他のスーパーフードと違い
かなり扱いが楽そうなので
生活に取り入れてみたいのですが
残念ながら手に入りにくい!

菊芋茶は、大手通販で販売されてますが
菊芋チップスの方の取り扱いがないようで…。

地元(産地)の方が運用していらっしゃる
サイトでは買えるようなので
そちらを利用すれば良いのだけれど
もう少し流通経路が拡大すると嬉しいなぁ。

菊芋レシピを探すと、たくさん出てくるし
一度、しっかり食べてみたいので
手に入りやすくなることを願います。

とりあえずは、菊芋茶を試して見るかな。

菊芋珈琲なんてのもあったので
色々と飲んでみたいわぁ♪


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ