2015年7月21日放送の
林修の今でしょ!講座 2時間SPで
「最新!名医が教えるダイエット講座」
特集されていました。

ここ数年で今までの常識を覆すような
ダイエットの新説が次々出てきている
という事で、それらが紹介されてたのですが
これがまあ、おもしろかった!

誰でも痩せやすい体質に変わる方法とか
有酸素運動は5分でも脂肪は燃えるとか
「え?何それ知らんかった!」という
情報がてんこもりでした。

それらの新説をふまえた上で教えてくれた
「医学的根拠のある最新ダイエット法」
本当にお役立ちだったので、まとめました。

出来るだけ効率的に、効果のある方法で
正しくダイエットしたい方は必見です。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

最強のホルモンを分泌しやすくすれば
誰でも痩せやすい体質に変わることができる


内臓脂肪を落とせば最強のホルモンが出て
体が痩せ体質になります。

そのホルモンとは、中性脂肪の分解を促す
「アディポネクチン」と言います。

アディポネクチンは内臓脂肪の量が少ない程
分泌量が増えます。

内臓脂肪が多くなると、悪い毒素がたくさん出るが
内臓脂肪が減れば、良いホルモンが出るようになる。

アディポネクチン自体も内臓脂肪を減らすので
加速がついて、より早く脂肪が減っていきます。

つまり、内臓脂肪が減らすと
悪いホルモンが減るだけでなく
良いホルモンが増えるので脂肪燃焼が高まり
どんどん痩せやすくなる、ということです。


これは素晴らしい!と思いつつも
肝心の「内臓脂肪を減らす」のが
どうにも難しい事に思えて手放しで喜べないな
なんて思ってたんですが、
内臓脂肪って、溜まりやすくもあるけれど
実は減らしやすくもあるんですって。


溜まりやすく・燃えやすく、減りやすい
というのが内臓脂肪の特徴なんだとか。

番組内で、伊集院光が言ってた
「皮下脂肪は減るけれど
 内臓脂肪は減らないと思ってた」
というのと全く同じことを私も思ってたけど
実はこれ、逆なんだそうです。

この時点で、認識が間違ってたw

しかもですね、内臓脂肪が落ちるのを
実感できる期間ってのが
ビックリする程に早くってですね、
なんと、5日位で実感できるそうです。
(火曜日に始めて週末には実感できる)

正しいやり方をすれば
それくらい内臓脂肪はすぐに落ちやすい
ということです。

ただし、医学的に正しいやり方でないと
意味はありません。


その医学的に正しい内臓脂肪の落とし方を
4つ順番に紹介します。

ちなみに、この方法は番組に出てた
循環器専門で内臓脂肪に詳しい名医
池谷医院医長の池谷敏郎先生ご自身が
実行されてる方法でもあります。


朝に内臓脂肪を燃やす着火剤ジュース


朝に野菜ジュースを作って飲みます。

着火剤ジュースの材料(3人前)は
にんじん4本・りんご(大)半分、
レモン1個です。

これらを切り分けジューサーにかけ
ジュースにしたら、最後に亜麻仁油を
小さじ半分~1杯ほど入れる。

この亜麻仁油がポイント。

亜麻仁油(オメガ3系脂肪酸)を朝に摂ると
簡単な運動でも脂肪が燃えやすくなる可能性がある

他にも、えごま油、シソ油、青魚の魚油など
オメガ3系脂肪酸の脂を摂取すればOK。

亜麻仁油などオメガ3系脂肪酸をとって
運動すると、脂肪の燃焼をより早めるという
最新研究結果も出てます。

オメガ3系脂肪酸を朝に摂る理由としては
通勤や朝の家事などの朝の習慣も
医学的に見ると立派な運動なので
朝食時に摂れば、朝の習慣でも脂肪が
燃えやすくなる可能性があるから、とのこと。

亜麻仁油だけ摂るのではなく
野菜ジュースに入れるのにも理由があります。

脂肪を燃やすためにはビタミンや
ミネラルなど補酵素と呼ばれるものが必要で
そういったものを効率よく摂りたい。
そのために野菜を摂っている、とのこと。

自分で野菜ジュースを作るのが面倒な方は
市販の野菜ジュースに亜麻仁油を入れてもOK。

注意点は、亜麻仁油の主成分は脂質なので
カロリーがあるということ。


1日あたり、小さじ2~3杯までにしましょう。

また、オメガ3系脂肪酸は熱に弱いので
熱に弱く酸化が起こりやすいので
加熱はしないようにして
生のまま摂取しましょう。


野菜と一緒に摂ると、より効果が期待できるので
朝にサラダのドレッシングとして
使うのも効果的。

…ただし、亜麻仁油は非常に癖があるため
受け付けない人は全くダメだと思います(汗)

私は摂取するのに、ちょっと苦労したタイプ。

私の亜麻仁油体験談はコチラ

リバランドの亜麻仁油「セレブ油」は良品質だったんだけど…。


お腹まわりの脂肪に足上げ運動


ダイエットには運動、基本ですよね。

そして、そういう場合の運動は
大抵の場合、有酸素運動を指しますが
よく言われていた「有酸素運動は
30分以上やらないと脂肪は燃えない」
という今までの常識は間違いなんだそうな。

有酸素運動はたった5分でも脂肪は燃える
というのが、ダイエットの新説です。

たった5分でも積み重ねればOKなんですって。

「歩行時間と脂肪燃焼の関係」という
研究データによると、2、3分歩くだけで
歩行に使われるカロリーの40%分の
脂肪が燃焼しています。

2~3分の運動でも脂肪はしっかり燃えてるという事です。

時間をかけて運動することは確かに良いが
短時間の運動が無駄になる事はない、とのこと。

コツコツ運動していれば
それはちゃんと効いてるんですね~。

なら、短時間でもしっかり効果のある運動を
繰り返していれば脂肪は燃えていく、という事で。

そういう「筋肉に効率よく刺激を与えて
脂肪を燃やしやすくする運動」
があります。

それは、椅子に座ったまま両足を上げたり
その状態で足首をグリグリ動かすこと。

この「足上げ運動」を1分程度やれば
十分なんだそうです。

全身の筋肉の約7割が下半身に集中してるので
下半身の筋肉を刺激することが
効率のよい脂肪の燃やし方に繋がります。

…ただ、この足を上げるって運動
見た目より、かなりキツイですよね?
腹筋にめっちゃ力入るし。

そんなの続けられるのかな?って思ったら
楽にできるポイントがあります。

<楽に足上げ運動をする方法>
  • 浅く椅子に腰掛ける
  • 背中を背もたれにあてる
  • 少し足を浮かせるだけでもOK

背中はつけない方が良いけれど
自分の楽な姿勢でやればOK。

キツイ人は片足だけ上げるだけでも大丈夫!

筋肉量は人それぞれなので
自分の出来る範囲で無理せず
継続することが大切だそうです。

確かに、両足上げるのはキツイですが
片足ずつなら、誰でも出来ますね。

足のむくみ解消だと思って
足をあげてグリグリやるようにすれば
そのまま運動になるようなもんですしw


炭水化物は冷やして食べる


今までのダイエットの常識では、
「炭水化物を食べると太りやすい」と
思われてましたが、最新の説では
炭水化物は冷やして食べると太りにくくなる
と言われています。

これは、最近色んなところで
取り上げられてるレジスタントスターチですね。

炭水化物は一度加熱してから冷やすと、
一部が難消化性、
つまり消化されにくい成分になります。

これが「レジスタントスターチ」です。

炭水化物は消化されやすいので
血糖値が上がりやすくインスリンが
大量に分泌され、血液中の糖が脂肪に変えられ
その脂肪が溜まっていくので太りやすいです。

それが、レジスタントスターチに変わると
消化されにくくなるので、血糖値が上がりにくくなり
その結果、インスリンの分泌が減るので、
体が脂肪を溜め込みにくくなります。

米類・麺類・いも類に含まれるので
これらの食品を食べる時は
一度加熱して冷やしたものを選ぶと
太りにくくなります。
(ex 冷静パスタ、冷やし中華など)

ただし、冷やしたものを、もう一度温めると
レジスタントスターチが減ってしまうので
温め直すのは止めましょう。

常温でも効果はあるので
冷たいものが苦手な方は常温で食べましょう。


お風呂にグレープフルーツを入れる


ダイエットの新説では、
「お風呂はダイエットに最適な時間」で
そこにある行動を加えるとさらに痩せやすい
と言われてます。

「お風呂に入っただけで痩せないよw」
とか言われてたような気がするのですが
入浴するという行為は、私達の想像以上の
運動量になるようです。

それがどれくらいかと言うと
体重60kgの人が、30分湯船に浸かると
12分間のジョギングに相当するのだとか。

12分間走ると、約2kmに相当するので
お風呂に入るだけで2kmジョギングした
カロリー消費になります。

これだけでも、お風呂好きとしては
かなり嬉しい情報なんですが
より脂肪を効率よく燃やす方法があります。

それは、お風呂に入る前に
コーヒーを一杯飲むことと
お風呂にグレープフルーツの皮を入れること。


グレープフルーツの皮の何が良いかというと
グレープフルーツの香り成分には
脂肪の燃焼を高める可能性があるからです。

グレープフルーツの香りには
交感神経を活発にさせる働きがあります。

交感神経は車で例えるところの
アクセルのようなものなので
お風呂の中でアクセルを踏むと
燃料である脂肪が燃焼しやすい、とのこと。

香りが大事なので、グレープフルーツを
入れなくても、横に置いたりとか
香り成分を入れるだけでもOK。

コーヒーに含まれるカフェインも
交感神経を活発にするので
グレープフルーツの香りと同じように
脂肪燃焼に繋がると期待できる、とのこと。

ただし、薬を服用している方や
肌が弱い方などは、医師と相談の上で
行うように気をつけて下さい。


交感神経を活発にさせちゃダメな
持病をお持ちの方も、止めて下さいね。


以上、4つの医学的根拠のある最新ダイエット法でした。

このダイエット法で内臓脂肪を減らしていけば
「アディポネクチン」が分泌され
どんどん痩せやすい体質になっていくはずです。

4つ全部を一度に習慣化するのは
ちょっとしんどいですが
どれかひとつでも続けていけば
きちんと効果は出てくるでしょう。

効率よく正しく痩せたい方は
まずは、ひとつで良いので
チャレンジしてみて下さい。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ