前記事で、2015年7月21日放送の
林修の今でしょ!講座 2時間SPで
「最新!名医が教えるダイエット講座」の
「医学的根拠のある最新ダイエット法」
紹介しました。

今日は、それとは逆に間違ったダイエット方法の話。

番組内で「間違った糖質&炭水化物制限」で
ダイエットをしていると、痩せるどころか
新型肥満になる
という話が出ておりまして。

これがもう、典型的な

「一見、痩せたように見えるけど
 実は不健康になっている」


というもので、間違ったダイエットを
続けてる方が居たらヤバイな~と感じたので
「こんな事しちゃダメですよ!」という事を
皆さまにお知らせしたいと思い、まとめました。

糖質&炭水化物制限ダイエットを
されている方は、一度ご確認下さい。


また、ダイエットの時に知っておきたい注意点
という事で「ここに脂肪がついてたら
命の危険がある」
という情報もあったので
そちらも合わせて紹介します。

…思った以上の内容に、ビビリまくりですよ。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

安易な糖質制限ダイエットは大病を患った時に生還率が低くなる


炭水化物抜き&糖質制限は
ダイエット効果が高いとして人気ですが
池谷敏郎先生が言うには

安易な糖質制限ダイエットは
大病を患った時に生還率が低くなる可能性がある。


しかも、命がかかるシーンでこそ重要、とのこと。

確かに炭水化物抜きダイエットや
糖質制限は正しいやり方でやれば
非常に有効で短期間で効果がでけれど
やり方を間違ってる人が多い。

間違った方法でやると、
一度はダイエットに成功したように見えても
実は肝心の脂肪がほとんど落ちてない
という状況になってしまう。


ここで言う「医学的に正しい糖質制限」とは
糖質や炭水化物を食べない代わりに
肉や魚などのたんぱく質や脂質などで
1日に必要なエネルギー分を補うダイエット法のこと。

逆に「間違った糖質&炭水化物制限」とは
糖質や炭水化物を単に我慢するだけで
その抜いた分のエネルギーを
他のものから補充しないダイエット法のこと。

こういった間違った食事制限のみで
ダイエットしていると、痩せるどころか
医学的に見ると、ある新型肥満になっている可能性がある。


その新型肥満は「サルコペニア肥満」と言って
見た目の太さは同じなんだけど
筋肉が減り、脂肪が増えた状態になります。


糖質や炭水化物を制限して
他の栄養素を補わないようなダイエットをすると
エネルギー不足になると脂肪も燃えるが
筋肉を燃やしていってしまう。

そのため、筋肉が燃えて小さくなっていき
痩せても筋肉量が減る。

結果、体重は落ちているし細くなってるけど
ぷよんぷよんの体になる…と。

分かりやすいのは、よく健康番組なんかで見る
CT検査の輪切りの図かな?

あれで見ると、一見痩せている人でも
実は内蔵脂肪たっぷりで筋肉量少ない、
なんてケースがありますよね?

あんな感じの体になってしまいます。


これだけでも、ダイエット失敗!って感じで
凹むんですが、それどころじゃありません。

サルコペニア肥満になると
大きな病気になった時に生還率が下がります。


人間の筋肉は、体が危機的な状態になった時に
免疫力を上げる緊急設備のような役割があります。

例えば、風邪をこじらせ肺炎になって危ない
というような場合、筋肉を壊してできたアミノ酸が
免疫の要であるリンパ球を刺激して
免疫力を高めています。

だから、免疫力を高める筋肉がないという事は
いざという時に、闘病できず命を失う
なんてことになる可能性がある、とのこと。


…間違ったダイエットを続けることが
こんな事になるなんて、
何とも恐ろしい話です。

ここまでの話を読んで
「私、ヤバイかも(汗)」と心配になった方は
筋肉が極端に減っていないかどうかの
簡単チェック法をお試し下さい。

そのチェック法は至って簡単。

靴下を片足立ちで履くことができるか?
というもの。


片足立ちで靴下が履けるということは
足の筋肉がちゃんとあるという事。

逆に、サルコペニア肥満だと
筋肉量が少ないのでヨロヨロして履けません。


ある程度、グラつくのは大丈夫ですが
あまりにヨロけるなら要注意。

ヨロヨロして、こけちゃいそうだな、
という不安がある方は、
両手でバランスをとって片足立ちして下さい。
(両腕を軽く広げたような状態)

この姿勢のままで30秒感グラつかなければOKです。


この場所に脂肪がつくと命の危険がある


これまでのダイエットの常識では
「体重や体脂肪率を気にして
 脂肪がついた場所は気にしない」と
言われてきましたが、
脂肪がつく場所が一番大事。

ある場所につく脂肪は命の危険さえあるんです。

  • 下っ腹がポッコリ出ている人
  • 20歳前後から5kg増の人

↑この条件に当てはまる人は
突然死を引き起こす毒素を放出する
「エイリアン脂肪」がついている恐れがある


この「エイリアン脂肪」なんと
心臓につくんです。

これがもう心臓の周りをぐるりと囲むように
脂肪がつくので、見た目もすごいんですが
爪を伸ばすように、毛細血管を伸ばしてきて
心臓の冠動脈に突き刺し毒素を注入し
動脈硬化を引き起こすという
おっそろしい脂肪なんです。


しかも、通常の動脈硬化なら
10年、20年かけてゆっくり進行するところ
エイリアン脂肪で起こる動脈硬化は
急激に進行するので、突然死に繋がることもあるとか!


若い頃に比べ太った人というのは
脂肪として貯めておく場所が元々少ないので
エイリアン脂肪として心臓についてしまうのだとか。

また、内蔵脂肪がたまっている人は
下っ腹がポッコリ出やすく
下っ腹についた内臓脂肪がさらに増えると
行き場をなくして心臓の周りに
エイリアン脂肪として溜まっちゃうんだそうです。

…え?めっちゃ怖いんですけど((((;゚Д゚))))

なにこれ、私、お腹ポッコリしてますけど?
当てはまっちゃってるけど
心臓にブッサリ刺さっちゃうの?

と、ビビりまくった私なんですが
ちゃんと解消法もあります。

エイリアン脂肪は内臓脂肪の一種なので
内臓脂肪を落とせば、エイリアン脂肪も
徐々に少なくなるそうです。


これまでに紹介された内臓脂肪を落とす
ダイエット法を試しまくって
きちんと内臓脂肪を落としていけば
大丈夫そうですε-(´∀`*)ホッ

きちんと医学的に正しいダイエット法で
不必要なものだけを体から落とし
健康的な体を手に入れましょう。

私は…とりあえず下っ腹を何とかせんとなぁ~。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ