2015年7月25日放送の「世界一受けたい授業」は
東大VS京大 人気先生大集合・2時間SP!
ということで、東大と京大の両大学の教授が
色んな授業をされてました。

その中で私が番組が始まる前から
ずーっと楽しみにしてたのが
「炭水化物を食べるダイエット法」

これが知りたくって、番組を最後まで見ましたよ!
(最後の最後に登場したんです…)

「炭水化物でダイエット…これはもしや
 またレジスタントスターチか?」と
疑っていたけれど、あれとはまた別物で
本当に普通に炭水化物を食べるダイエット法でした。

食べ放題ってわけではなく
抑えるべきところは抑えなきゃダメですが
炭水化物好きにとってはかなり嬉しい内容です♪

その「炭水化物を食べるダイエット法」とは
一体どんなものだったのか。

その内容を詳しくまとめました。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

炭水化物を食べるダイエット法とは?


最近では、炭水化物を抜くのが
当たり前みたいになってきてる中
炭水化物をとることを勧めるダイエットです。

ご飯やパンを美味しく食べて良い
ダイエット法なんですですよ!!

炭水化物を食べて痩せる、というのが
嬉しい反面、ちょっと疑ってしまうんですが
アメリカの学会でも認められてます。

肥満研究の権威・森谷敏夫先生が言うには
炭水化物を抜くのが流行っているけれど
実は間違いが多い。

炭水化物ダイエットで痩せた場合
体内で最も減るのは水分。


そもそも、なぜ炭水化物が大事かと言うと
炭水化物に含まれる糖質が
脳を動かす唯一のエネルギーだから。

1日に2000kcalを摂る場合
2割の400kcalが脳のエネルギーとして
使われるので、おにぎり約2.5個分は
絶対に必要になる。

その糖質は、4倍の水と結合し
グリコーゲンとして体中の筋肉の一部になり
貯蔵されている。

でも、炭水化物を抜くダイエットを始めると
脳を動かす糖質が不足してしまう。

すると、まず肝臓に貯めてた糖質を使うが
すぐになくなってしまうので
筋肉に貯蔵していたグリコーゲンを
水と糖質に分解して脳のエネルギーとして使う。

つまり炭水化物を抜くと劇的に体重は落ちるけど
それは筋肉のグリコーゲンが分解されて
水が体外に出て行ってるだけ、ということ。


逆に炭水化物をたくさん食べると
糖質が4倍の水分と結合するので
体重が劇的に重くなる。

それを繰り返しているから
「ご飯を食べると太る、抜くと痩せる」
という経験になる。

2kg、3kg痩せるのは、ほとんど水が抜けてるだけ。


炭水化物を抜いた食生活を続けてると…


炭水化物抜きダイエットをずっと続けてると
筋肉がだんだんやせ細ってくる。

すると、体重は減るのだけれども
脂肪の量は変わらないので
いわゆる「隠れ肥満」になる。

実際に、炭水化物たっぷりの食事と
炭水化物をほとんど食べない食事を
それぞれ20年間続けると
どのような差が出るか調べた実験によると

高炭水化物の食事を食べ続けた人に比べ
低炭水化物の人は、男性で1.5倍、女性で1.35倍も
がんや心疾患などの発症といった
死のリスクが高くなる。


炭水化物をしっかり摂っていると
あまり脂肪やたんぱく質を摂らなくても良く
低脂肪、低たんぱく質になります。

逆に炭水化物が少ないと
多めの脂肪と、多めのたんぱく質を
摂らないといけないため、
高脂肪、高たんぱく質になってしまう。

そういう食生活を続けていると
隠れ肥満や、がんになりやすい、とのこと。

…えーっと、ここで言うところの
「この死亡リスクが高い食生活」って
炭水化物ダイエットの方法そのものじゃない?(;・∀・)

少しだけ体を絞りたい時には良いとしても
低炭水化物な食事を常習化するのは
ちょっとヤバイですね……。

ちなみに「隠れ肥満」についてですが
体脂肪率を計らなくても
足首を見れば、すぐに分かるそうです。

筋肉がない分、重力の影響で
足首の周りの筋肉が下へ引っ張られるので
象足になっている、とのこと。


本当に炭水化物を食べて痩せられるのか?


基本的にしっかりと炭水化物を食べて
バランスの良い食事にしていれば
決して太るわけではない。

…と、先生はおっしゃるわけですが
「そんな事言うけど、どれくらいの量の
 炭水化物を食べても大丈夫なわけ?」
というのが、気になるところですよね。

実は、ちょっとしか食べちゃダメ、とか
言われたら、正直、何の意味もないし。

…これがね、意外と普通の量、
もしくは多いくらい食べても大丈夫なんですよ。

毎食のエネルギーの約60%程度は
食べてもいいそうです。


和食でもお茶碗にしっかり一杯だし、
洋食なら、パン3枚(5枚切りかな?)くらいは必要。

これなら、我慢してる感はないですね~。


炭水化物を多く摂ると痩せることが分かる実験の結果


実際に、炭水化物をしっかり食べるのと
炭水化物を控えるのを比べたらどうなのか。

本当に炭水化物を食べても大丈夫なのか。

これを調べるために、
同じカロリーで炭水化物が多い食事と
炭水化物が少ない食事を用意して
それを双子に食べてもらって
どっちがカロリーがたくさん燃えるか?
というのを、比較してました。

それぞれの、食事内容はこんな感じ。

 <炭水化物多めの食事>
大盛りのご飯、じゃがいも入りスープ
脂肪分少なめのチキンハンバーグ
(カロリーを同じにするために
 脂肪分が少なくなっています)

<炭水化物少なめの食事>
ご飯は一口大ほど、ウインナー入りスープ
脂肪分多めの合い挽きハンバーグ
(こちらは逆に脂肪分が多くなってます)


どちらも、カロリーは同じです。

ただ、総カロリーが同じでも
炭水化物が多めで、他のもの(脂肪)を控えるか
炭水化物少なめで、脂肪などが多いか
という差があります。

それぞれの食事を食べてもらい、
食後30分後の体温をサーモグラフで比較。

食後すぐは、2人の体温は同じだけれど
低炭水化物を食べた方は30分後も
体温が上がることがなく
カロリーが消費できていませんでした。

(カロリーを消費していれば体の熱は上がる)

逆に高炭水化物を食べた方の人は
食後15分あたりから、
ぐんぐんと体温が上がってます。


ご飯を食べた後にポカポカするのは
食べたものを分解したり、輸送したり
エネルギーに変える時もエネルギーを使うから。

炭水化物は非常に燃えやすいので
体にあまり残らないから痩せやすい
とのこと。


ダイエットに効果的な運動法とは


食事制限以外に有効なダイエット法
と言えば、運動ですよね。

そこで森谷先生にどういう運動が良いか
聞いてみたら、意外な答えが返ってきました。

何気ない日常での運動や活動が良い。

こういう運動のことを
「Non Exercise Activity Thermogenesis」
略して「NEAT(ニート)」という。

運動という運動ではないけれど
日常の動作に伴う
立ったり、座ったりなどの積み重ねの
総エネルギー量はすごく大きいんだそうです。

例えば、座ってる状態から立つと
約20%カロリー消費がアップする。
(20%余分にエネルギーを使う)

座ってる状態から、立って歩くと
重い体を動かすということで
カロリー消費は約300%(3倍)アップ!

こういったカロリーを考えると

部屋の中にティッシュを置く場所は
 一箇所と決めておいて、
 必要な時は、そこまで歩いていく

テレビのリモコンは使わないで
 その都度動いてチャンネルを変える

というようにすると良い、とのこと。

こういう日常の動作で
消費するエネルギーの4割ぐらいは
消費されている。


「少しでも無駄に動いて、無駄に減らそう」
という綺麗なオチがついてましたw

そういや、家事でも何でもササッと動ける人は
だいたい痩せていますね。

体が軽いからササッと動けるんじゃなく
ササッと動くから体が軽いんですね。


以上、炭水化物を食べるダイエット法でした。

際限なく炭水化物を食べて良いわけじゃないし
総カロリーを考えて、脂肪やたんぱく質を
控える必要はあります。

ただ、私みたいな炭水化物大好き人間は
炭水化物を抜くよりも、他のものを控えて
炭水化物を多めに食べる方法のが
苦痛が少ないんですよねw

そういう人には、嬉しいダイエット法だと思います。

あ、言うまでもないですが
炭水化物以外のものを食べないなど
我慢するだけの偏り過ぎたダイエットは
体に悪いだけですよ。

それは、栄養が偏るだけなので
絶対に止めてくださいね。

糖質や炭水化物以外のものを
我慢するだけの炭水化物抜きダイエットも
同じくらいよくないので、やらないように。

どうしても痩せたいというのなら
森谷先生が言うように生活の中の運動を
増やすようにしましょう。

「いつもより部屋の掃除をこまめに、
 丁寧にする」とかにすると
部屋もキレイになるし、贅肉も落ちるし
運勢も良くなりそうだし良いんじゃないでしょうかw


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ