2015年7月28日放送のあさイチは
「新肩こり撃退法」ということで
今までにない肩こりと、その解消法が
紹介されていました。

肩こりは女性が悩んでいる痛みの
トップに輝く悩みであると同時に
顔のたるみ、くすみ、目の下のクマの
原因になる美容の大敵。

肩こりが顔のたるみの原因に

肩こりがひどいと、目の下のクマができる

それもあって、当ブログでも
肩こり解消情報は力を入れて
紹介してきましたが
今回のような肩こり情報は初めて見ました。

肩こりの原因が、肩にないんです。

これ、本当に意外なところが
肩こりの原因になっているので
自力では絶対に気づかないと思います。

その「新肩こり」がどういうものか、
という説明と、その撃退法をまとめたので
もし、あなたが肩こりに悩んでいて
何をしても治らない、とお困りなら
「新肩こりに該当するか」だけでも確認して下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

新肩こりの「ゴースト肩こり」とは


肩こりの症状を訴える人で
肩に原因がない人が増えています。

これを、あさイチでは「ゴースト肩こり」
名づけていました。

本人は肩が痛いと思っているけど
実際に痛みの原因を出しているのは
ひじの筋肉だったりするんです。

ひじの外側、関節の少し上を押すと
肩が痛くて我慢できない!って状態に
なっていて、見てて驚きました。
ひじの少し上を押すと痛い

↑この赤い部分を押すと痛いんですよ。
嘘みたいでしょ?

検査で調べた結果、この部分に、
血流が悪くなり筋肉がこわばって出来た
「しこり」があり、そこを押すと痛みを
感じる事が分かりました。

これが、肩こりというか肩の痛みの
原因になってるんです。


ひじのしこりを押すと肩が痛い理由とは?


はじめ肩こりの症状が出ます。
  ↓
肩の筋肉から脳へ痛みの信号が送られ
肩こりを感じていた。
  ↓
その一方で、ひじの筋肉のしこりからも
脳へ痛みの信号が送られるようになる
  ↓
すると、脳内では肩とひじの両方から
痛みの信号が送られるようになり
それらが頻繁になると、脳が混乱して
ひじの痛みも肩の痛みと間違えるようになる
  ↓
もともとの肩こりがなくなっても
ひじにしこりがある為、肩こりを感じてしまう。

というわけです。

上に出たひじの関節の上部分のように
「ある場所を押すと肩が痛くなる」
というケースがあり、それを
「トリガーポイント」と言います。

ひじの他にも、肩甲骨の下、背中、
股関節の横あたり膝の内側
など、
いろんなところにあり、
これらもゴースト肩こりの原因となります。

従来の肩に原因がある肩こりと
ゴースト肩こりの見分け方としては
手のひらで硬い部分を探し
指で押してみることです。

背中(腰)にトリガーポイントがある場合は
背中を反ったり、捻ったり、傾けたりと
背中の筋肉を意識して動かすと
もう肩が痛い、というようになります。

…が、自分で判断するのは
ちょっと難しそうでした。

気になる方は、整形外科とか
ペインクリニックに行って検査する方が
良いと思います。

トリガーポイントは体に10か所以上あり
痛みが3か月以上続いて耐えられない場合は
線維筋痛症という病気になりますので
肩こりがひどくて痛みが続く方は
一度、受診することをおすすめします。


トリガーポイントを取り除くには?


例えば、トリガーポイントが
背中の「脊柱起立筋」にある場合。

脊柱起立筋は、首から腰にかけて
背中に広がる筋肉です。

トリガーポイントを解消するには
その周辺の筋肉を軽く押して
血流を良くすることが大切なので
背中をマッサージすると良いです。

でも、背中は自分では押せませんよね?

そこで、役立つのがタオルで作る
「タオル玉」です。

タオルを四つ折りにしてねじり
ねじり鉢巻のように端までクルクルにします。

そのまま2回軽く結んで
結び目を2重にすれば
タオル玉の出来上がりです。

そしたらタオル玉をベッドや床に置いて
その上にトリガーポイント周辺が
当たるように寝ましょう。


この場合は、背中に当たるように置き
タオル玉の上に寝転ぶだけです。

ちょっと薄手のタオルの方が
タオル玉を作りやすいと思います。

トリガーポイントを放置していると
再発したり、他の場所に増えたりして
線維筋痛症になる可能性があるので
タオル玉などで、しっかりほぐすようにしましょう。

タオル玉は1日1回30~60秒を
痛すぎない程度にやるくらいで良いです。
(痛すぎるのは良くない)


筋肉の傷んだ部分が修復するのに
3週間ほどかかると言われているので
3週間~1か月は続けましょう。

ひじの場合も、このタオル玉でOKです。


トリガーポイントの再発を防ぐ方法


トリガーポイントは放っておくと
再発して痛み出す厄介なものです。

再発を防ぐには、元になるしこりを
作らせないことが肝心。


ひじにトリガーポイントがある場合は
ある筋肉を鍛えれば再発を防ぐことが出来ます。

それは、上腕二頭筋です。
(腕の上部内側、力こぶができる所)

筋肉は基本、上腕二頭筋(腕の内側)と
上腕三頭筋(腕の外側)のように
表裏一対になっており
片方が伸びれば、もう片方は縮むようになってる

ひじ外側上部(上腕三頭筋)に
トリガーポイントが出来た場合
上腕三頭筋が縮んでしまい
反対側の上腕二頭筋が伸びてしまう。

トリガーポイントがなくなると
上腕三頭筋はこわばりがなくなり
元に戻るけれど、上腕二頭筋は簡単には戻らず
伸びたままになる。

そうなると、筋肉のバランスが崩れたままなので
再び、上腕三頭筋がこわばり、しこりが出来る。

そこで上腕二頭筋を鍛えて
伸びた状態から正常な形に戻せば
上腕三頭筋とのバランスが良くなり
しこりの再発が防げる。

ここを鍛えるために、腕を伸ばして
(90度に)曲げる、伸ばして曲げるを
繰り返すようにします。
(力こぶを作るような動きです)

トリガーポイントがある筋肉と
反対側の筋肉を鍛えることが
バランスをとることが大切。


ひじのトリガーポイントは
ひじの関節の「外側」の少し上ですから
反対側の腕の「内側」を鍛えるんですね。

トリガーポイントを復活させない
ひじの筋力トレーニングの方法としては
「グー・パー運動」が紹介されてました。

心臓より少し高い位置にひじが来るよう
斜め上に腕を伸ばし、ひじを曲げる時にグー、
伸ばす時にパーというように
グー・パーを続ける運動を
朝昼晩に10回ずつ2週間ほど続けます。

背中(脊柱起立筋)にトリガーポイントがある場合は
反対側の筋肉、つまり腹直筋(腹筋)を
意識しながら背中の筋肉を動かします。

まず横になり、膝を90度に曲げ
おへそをのぞくように首を上げ
ゆっくり10秒間静止。

いわゆる「足を曲げてする腹筋」ですね。
背中の筋肉を意識するのがポイントです。

これを朝昼晩3回ずつ行いましょう。


以上、「ゴースト肩こり」の説明と撃退法でした。

タオル玉を作って自分でこりをほぐす事は
出来るけれども、一番重要な
「どこがトリガーポイントか」を
自力で発見するのは難しいと感じました。

あまりにも肩こりがひどい場合は
自分でゴースト肩こりを疑って
整形外科やペインクリニックに行くのが
ベストの対処法でしょうね。

今すぐ痛みをとりたいという場合は
整形外科やペインクリニックで
内服薬や注射で治せるようなので
痛みがひどい人は、自力で何とかしようとせず
受診するのが一番かも?


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ