2015年8月18日放送の
林修の今でしょ!講座 2時間SPでは
「体調に合わせた牛肉食べ分け術」
という内容が特集されていました。

通称「肉ドクター」の渡辺信幸先生が
健康や美容に効果的な牛肉の部位を
教えてくれる、という内容だったので
始まる前から期待値大w

その私の期待に応えるが如く

  • ダイエット
  • 肌のトラブル

この2つに効果的な牛肉の部位が
紹介されていたので
その部位の場所や理由をまとめました。

肌はともかく、ダイエットに牛肉?
って感じなんですが、先生曰く
「ダイエットしたい時こそ牛肉だ!」
とのことです。

その言葉どおり「え?そんな食べて良いの?」
ってくらいに食べても大丈夫だそうで
牛肉好きな方には非常に喜ばしいお話でした。


牛肉好きでダイエットをお考えの方は
ぜひ知っておいて下さい。

肌トラブルに効く牛肉の方も
「これ1つで3つの栄養素が全て揃う」
という役立ち料理
が出てきますので
美肌を目指す方も、ぜひお読み下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

ダイエットにおすすめの部位はどこ?


ダイエットにおすすめなのは
ヒレです。

ヒレは「脂肪燃焼の仕掛け人」と言われる
カルニチンを豊富に含んでいます。

細胞の中にはミトコンドリアという
脂肪を燃やす燃焼炉があります。

カルニチンはそこへ脂肪を運んでいき
燃やしエネルギーを生み出している、
つまり、脂肪を燃やす働きがあるんですね。

それがダイエットに効果的ということです。

このカルニチン、牛肉以外のお肉にも
含まれてはいるのですが
牛肉がダントツで多いんです。


豚肉は鶏肉の2倍のカルニチンを含みますが
牛肉はその豚肉の2倍含んでます。

牛肉>豚肉>鶏肉です。

これはもう、ダイエットしたい時に
お肉が食べたいわって思ったなら
問答無用で牛肉、特にヒレを選ぶべきですね。

ただ、問題なのはお値段の方ですねw

そこが気になったのは私だけじゃないようで
ゲスト陣がちゃんと「ヒレ以外の第二候補」
についても聞いてくれました。

第二候補は「赤身の肉全て」です。
赤身もカルニチンが多いそうです。


ヒレにはカルニチン以外にも
「ロイシン」というたんぱく質が含まれてます。

ロイシンは筋肉を大きくする効果
つまり増強効果が期待できる成分なので
ヒレをたっぷり食べると筋肉が大きくなります。

筋肉が大きくなり増えると
代謝がアップするので
それだけでもダイエット効果が出てきます。


ちなみに、たんぱく質の1日の推奨摂取量は
約50~60g程度の量ですが
ヒレなら1日約200g程度までならOKとのこと。

ヒレのステーキで200gって
かなり多いですよね。

少食気味の女性なら持て余し気味になるかも(汗)

それだけの量を食べても大丈夫!と
言われてるのですから
ほぼ「我慢とは無縁!」と言えると思います。

ただ、いくらヒレがダイエットに良いとはいえ
食べ過ぎは良くない、とのこと。


野菜なども取り入れつつ
食べた後は適度な運動をすることが
すすめられていました。


肌トラブルにおすすめの部位はどこ?


肌トラブルにおすすめなのは牛すじです。

牛すじにはコラーゲンがたっぷり含まれており
肌の土台をつくる効果が期待できます。

肌の老化は歳を重ねていって
コラーゲンが減っていくことが原因なので
そのコラーゲンが豊富というだけでも
牛すじはおすすめなんですが

  • コラーゲン同士を結びつけるエラスチン
  • 肌をみずみずしく保つヒアルロン酸

この2つも含まれているので
肌の土台を作る3つの栄養素である
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸
これらがセットで入ってるのがおすすめ。


あと、牛すじは比較的安いという事もあり
無理なく食べられるのもポイント。

その牛すじを使った料理の中でも
肌が気になる時に特におすすめなのが
「牛すじの煮込み」

トッピングとして牛すじの上にかかってる
ネギに含まれているビタミンCは
コラーゲンの合成を助ける働きがあります。

だから、牛すじの煮込みは組み合わせとして
すごく良いそうです。

お好み焼きの、すじ玉も良さそうですよね♪
(私はこれがお好み焼きの中で一番すきw)


以上、ダイエット&肌荒れに効果的な
牛肉の部位の紹介でした。

(ヒレの)経済面さえクリアすれば
いろんな我慢をすることもなく、
美味しく食べるだけで効果が得られるので
お肉好きな方、特に牛肉好きな方は
食生活の中に上手く取り入れてみて下さい。

私も大好きな赤身肉&すじ肉を
積極的に食べてやろうと思います♪


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ