2015年9月15日放送の
みんなの家庭の医学3時間SPは
「名医が厳選!ご当地健康法に学ぶ
 脳・足腰・血管若返り法」

ということで、全国各地の色んな
健康法をご紹介してました。

色んな健康法が紹介されてたんですが
私が興味を持ったのは
見た目の若さにも影響する
血管の若返り法です。

前に別番組で
血管年齢が若返ると見た目も若返る
なんて話も出てましたしね。

上記の「別番組」はコチラ
駆け込みドクター!血管年齢を若返らせるぞSPの「シミと血管年齢」が関係してるという話

「見た目年齢若返らせるぞ!」と
気合を入れて観てたんですが
なんか…えらい楽ちんに若返るんですよ。

ある県の「ご当地グルメ」を食べれば
それだけで、めっちゃ若返るんです!


その「簡単血管若返りご当地グルメ」と
それを家庭で作れるようにしたレシピを
皆さまにも紹介しますね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

血管を若返らせる「魚うどん」


糖尿病治療のスペシャリスト
東邦大学医学部内科学講座
糖尿病・代謝・内分泌学分野教授
弘世貴久先生が言うには

宮崎県日南市の「魚うどん(ぎょうどん)」

これには血管に良い要素を
非常に多く含んでいるので
これを食べると血管が若返る、とのこと。

この「魚うどん」、どんなものかと言うと
具は至って普通ですが
実はうどんの麺自体が
トビウオのすり身で出来ています。

このトビウオを機械でミンチにし
卵・塩・水溶き片栗粉を加えて混ぜれば
魚うどんの生地が出来上がり。

小麦粉を一切使わないため
カロリーオフが可能です。


一般的なうどん150g(生)が
405kcalなのに対し
魚うどんは150gで159kcalと
半分以上カロリーが少ないんです。

ですので、血管年齢が若返ると同時に
ダイエット効果も期待できます。



魚うどんは動脈硬化を防ぐ


血管は若く健康な20代の頃は
ゴムホースのようにしなやかですが
60代になると、カチカチの状態になります。

この状態が「動脈硬化」です。

動脈硬化を起こすと
血管は脂肪で詰まりまくり
血液の通り道が細く細くなります。

こうなると、心筋梗塞や脳梗塞など
命に関わる事態に陥っても
不思議じゃありません。

この血管の老化を魚うどんが防ぎ
さらに若返らせてくれるんです。

実際に魚うどんで血管を若返らせた方の
お話を聞くと、毎日魚うどんを食べ続け
半年ほどで

血糖値、悪玉コレステロール、
中世脂肪など、動脈硬化に関わる項目が
全て基準値オーバー
という状態だったのが全て正常値に。


それと同時に体重も97kgから83kgと
14kgもの減量に成功していらっしゃいました。


EPA・DHAが傷ついた血管を修復する


トビウオは青魚の一種で
血管を若々しく保つ脂肪酸である
EPA・DHAを多く含んでおり
これも動脈硬化を防いでくれます。

DHAやEPAが体内に取り込まれると
血管内に溜まったコレステロールを
排出すると同時に、
傷ついた血管を修復してくれるので
硬くなった血管を若返らせてくれるんです。


どれだけ食べれば血管が若返るのか


週に1回魚を食べた時
心筋梗塞になるリスクを1とした場合
週に3回食べる人は0.7になり
30%リスクが減少します。

そして週に8回魚を食べると0.44と
約60%もリスクが低下します。

理想はやっぱり毎日食べること、だそうです。


家にある食材で魚うどん(本体)を作る方法


美味しそうだわ、カロリーオフだわ
すごく食べてみたい魚うどんですが
作り方が特殊なため、そのままを
自宅で作るのには、ちと難しい。

というわけで、奥薗壽子さんが
自宅で作れる調理時間10分の
「魚うどん」レシピを作ってくれました。

そのレシピを紹介します。

  • 魚うどんの材料(2人分)
  • 強力粉150g
  • サバ水煮缶1缶
  • 塩小さじ1/4


  • 魚うどんの作り方
  1. 強力粉と塩を混ぜる

  2. サバ缶の汁と身を分けて
      それぞれ電子レンジ(600W)で
      1分温める

  3. 温めたサバ缶の汁を1に入れ
      粉っぽさがなくなるまで混ぜる

      粉っぽさがなくなると
      後でこねる作業が楽になります。

  4. ほぐしたサバの身を3に入れ
      混ぜあわせていき
      全体に一塊になってきたら
      手を使ってひとまとめにしていく。

      これはザッとまとめる程度でOKです。

  5. 4をポリ袋に入れ5分寝かします。
      サバ缶を温めてあるので
      こうやって5分寝かすだけで
      麺に粘りが出ます

  6. 5分経った麺を袋から取り出し
      手前から手元に向かって
      たたむ感じでこねる作業を
      20回ほど繰り返す

  7. 再び麺をポリ袋に戻し
      綿棒で伸ばします。

      ポリ袋に入れることで
      麺を簡単に四角に伸ばせます

  8. ポリ袋を切って広げ
      麺を包丁で好みの幅に切っていきます。
     

以上で、魚うどんの出来上がり。
慣れれば10分ほどで出来ます。

この魚うどん麺を使った3種類の
「魚うどんアレンジレシピ」もあり
それも大変美味しそうだったので
次記事で紹介します。

みんなの家庭の医学に出てた「魚うどん」アレンジレシピ


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ