アーモンドにアンチエイジング効果や
美肌効果がある
って、
みなさんはご存知でしたか?

NHKの「あさイチ」で取り上げられてたそうですが、
私は今頃になって、初めて知りましたw

アーモンドと言うと、「カロリーが高そうだし太りそう」
「ニキビが出来そう」というイメージがあったんですけどね~。

太るどころかダイエット効果があるだなんて!

さらにはアンチエイジング効果や、デトックス効果まである
美容面で、とても強力な味方になってくれる食べ物なんですね。


そんなアーモンドの効果を、じっくりと紹介したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

アーモンドは、カシューナッツ・くるみ・ピーナッツ・
ピスタチオなどのナッツ類にはいる食品です。

ナッツ類全般に、若返りのビタミンと言われる
「ビタミンE」が含まれているんですが、
アーモンドがダントツで、ビタミンEの含有量が多いんです。

このビタミンEが、美容面や健康面で大きな効果を発揮するんですね~。

ビタミンEには、活性酸素による細胞の酸化を防ぐ「抗酸化作用」があり、
この抗酸化作用によって、老化のスピードを抑えてくれます。


さらにはガンや生活習慣病の予防効果も期待されてる、
という、何とも働き者の栄養素なんですw

これだけでも嬉しいのに、ダイエット効果まであるんですよ!

「あさイチ」では、井上浩義教授の実証実験が紹介されてましたが、
被験者たちは5カ月間のアーモンド摂取で、
平均で約3kgのダイエット効果が出てました。

それにプラスして、肌の潤いとハリが増して、
肌年齢は平均5歳若返るという結果も!


アーモンドは食物繊維も豊富なので、
それが便秘にも効果があります。

抗酸化・ダイエット・美肌・便秘解消、と女性にとっては、
拝みたくなるほどの効果があるアーモンドですが、
これだけでは終わりませんよ。

なんと、アーモンドは糖化を防ぐ効果もあるんです!

糖化は、血液中の余分な糖分が、たんぱく質と結びつき、
「AGE」という老化物質を作り出すことです。

血管・骨・皮膚・目・他内臓などの、たんぱく質と結びつきます。

老化物質AGEは通常体の中で少しずつ分解されて、
尿として出ていきます。

年を取るにつれ、分解できるAGEの量が減ると、
体の中にどんどん溜まっていってしまうのですが、
アーモンドを食べると、AGEが入ってくる量が減らせるんです。

老化の原因となるAGEの量を減らせるなら、
そりゃ、老化防止になりますよね。

なんかもう、昨日に紹介した塩麹とアーモンド食べてれば、
すべてが解決するような気がしますよw

塩麹についてはこちら⇒塩麹は、アンチエイジング効果バツグン!

さて、そんな効果バツグンのアーモンドの食べ方ですが、
先ほどの井上教授によると、1日25gが適量だそうです。

だいたい25粒で、これを毎食後に分割して食べるのが効果的だとか。

生でも大丈夫ですが、無塩・素焼きのアーモンドの方が、
体にとっては吸収しやすいし、食べやすいと思います。

アーモンドバタートーストとか食べると、
美味しいし、美容に良いし、一石二鳥かも♪

ピーナッツバタートーストより香ばしくって、美味しいので、
食べたことがない方は、ぜひ1度食べてみてください。

別にトーストじゃなくって良いんですけどねw

これだけ、美容面・健康面で良いと分かってるのですから、
アーモンドを食べないってのは、ないですよね~。

ただ、アーモンドは食べ過ぎると、お腹がゆるくなるので、
自分にとっての適量を探りながら食べてくださいね。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ