目の下のたるみを改善するには
どうしても時間がかかります。

それは分かってるんだけど
どうしても、今だけ、今日だけ、
目の下のたるみを隠したい!

そんなあなたに、ピッタリなのが
眼鏡です。

普通に眼鏡をかけるだけでも
ある程度、目の下のたるみを
カバーできます。

どうせなら、最大限に隠したい!
ということで、
「目の下のたるみを最大限に隠す
 眼鏡の選び方」
を紹介します。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

条件1:フレームはオーバル(楕円形)タイプ


まずは、フレームから。

目の下のたるみを隠したいなら
オーバル(楕円形)タイプの
フレームを選びましょう。


オーバルタイプのフレームは
フレームのラインが
目元に近くなるので
目の下のたるみが隠れます。

たるみ同様、目の下のクマも
これでけっこう隠れてくれます。

目の下のたるみやクマに
フレームがかかるような
眼鏡を選びましょう。


条件2:目の下側のラインは、やや上向き


眼鏡のフレームのライン、
それも目の下側のラインが
少し上向きになってるもの
を選ぶと
人の視線が上へと向くので
たるみが目立ちにくくなります。

目の下のたるみに限らず
たるみは、下向きのラインが
目立つものです。

その下向きのラインを隠しつつ
上向きのラインを作ることで
目元だけでなく、顔全体が上がって見えます。

あまりに上向きのフレームだと
顔立ちの印象がキツくなるので
目の下側のフレームだけ、
それも、やや上向き、ぐらいの
加減のフレームを選びましょうね。


条件3:フレームは太め


フレームで目の下のたるみと
クマを隠すのなら、
当然、フレームは太めがおすすめ。

逆に、縁なし眼鏡にしてしまうと
たるみもクマもハッキリ見えるので
避けて下さい。


条件4:明るめの色を選ぼう


眼鏡のフレームの色は
暖色系の明るい色にしましょう。


たるみで出来てしまった
目元の影を飛ばして
明るく元気な印象にしてくれます。

ちょっと強めの元気な色を選びましょう。

ちなみに、ハッキリとした強い色は
顔全体の引き締め効果もあるので
顔のたるみが気になる人にも
効果的です。

その中でも赤は肌映りを良くし
活き活きとした印象になるので
おすすめの色です。

「いや~赤は無理だな」という方も
無理に明るい色を選ばなくて良いので
なるべく黒やネイビーなど
暗い色は避けるようにして下さい。


以上、目の下のたるみを最大限に隠す
眼鏡の選び方でした。

あなたの輪郭の形や印象などによって
「この条件で選ぶと似合わないな」
というのも、あると思います。

だから、全部を無理に取り入れる必要はありません。

無理のない範囲で、似合う条件だけ
上手に取り入れて、眼鏡を作って下さい。

また、フレームがどうのと言う前に
度数が合わないものを使ってると
目が必要以上に疲れ、
目の下のたるみの原因になるので
これ以上、進行させない為にも
出来る限り早く、新しい眼鏡を作って下さいね。

ちなみに…ちょっとした失敗談ですが
私、前記事に書いたように
免許の更新に行ってきました。

その際、たるみ隠し効果あるかな?
と、メガネをかけて行ったら
写真撮影の時に眼鏡を外すように
言われてしまいましたw

どうも都道府県にって
写真撮影の時に眼鏡の扱いが
違うようで、眼鏡を外す所もあれば
つけたままの所もあるそうです。

兵庫県は外す所だったようで
私の目論見は見事に失敗しましたw

私のように、免許更新の際に
目の下のたるみを眼鏡で隠そう!
と思ってる方は、事前確認をしましょう。


■管理人が試した目の下のたるみをとるアイクリーム


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ