美白や保湿などの美容効果が
ものすごく高い飲み物として注目され
今やすっかり市民権を得た「甘酒」

冬のイメージが強い飲み物でしたが
強い抗酸化作用や美白効果があるため
季節を問わず飲んでる方も多くなりました。

ま~、これだけ美肌効果高いとね~。
常飲するようにもなるってもんです。

甘酒の美容効果について詳しいことは
甘酒は、保湿を含む美肌になる効能がある

そんな甘酒なんですが
実は薄毛や抜け毛対策としても
かなり効果の高い飲み物だって知ってます?


髪のアンチエイジングがしたい方には
すっごくお役立ちな飲み物なのに
コチラの効果については
あまり知られてないのは、とても勿体ない。

ということで。

今日は甘酒の育毛効果について
紹介したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

甘酒はビタミンB群が豊富!


甘酒は「飲む点滴」と言われるほど
たくさんの栄養素を含んでますが
その中でも特に豊富なのがビタミンB群!

ビタミンB群は育毛・発毛を促す上で
優秀な働きをするビタミンですが
特に髪に良いのが、ビタミンB2と
ビオチン(ビタミンB7)なんです。

まずはビタミンB2の効果から説明しますね。

ビタミンB2は、細胞再生や
エネルギー代謝を促進させ、
健康な髪や爪、肌を作る働きがあります。

健康な頭皮・髪の生成に欠かせない
ビタミンです。
(美肌にも欠かせません)

また、血行促進効果もあるので
髪や頭皮に栄養が行き渡りやすく
してもくれます。

血行促進効果は、頭皮の冷えも
改善してくれるので
「健康な髪を育てる土壌」を
作るのに効果的ですね。


次に、ビオチン(ビタミン7)です。

聞き馴染みのないビタミンですが
実は、このビタミン、
健康な髪、肌、爪を維持するという
効果がある大切なビタミンです。


また、髪の主成分であるケラチンの
合成に必要なコラーゲンの生成を
促進する効果もあります。

コラーゲンだけでなく、
セラミドの生成も促進するので
髪と肌、どちらにもすごく効果的なんです。


これが不足すると、薄毛、抜け毛、
白髪、皮膚炎、湿疹、など
髪や皮膚に関する症状が
引き起こされやすくなっちゃいます。

肌の乾燥も促進されてしまうし
痒みも出ちゃうでしょうね。

そして…頭皮も乾燥してしまうでしょう。

あまり注目されませんが
頭皮の乾燥も薄毛や抜け毛の原因です。

その頭皮の乾燥を防いで
頭皮環境を良くすることにも
ビオチンは役立ってると言えます。


麹菌や乳酸菌が腸内環境を良くする


上で紹介した「ビオチン」ですが
食べ物から摂取するだけじゃなく
腸内細菌から産生されもします。

だから、腸内環境が悪化してる人は
ビオチンが不足する傾向にあるんです。


また、腸内環境が悪化すると
ビオチンが産生されないだけでなく
悪化した腸内で発生した毒素により
汚れた血がそのまま全身を巡ります。

これ、肌にも悪いことですが
頭皮にも同じくらい悪影響です。

薄毛や抜け毛を改善したいのなら
肌と同じように、栄養や酸素を
たっぷり行き渡らせる必要があるのに
それが出来なくなるんです。

当然、その頭皮から生える髪の質も
落ちてしまいますし
抜け毛も増えちゃいます。

腸内環境と髪って、あまり関係ないようで
実は大きく関係してるんです。

この腸内環境を良くするのに
役立つのが、甘酒に含まれる
麹菌と乳酸菌です。

麹菌は多くの酵素を産生して
消化を手助けし、胃腸の負担を
減らしますし、麹菌そのものが
腸内の善玉菌を増やす働きをします。


乳酸菌は、免疫力を高める働きがあり
体内に入ってきた病原菌や毒素から
腸内を守り、腸内環境を整えてくれます。

また、甘酒には乳酸菌のエサとなる
オリゴ糖と食物繊維が豊富なので
これらも、腸内環境を整えるのに
役立ってくれます。

薄毛・抜け毛改善、というより
健康・美容面全般に効果的ですね♪


このように、甘酒の育毛効果は
美肌効果に負けず劣らずの凄さです。

髪のボリュームが減った、
抜け毛が増えた、白髪が増えたなど
髪の老化が気になる方は
髪のアンチエイジングだと思って
甘酒を飲んで見てくださいね。

ちなみに、酒粕から作られた甘酒も
栄養成分は、すごく豊富なんですが
こちらはアルコールと砂糖を多く含みます。

お酒の匂いが苦手な方や
カロリー控えめが良い人は
米麹から作られた甘酒を飲みましょう。

永作博美さんの美の秘訣
「甘酒豆乳」にチャレンジするのも良いかも。

「甘酒豆乳」についてはコチラから
永作博美さんの若さを保つ「甘酒豆乳」の効果と作り方


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
 カテゴリ
 タグ