2015年11月10日放送の
林修の今でしょ!講座では
「名医が実践 風呂の入り方」が
紹介されてました。

最近は、お風呂の入り方も医学的に
研究されてるようで

「温度が1℃変わるだけでも
 体にとっての効果がかなり違う」

ということが分かってきたそうです。

また、体調や症状によって
最適なお風呂の入り方があり、
その日の体調や目的に合わせて
温度を変えることが医学的に重要!
ということで、

医師50人に聞いた
専門分野別「医学的に正しい入浴法」


が、紹介されてました。

深い睡眠、ダイエット、かぜ、美肌、
体臭、疲労回復など、目的別に
「お湯の温度、入る時間帯、何分入るか」
など条件が細かく紹介されてました。

その条件の理由もきちんと説明されており
見ていてとてもおもしろかったです。

この中から、美容に関係する入浴法を
まとめましたので、何回かに分けて
紹介したいと思います。

今日は、質の良い睡眠を得るための入浴法です。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

ぐっすり眠るための入浴法


医学的に見ると、お風呂と睡眠には
深い関係があります。

正しいお風呂の入り方をすれば
質の良い深い睡眠を得やすくなる一方
間違ったお風呂の入り方をすると
寝付きが悪くなります。

良い睡眠を得るため最も優先しなくては
いけないのは、タイミングです。

ぐっすり眠るためには
寝る2時間前にお風呂に入りましょう。


その理由は、体温カーブの
ジェットコースターを作るためです。

人間は体温が下がると眠たくなります。

体の中心部の体温「深部体温」は
お風呂に入ることで一旦上がり
そして、お風呂から出ることで
ジェットコースターのように
急激に下がります。

この落差が重要。

この落差が大きいほど、ぐっすり眠れます。

寝るのに最適な体温まで下がるのが
入浴後2時間くらいなので
ぐっすり眠るためには、寝る2時間前に
入浴するのが最適、というわけです。


お風呂を利用した上手な体温の上げる&下げる方法


ぐっすり眠るカギは、
眠る前の体温の上昇&下降
ということは分かりました。

では、お風呂を賢く利用して
体温を上げたり下げたりするには
どうしたらいいのか?

日本睡眠学会の認定医にして
睡眠専門の病院を立ち上げた
睡眠のエキスパートである
白濱龍太郎先生が実際にされてるのが

お風呂で体温を上げるために
背中をゴシゴシ洗う
というもの。

肩甲骨の周りには多くの筋肉が
繋がっています。

背中を擦りながら肩甲骨を
大きく動かすことで
数多くの筋肉が活発に動き
体が中から温まると考えられるそうです。


番組内で背中をゴシゴシ擦ると
どれだけ体温が上がるのかを
実験していましたが、

お風呂で普通に温まった後の体温と
背中を擦った場合を比べると

  • 37.2℃→38.5℃(+1.3℃)
  • 37.1℃→37.7℃(+0.6℃)

という結果が出ており、
しっかり背中を洗うだけで
けっこうな体温の上がり方をしてました。

検証人数が2人なので
温度の上がり方の差が激しく
平均値が分からないのが残念ですが
体温が1℃前後上がるのは確かなようです。

私はあまり背中をゴシゴシ洗うと
肌が乾燥するし、痒くなるので
今まで、やんわり洗ってたんですが
これだと体温上がりにくいんですね(;・∀・)

ゴシゴシは出来ないけれど
入浴時に肩甲骨を動かすことは
意識してみようと思いました。


そうやって、入浴時に上がった体温を
今度は下げる必要がありますが
白濱先生は

入浴後 体温を下げるために
お風呂上がりに冷たいを1杯飲む


ということを行ってるそうです。

冷たい水を飲むことで
体の中から体温を下げてるんですって。

この「体温の上げ&下げ」により
寝付きが良くなるそうです。

賢くお風呂を利用して
体温を上げてから下げましょう。


…ただ、これは「質の良い睡眠」を
得るための入浴法なんですね。

美肌目的だと、意識するポイントも
入浴後の行動も違ってくるんですよ。

次の記事では、それを詳しく紹介します。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ