おでこのシワの原因として、一番に挙げられるのは、
紫外線や乾燥による老化現象ですが、実は顔のたるみ、
それも、瞼のたるみが原因であるケースがあります。

私は、この事実を知った時には、

「いくら、人間の体が一枚皮で繋がってるからって、
 そんな無茶な話があるものかw」

と、ちょっと笑ってしまったのですが、
今となっては、反省しております。

だてに、皮膚(皮)や筋肉が連動してるわけじゃない。

いや~人間の体って、本当に上手いこと出来てるな、
なんて感心してしまいましたよ。

ある意味では、表情じわが原因でもありますので、
おでこのシワに悩んでる方は、今から書く「ある表情」を
していないかどうか、ちょっと確認してください。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

瞼の皮膚がたるむと、まぶたを引き上げる筋肉の働きが悪くなり、
その結果、視界が狭くなってしまうのをカバーするため、
額や眉を上げることが必要になります。

それを続けていると、おでこにシワが寄るんです。

最終的に、その寄ったシワが固定されてしまって、
深いシワが、おでこに刻まれてしまう、と。

同じような動きになる「目を大きく見開く」という表情も、
おでこのシワの原因になりますからね。

ビックリ顔が癖になってる方、気をつけて下さい。

また、女性の場合は、アイメイクの時の顔がヤバイです。

「ヤバイ」という言い方は、変なんですが、
けっこう危険度が高いと思いますよ。

マスカラ・アイラインを引くときに、目の際までつけてる方、
その時の顔、特に目はどうなってますか?

思いっきり見開いたりしてませんか?

メイク中は、かなり無防備な顔になってて、
「口が半開きになった!恥ずかしいっ!」となりますが、
目の開きすぎにも、注意が必要なんですよ。

眉やおでこの皮膚を引き上げなきゃいけないほどに、
目を見開いてメイクするのは、老化への一歩です。

ちなみに、瞼のたるみが肩こりや偏頭痛の原因にで書きましたが、
瞼のたるみは、こんな順番で筋肉が連動してしまい、
思いっきり「負の連鎖」を起こします。


瞼がたるんでいると、瞼の筋肉の収縮に力が要る。
 ↓
その影響で、眉を上げる筋肉が収縮。
 ↓
さらに連動して頭・首の筋肉が収縮。
 ↓
アゴが前に出てしまう。
 ↓
肩こりや偏頭痛などの症状が出る。
おでこにしわができる。
目の上の窪みと、目の下のたるみができる。



こんな感じです。

おでこのシワの原因が、瞼のたるみにあるという事や、
「人間、一枚皮(と筋肉)で繋がってる」のが、
お分かりいただけましたか?

おでこのシワが気になってるし、瞼のたるみも気になるという方、
今すぐ、瞼のたるみに効くマッサージを開始して下さい。

今のところ、瞼のたるみは気にならないという方も、
おでこのシワの原因となる表情をしないように、
今後、気をつけるなどして下さい。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ