油断すると、肌がカサついたり、
粉をふいたりと、乾燥に悩む季節が
やって来ました。

乾燥は肌状態を不安定にしたり
老化の原因になるので
出来る限り防ぎたいところ。

そのためには、1も2もなく保湿が
大切なんですが、
その保湿の前に「落とす」ことも
とっても大切なんです。


どうも乾燥対策というと
肌に塗ることばかりが重要視され
「落とす」ことが疎かにされがちなので
今日は、落とす事の大切さを
説明したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

肌に汚れが残ってると、保湿成分が浸透しにくい


ここで言う「落とす」というのは
洗顔によって、メイク・汗・皮脂を
取り除く
ということを意味します。

なぜ、そんなに洗顔で色んなものを
落とすのが大事かと言うと
肌に汗や皮脂、メイクが残ってると
洗顔後につける保湿化粧品の
成分の浸透を妨げるからです。


汗、皮脂、メイクなどの油分が
保湿成分が肌に入るのを邪魔して
スキンケアの効果を減らしちゃうんです。

これでは、どれだけ高品質な
保湿化粧品を使っても
きちんとした効果が得られません。

洗顔で余分なものを落とすことは
「肌へ有効成分を滞りなく届ける」
ことにも繋がってるんですよ。

また、洗顔は古い角質を取り除き
肌の新陳代謝を促進する事に
繋がります。


肌の新陳代謝が滞ると
肌荒れ、乾燥、老化に繋がるので
こちらの方面でも洗顔は大切です。

乾燥から肌を守りたいのでしたら
この洗顔の重要性を意識して下さい。


摩擦や落としすぎに注意


「洗顔で落とすことが大事ですよ」
と言うと、何もかもを奪いとるように
洗顔しまくる人が居ますが
それは止めて下さいね(汗)

肌に汚れが残るのもダメですが
強く擦りすぎて、刺激を与えるのも
肌にとってはよくありません。


肌に負担をかけないように
優しく、直接肌を擦らないように
丁寧に肌を洗って下さい。

また、熱いお湯は肌の水分を
一気に奪っていってしまうので
ゆるま湯で洗うようにしましょう。

メイクを落とす時には
短時間でメイクと馴染むもので
肌に必要な潤いまで取らないものを
選ぶようにしましょう。

そして、メイクに合わせた
メイク落としを使いましょう。

大は小を兼ねるとばかりに
洗浄力が高すぎるものを
常に使ってると、それが乾燥を
引き起こします。

きっちりメイクを落とす時用、
軽めのメイクに合わせたもの
というように、使い分けするのがベストです。

肌に不要な汚れ以外の
角質や皮脂は取り去らないよう
気をつけて下さい。


「皮脂を残す」のも問題


最近は、皮脂を落とし過ぎると
良くないということから
落とし過ぎを防ぐ洗顔料が
たくさん出てきています。

それ自体は悪い事ではないですが
「古い皮脂が肌に残る」のは
肌によくありません。

肌表面に古い皮脂が残ると
酸化が起こり過酸化脂質に変化します。


これは活性酸素を生み出す事になり
肌老化の原因になります。

落とし過ぎもダメだけれど
変に肌に残すのも良くないんです(汗)

余分な皮脂は、きちんと落とし
かと言って、過剰に取り過ぎはしない。


そこを目指して下さい。


落とした後は、きっちり保湿


汚れを落としたら、そのまま放置せず
すかさず保湿しましょう。

この時、セラミドなどの
「肌に水分を保つ」成分を与えると
肌が潤いを保てるようになります。


潤いを与えるのも大切ですが
それを保つ事が出来るようにするのも
乾燥が気になる肌には大切です。

こういう成分は「細胞間脂質」と言い
潤いを保つと同時に、
水分を蒸発から防ぐ役割もあります。
(外的刺激から守る働きもあります)

肌の乾燥対策として、
とても役立ってくれる成分なんですが
年齢とともに、減ってきてしまうので
化粧品で補ってあげましょう。

そして、潤いを保てる肌になるようにしましょう。


以上、保湿の前に「落とす」ことの
大切さでした。

「なんか当たり前の事ばかりだな」と
思ったあなた。

その当たり前のこと、きちんと出来てますか?

寒いから、面倒だから、といって
洗顔を疎かにしてませんか?

きちんと、毎日汚れを落としきってると
自信を持って言えますか?

…これが、案外言えないものなんですよ。

その「いい加減にしてきたツケ」が
どんどん積み重なり
肌の保湿を妨げてたりするんです。

高い保湿成分が配合された
化粧品を使うのも良いけど
今一度、毎日のスキンケアの
「落とす」部分の見直しもして下さいね。


■管理人が試したセラミド配合の保湿する化粧品


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ