「年をとると、厚化粧は余計に老けて見える」

なんて言われていますが
まさに、今、それを実感しております。

肌の難を隠そうと、
ちょっとファンデを厚塗りした途端に
顔が老けるの何の(;´Д`)

ヘタすると、肌にシミ・しわ・ムラが
あるよりも、ツヤ感がない方が
老けて見えたりするくらいです。

マットな質感なんて、もってのほか!

「肌のツヤ感こそが、若見えの秘訣」
と言っていいほどに、見た目年齢を
左右するポイントとなります。

では、この若見えのポイント
「肌のツヤ感」を出すためには
何をするべきなのか。


今日はそれを、お話したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

メイクの前の保湿ケアが大事。


肌のツヤ感を出すには、
肌の乾燥を防ぐことが何よりも大切!

そのためには、メイク前の肌を
しっかり保湿しなきゃいけないんです。


メイクのテクニックだとか
乾かないファンデ選びだとか
そんなのは二の次です(キッパリ)

大元の土台である肌を
徹底的に保湿することこそが
一番必要なことです。

保湿力のある化粧下地を塗るからと
基本のスキンケアの手を抜いてませんか?

きちんと、化粧水→美容液と塗り重ね
それらを丁寧に肌に馴染ませて
保湿成分を肌に浸透させて下さい。

ここで、肌をしっかり保湿しておけば
自然と肌にツヤが生まれますし
トーンも上がります。

逆に、この段階で手を抜いてしまうと
肌が乾燥しやすくなり
ファンデーションがムラになりやすくなります。

すると、それを隠そうとして
厚塗りになってしまい
ツヤもなければ、シワが目立ちやすい
老けた肌状態になってしまいます。

自分の肌から生まれた自然なツヤや
透明感に勝るものはありません。

「ここで勝負が決まる!」くらいの
気合で、保湿ケアに勤しみましょう。


保湿力のある下地を使う


下地クリームを塗るのは面倒だ、
という理由で省く方も多いですが
ファンデーションを肌に密着させる為には
大切なアイテムなんです。


ファンデが肌にピタッと密着すると
ムラなくキレイに仕上がるので
薄付きでも肌はキレイに見えます。

逆に、密着していないと
化粧崩れしやすくなりますし
ヘタすると、ヒビが入ります。

また、ムラを隠すために何度も塗るので
結果として、厚塗りになってしまい
肌のツヤが消えてしまいます。

もう、いかにも厚塗りのオバちゃんですよね(汗)

こうならないよう、下地はきちんと使いましょう。

また、肌の乾燥を防ぐために
保湿力のある下地を選んで使いましょう。


とにかく、メイクをする前に
徹底的に保湿することが大切です。

下地を使った時点で
肌にツヤがない場合は
保湿が足りないと判断して下さい。


本当に自分に合ったファンデを選ぶ


一般的に肌が乾燥する時は
パウダーファンデーションより
油分が多いリキッドファンデや
クリームファンデを選ぶように言われてます。

パウダー(粉)は皮脂を吸収するので
肌が乾燥しやすくなるが
リキッドやクリームなら油分がある分
肌を乾燥から守る、というんですね。

このため、これら2つを使うよう
勧められることが多いのですが
その一方で、これらのファンデは
粉を液体に分散させるために、
界面活性剤を使用している上、
水分を含むので防腐剤が含まれます。

その為に、肌への刺激が強く
この刺激で肌が乾燥すると言われてます。


実は私自身が、この刺激に
負けるタイプの肌のようで
ヘタなリキッドファンデを使うと
肌が乾燥します。

美容成分が配合された
パウダーファンデの方が
よっぽど肌が乾燥しないんです。

なので、一概にリキッドタイプや
クリームタイプのファンデが
肌の乾燥予防に良いとは言えないかと。

また、パウダーだから、リキッドだから
と、種類にこだわるのも危険です。

私なんか、あるリキッドファンデは
肌が乾燥したけど、
美容成分が入ってるのは大丈夫
なんてこともありましたし。

きちんと自分の肌の状態を確認し
自分に合ったファンデを選びましょう。


美容成分配合のファンデを選ぶ時も
その成分が自分に効果があるかどうか
ちゃんと確かめて使って下さいね。


ツヤ>>>>>カバー力


最後のこれは、私個人の考えですが
カバー力が高いファンデより
透明感やツヤを出すものを選ぶ方が
肌が若く見えます。


高いカバー力でシミやムラを
隠してくれるファンデで
マットな質感の肌になるよりも
多少、肌に粗はあれども
ツヤがあって、ツルンとした肌の方が
パッと見、キレイなんですよね。

肌のツヤが、その光でもって
粗を見えにくくしてくれますし。

なので、ヘタに粗を隠そうとするより
「肌がキレイに見えるよう」に
ツヤを優先することをおすすめしたいです。


いかがでしたでしょうか?

これらを参考に肌のツヤ感を出し
若見え肌になるよう頑張って下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ