肌のハリ・弾力を保つために、
美肌を維持するために、
日常的に何かされてることがありますか?

と聞くと「コラーゲンを飲んでます」
と答える女性がとても多いです。

あとは、ビタミンCも多いかな。

この2つのどちらかを
美容ドリンクとして飲んだり
食べ物で摂取しようと努力してる方が
多いと思います。

私自身もこの2つの成分を
「美肌のための二大双璧」
だと思っているのですが
ここへ来て、第三勢力の存在を知りました。

それはプロテインです。

「プロテインって、ムキムキな人が
 摂ってるやつでしょ?」という
イメージしかなかったんですが
これが、なかなかの美容成分なんです。

「コラーゲンよりプロテイン!」
って方も居るくらいなんですよ。

なぜ、そんなに支持されるのか。
その理由を説明しますね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

美肌をつくるためには、たんぱく質が不可欠


髪や爪、肌、筋肉など私たちの体は
主にたんぱく質から出来ています。

だから、必要なたんぱく質量を
きちんと摂取できていれば
新しく作られる髪や肌の質が良くなり
肌のハリ・ツヤがアップしたり
髪や爪もキレイになります。

「体を新しく作る」ため、
とても大切な成分なんですね。

また、肌にハリとツヤを生み出す
コラーゲンの原材料でもあるので
たんぱく質の摂取は
美肌には欠かせないんです。


なのに、1日に必要なたんぱく質量が
摂れている方は、意外に少なく
不足しがちなんです。

そこで、登場なのがプロテイン。

プロテインは「高たんぱく質食品」

しかも、消化吸収を良くするため
低分子化してあるので
プロテインを飲めば、かなり効率的に
たんぱく質を摂取できるんです。

ひいては、美肌・美髪に繋がるし
顔のたるみ改善にも良いというわけです。


直接、アミノ酸を摂ってしまう方が早い


上の説明だけを読むと

「たんぱく質を摂って
 体内でコラーゲン生成を助けるより
 コラーゲンいっぱい飲むほうが
 効率よくない?」

と、一瞬思ってしまいますが
これが、そうは上手くいかない。

コラーゲンそのものを飲むんでも
全部が全部コラーゲンになるわけじゃないんです。


まず、たんぱく質は、アミノ酸が
たくさん組み合わさって出来ています。

たんぱく質の一種である
コラーゲンも、数種類のアミノ酸が
組み合わさって出来ています。

コラーゲンを飲むと
一度、アミノ酸にまで分解されます。

その中の、「リシン」「プロリン」という
アミノ酸がコラーゲン合成の材料になります。

ここで重要なのが、全部が全部
「リシン」「プロリン」にならないということ。


大部分が「ヒドロキシリシン」と
「ヒドロキシプロリン」というアミノ酸になり
これらは、コラーゲンの材料にはなりません。

リシンとプロリンだけが
コラーゲン合成の材料になるんです。

コラーゲンをそのまま飲むのは
そんなに効率が良くないんです。

コラーゲン生成の材料になる
リシンとプロリンというアミノ酸を
そのまま摂っちゃう方が早いんですね。


ただし、1種類のアミノ酸だけを
過剰に摂ってしまうと
ショック症状が出る危険性がある事や
肝臓や腎臓に負担がかかるので
種類に偏らず、バランス良く
アミノ酸を摂取することが大切になります。


そこで、高たんぱく低カロリーで
かつ、アミノ酸バランスが良い
とされているプロテインを飲む人が
増えている、ということです。


美肌のための、プロテイン摂取方法


実はプロテインには、種類があり
動物性と植物性に分かれます。

動物性のプロテインは、
筋肉にも脂肪にもなりやすい
という特徴があります。

私たちが、よく想像するプロテインはこれですね。

間違っても、こちらを飲まないように!
ムキムキマッチョになりますw

私たちが選ぶべきなのは
植物性のプロテインです。


植物性のプロテインは
筋肉がつきにくく、脂肪にもなりにくいです。

また、一度つくと持続性があり
ダイエットをして体重を落としても
たるまないという特徴があるので
ダイエットしてる人にもおすすめ。

美肌や引き締まった体になりたい人は
玄米や大豆から作られている
植物性プロテインを摂りましょう。

摂取の目安は、体重1kgあたり、1gです。

体重50kgの方なら、1日に50gの
プロテイン(たんぱく質)が必要ということですね。

美肌目的(顔のたるみ改善目的)で
プロテインを飲むのなら
肌は寝ている間に作られるので
就寝前がベストです。

また、コラーゲンを生成するには
たんぱく質(プロテイン)と
ビタミンCが必要になので
プロテインを摂る時には
ビタミンCを同時に摂取すると良いでしょう。

ただし、摂り過ぎには注意して下さい。

たんぱく質は食事からも摂れるため
必要以上にプロテインを飲むと
過剰摂取になり、太りますし
内蔵に負担がかかります。

あくまでも「足りない分を補う」ため
摂取するようにして下さい。

「今日はわりと、たんぱく質摂れた」
と思ったら、プロテインを控えるなど
ある程度の調整しましょう。


以上、プロテインの意外な美容効果でした。

プロテインって、ボディビルダーが
飲んでムキムキになるもの、
というイメージが強かったので
本当に意外でした。

ちょっと意識してみたいな~と思います。

「みちっとしたハリが出た」なんて
経験談も見かけましたし。

ただ、気軽に飲み続けるという点では
どうにも味がネックになりそうなので
その点では、コラーゲンドリンクに
軍配が上がるでしょうね~。

コラーゲンの他に、ビタミンCや
ヒアルロン酸が入ったものも多いし
カロリーも極力抑えられているし
味も美味しいものが多い。

そこらへんの利点を考えて
あえてコラーゲンドリンクを選ぶ人も
居るだろうなって感じ。
(私もそうなりそう)

私が知らないだけで、美味しく
飲みやすいプロテインがあるなら
飲んでみたいなぁ。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
 カテゴリ