今日は、前記事に引き続き
予約殺到!スゴ腕の専門外来SPから
腸内環境改善効果のある
エクササイズ
を取り上げます。

番組の内容的には
腸内環境を改善し、大腸がんを予防や
インフルエンザを予防しようというものでした。

腸内環境が悪化=便秘という
印象が強く「便秘ぐらいで~」と
楽観視する方もいらっしゃいますが

うつ、不眠、生理不順、冷え性、
肩こり、肌荒れ、口臭、体臭、
大腸がん、むくみ、免疫力低下、
アレルギー、認知症

など、便秘が原因で起こる症状は
数えきれないほどあります。

腸内環境が悪いことが
どれだけ体に悪いか
も説明するので
便秘気味な方は、この記事を読み
真剣に腸内環境を整えることを
考えてみてください。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

腸内環境が悪いと有害なミネラルが体に溜まる


ここで、日頃から便秘に悩んでて
「1週間便秘が続いてる」という
鈴木奈々さんの体内のミネラルをチェック。

ミネラルには健康を保つために必要な
必須ミネラル
多すぎると体に悪影響を及ぼす
有害ミネラルの2種類があります。

有害ミネラルには、水銀・ヒ素・
鉛・カドミウム・アルミニウムがあり
見るからに体に悪そうです(汗)

体内の有害なミネラルというのは
腸から8~9割排出されてると
言われていてます。


実際、鈴木奈々さんの腸内を調べると
アルミニウム、ヒ素、カドミウムといった
有害ミネラルがかなり多め。

有毒なミネラルが溜まってしまうと
必要なミネラルの場所がなくなり
留まれなくなります。

だから、腸内環境が悪いと、
有毒なものが出て行かないから
有害なミネラルが溜まりやすくなるんです。


それにより、免疫機能も低下するなど
かなり悪影響が出るようです。

この後、鈴木奈々さんは
腸内フローラも調べてましたが
こちらもかなりバランスが悪く
腸内フローラは60歳以上で
腸が老化してると指摘されてました。

特に顕著に現れたのが善玉菌の少なさ。

善玉菌の「ビフィドバクテリウム」は
基準値の8分の1以下しかない。

その他、日和見菌の中の
「フェーカリバクテリウム」も少ない。

これは近年、善玉菌のような働きを
する事が分かってきた「酪酸菌」の一種。

これなんかは…なんと45分の1以下!

便秘が腸内環境を悪くする
最大の要因だということが
良く分かりますね(;・∀・)

腸内細菌の最も良いバランスは
善玉菌:2、悪玉菌:1、日和見菌:7

これに対し、鈴木奈々の腸内細菌は
善玉菌が著しく少ないため
今後、悪玉菌が増える可能性が高く
このまま放置しておくと
大腸の病気になる可能性が強い
とのこと。


腸内環境は食べ物と運動でコントロールする


野菜を多く摂って、ヨーグルトなどで
乳酸菌を摂って、運動を加味すれば
必ずや改善される
と。

大切なのは食事と運動なんですね。

「健美腸外来」という腸の専門外来が
設置されている
小林メディカルクリニック東京では
腸内環境改善のための食事の指導も
行っています。

鈴木奈々さんの便秘の原因は
ほぼ毎日食べている肉類中心の
食事なので野菜中心の食生活に
変えるよう指導されていました。

また、この小林先生が考案した
腸内環境を整え、大腸がんを予防する
健美腸体操
を毎日行った結果
毎日快便になったそうです。


腸内環境を整える「健美腸体操」のやり方


健美腸ランニングマン
椅子に座ったまま、走る時のように
腕を振り、腿を上げて
「座りながら走る」ように動かします。

肘と膝をつけるようにするのがポイント。
(右肘と左膝、左肘と右膝を付ける)

最初はゆっくりで良いので
慣れてきたらスピードを上げて下さい。

年配の方や、膝・腰が痛い方は
ゆっくりペースでやって下さい。

1日2~3分ほどで良いそうです。


安心してください 押せてますよ体操
  1. 左足を上にして足を組み
      左足の付け根部分にこぶしを置く

  2. 前にかがみながら、こぶしで押す

これを1日10~20回くらい行いましょう。

腸には動きが悪くなりやすく
ガスや便が詰まりやすいポイントがあります。

この運動で、腸の詰まりやすい部分を
安全に的確に圧迫することが出来ます。

食べ過ぎた時は、足を組みかえ、
逆もやりましょう。


これで腸全体を刺激することが出来ます。

鈴木奈々さんは、この運動を
トイレに入って「出にくい」時に
やるんだそうです。

すると、ちゃんと出るようになる、と。

どちらも簡単で、負担も少なく、
どこでも出来る運動なので
便秘がちな方、ぜひ習慣にして下さい。

現在、日本人のがん死亡者数は
男性も女性も大腸がんがトップです。


こういった大腸の病気予防のためにも
便秘を軽視せず、改善して
腸内環境を整えていきましょうね。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ