運動不足解消のために
ジョギングやランニングを始めようと
思っているのだけれど

ジョギングやランニングをすると
走る時の振動で、
顔のたるみがひどくなった


という説があるのが気になる。

熱心に走る人が多いNYでは
たるんだ老け顔のことを
「ランナーズ・フェイス」なんて言うらしいし。

顔のたるみが気になるなら
走らないほうが良いのかなぁ…?

――という、ような心配をされてる方が
けっこういらっしゃると聞いたので
「顔のたるみは走ると悪化するのか」
について、説明したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

「走る」の程度による


ランニングやジョギングなど
「走る」という行為が、
顔のたるみを悪化させるかどうか。

これ、イエスでもあり、ノーでもあります。

走る、という行為がダメなんじゃなく
それが「激しい運動」となるとダメなんです。

人は激しい運動をすると
ハァハァと呼吸をしますよね?

この呼吸時に酸素をいっぱい取り入れ
同時に、活性酸素も取り入れてしまい
体を酸化させてしまいまい
老化を促進させることになります。


だから、もし、あなたが
呼吸が荒くなるほどに
しっかりと走りこんでいるのなら
その影響が出て、老化を促進してる
可能性はあります。

また、走ってて苦しいとき、
歯を食いしばったり、
顔を歪めたりする癖があるなら
これも、たるみやシワの原因となります。


「お気楽ラン」にすれば問題なし!


「やっぱり走るのって
 顔のたるみに良くないんだ」
と言って、走ることを止める必要は
全くありませんからね。

運動不足も顔のたるみの原因に
なってしまうので
走る(運動する)こと自体は
むしろ、良い事なんですよ。

同じく顔のたるみの原因である
冷え性だって解消しますし。

運動不足が顔のたるみの原因になる
顔のたるみで悩んでる人は冷え性

呼吸が荒くなったり、息切れする程
早いスピードで走らなきゃ良いんです。


「ちょっとキツいな」くらいの
適度な運動になるくらいの
「お気楽ランニング」に
切り替えてしまいましょう。

これなら、活性酸素の影響は出ないし
血行が良くなるから
肌に酸素や血液が行き渡りやすくなり
肌状態も良くなります。

実際、「私は走り出してから
顔がたるむどころか
肌がイキイキしてきましたよ」
という体験談もよく見ますしね。

こういう方は、「お気楽ラン」を
楽しんでる方なのだと思われます。

あなたも、息切れしない程度に、
また、あまり長時間にならないよう
「お気楽ラン」を心がけて
イキイキした肌を手に入れちゃいましょう。

または、もう「走る」んじゃなく
より負荷が少ない「歩く」に
切り替えるのも良いと思いますよ♪


ちなみに、どうしても走る時の
顔の筋肉の「上下の振動」が
気になるのでしたら
走った後に、表情筋エクササイズを
してあげれば良いんです。

走った後、体の筋肉をほぐすため
ストレッチをしますよね?

あんな感じで顔のストレッチとして
表情筋エクササイズを行いましょう。

そして…一番忘れちゃいけないのが
紫外線対策です。


「ランナーズ・フェイス」は
紫外線対策の怠りも原因のひとつです。

きちんと、帽子をかぶったり
日焼け止めを塗るなどして
紫外線対策を怠らないようにしましょう。

特に、秋冬は怠りがちですが
日差しが弱くなってるだけで
秋冬も紫外線がなくなるわけじゃありません。

一年中、紫外線対策は怠らないよう
気をつけて、「お気楽ラン」を楽しんで下さい。


■管理人が試した顔のたるみを改善する化粧品


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ