最近、やけに頭がかゆい。

毎日ちゃんとシャンプーしてるし
特に傷もないはずなのに、おかしいな~。

こんな症状に悩まされてるあなた。

あなたの頭皮のかゆみは
花粉症が原因かも知れません。


花粉症というと、目のかゆみや
鼻水・鼻づまり、といったものが
真っ先に思い浮かびますが
実は頭皮にも影響するんです。

人によっては、他の部分には
花粉症らしき症状は出ないのに
頭皮のかゆみだけ出る、なんてことも。

これを知らず

シャンプーの回数を増やす
頭をかきむしる

などを繰り返していると
かゆみが増すのはもちろん
薄毛・抜け毛を引き起こします。


花粉症による頭皮のかゆみを
改善するためにも
薄毛や抜け毛を防ぐためにも
正しい対策方法を取らなければ
いけません。

では、具体的にどういった事を
すればいいのか。

今からそれをお伝えします。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

かきむしるのは厳禁!


頭皮がかゆくても、かきむしらない。
まずはこれを徹底して守りましょう。

頭皮をかきむしることによって
表皮を無理やり剥がすことになり
頭皮のターンオーバーが乱れます。


すると、頭皮が乾燥しやすくなります。

頭皮の乾燥は、バリア機能を弱らせ
かゆみを強くさせてしまいますし
雑菌の繁殖を抑制する力を弱らせます。

また、頭皮をかきむしると
かきむしった所に傷ができ、
炎症が起こってしまいます。

すると、この炎症を修復しようとして
フケが大量発生します。

フケは雑菌が好む「餌」となります。

頭皮のバリア機能が弱って、
雑菌の繁殖抑制力が落ちた所へ
フケが大量発生するのですから
ものすごく雑菌が繁殖しやすい状態となります。

当然、頭皮状態はどんどん悪化し
これが抜け毛や薄毛へと繋がります。


また、頭皮が乾燥してしまうと
これを防ぐため、皮脂の分泌が
過剰になってしまいます。

そして頭皮のベタつきが増し
さらに頭皮環境が悪化します。

このように、頭皮をかきむしる事は
頭皮環境を大きく悪化させてしまいます。

他の対策と合わせて、
むやみやたらに、頭皮をかかない
ということを常に意識して下さい。


頭皮に花粉がつかないようにする


帽子をかぶるようにして
頭皮に花粉がつかないようにしましょう。

髪が長い方は、髪をまとめ
帽子の中に入れてしまえば
髪に花粉がつくことを防げるので
おすすめです。

「帽子をかぶると頭がかゆい」
という方は、日傘を利用しても良いですね。

帽子ほどではありませんが
頭皮に花粉がつくのを防いでくれます。

こういった対策は、
アレルギー反応を防ぐだけでなく

「頭皮に付いた花粉が毛穴に詰まり
 それが雑菌を繁殖させ、
 かゆみを発生させるのを防ぐ」


ということにも繋がりますので
面倒臭がらずに、やって下さいね。


自宅に花粉を持ち込まない


外出時に、どれだけ花粉対策をしても
家の中に花粉を持ち込んでしまうと
意味がありません。

家についたらまず、玄関先で
髪の毛や洋服についた花粉を
はたいて落とします。

また、可能ならば、帰宅後
すぐに入浴し、髪や体についた花粉を
洗い流してしまいましょう。

朝シャン派の人も、この時期だけは
きちんと夜にシャンプーして
次の日にまで花粉を持ち越さないように!



体内への侵入を防ぐ


頭皮のかゆみは、喉や鼻などの
粘膜についた花粉が体内に入り
血液中にアレルギー源が存在する
ということで起こる
と言われてます。

そのため、出来るだけ体内に
花粉を侵入させないように
気をつける必要があります。


喉や鼻の粘膜の付着を防ぐため
外出時には、必ずマスクをしましょう。

また目の粘膜からの侵入を防ぐため
花粉対策眼鏡の使用も考えて下さい。

要するに普通の花粉症対策ですが
「頭皮のかゆみだから」
という理由で、頭皮にしか
気をつけない方がけっこう多いんです。

頭皮以外も花粉に触れないように
十分、対策してください。


刺激のないシャンプーを使う


「花粉をよく落とすために
 よく洗わなきゃな!」
と、髪を洗うことは良いのですが
その時に使用するシャンプーに
気をつけて下さい。

特に、よく汚れを落とします!系の
シャンプーを使ってる方。

そういうシャンプーには
髪の汚れを落としやすくするため
「合成界面活性剤」が配合されています。

こういうシャンプーは
確かに汚れをよく落としてくれますが
その分、頭皮の皮脂も必要以上に
落としてしまいがちなんです。


ただでさえ、花粉の影響で
乾燥しがちになっている頭皮から
さらに皮脂を奪ってしまい
頭皮状態を悪化させることに
なってしまいます。

頭皮のかゆみを改善したくて
シャンプーしてるはずなのに
それが余計に、かゆみを悪化させた
なんてことになりかねません。

そうならないよう
アミノ酸シャンプーなど
洗浄力が優しめで低刺激なものを
選んで使うようにしましょう。


保湿力が高いものを選ぶと
さらに効果的です。

…実は私の父がこれで
春先の頭皮のかゆみがなくなりました。

もともと、肌が弱いせいか
頭皮にも湿疹やかゆみが出ることが
とても多かった父ですが
保湿力の高いアミノ酸シャンプーを
使うことで、劇的に改善したようです。

今年も頭皮のかゆみがないと
喜んでおりました。

「刺激がなく、保湿力が高い」
という事は、頭皮環境を守るために
大切なことなんだなーと
しみじみと感じました。


「頭皮の洗い過ぎ」もダメ!


「頭皮に花粉をつけないように!」
と思うばかりに、1日に何度も
シャンプーする方が居ますが
これは止めて下さいね。

頻繁にシャンプーすると、
頭皮や髪の皮脂を過剰に奪い
乾燥してしまいます。


ここまで読んだ方なら
お分かりのとおり、
頭皮の乾燥は、頭皮環境の悪化に
繋がりますし、頭皮のかゆみを
さらに強くさせてしまいます。

かゆみは強くなるわ、
頭皮環境が悪化して
薄毛や抜け毛が進行するわで
何も良いことはありません。

「過ぎたるは及ばざるが如し」
という言葉を肝に銘じて
洗いすぎないよう気をつけて下さい。


以上、花粉症による頭皮のかゆみ
改善方法
でした。

これは同時に、
花粉症が原因の頭皮環境の悪化の
影響による薄毛や抜け毛を防ぐ方法
でもあります。

薄毛や抜け毛が気になってる方は
「なんか、最近頭がかゆいなー」
と思ったら、それを放置しないで
これらの対策をしっかり実行し、
頭皮環境の悪化を防ぐようにして下さい。


■管理人が試したアミノ酸系シャンプー


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
 カテゴリ
 タグ