2016年3月15日放送の
林修の今でしょ!講座では
「話題の甘酒のすごい力を学ぼう」
という甘酒の特集がありました。

美容に健康に非常に効果的な
飲み物として人気の甘酒。

その甘酒のもつ

睡眠不足解消、免疫力アップ
目の下のクマ対策、血圧上昇抑制
肌荒れ対策

といった、5つの効果を得るために
どの甘酒を、どのタイミングで
どうやって飲むのが最適なのか

各分野の名医が説明しており
とても参考になりました。

この甘酒パワーを最大限に引き出す
「正しい飲み方」
をまとめたので
皆さまにも紹介したいと思います。

全部を一度に紹介すると長くなるので
今日はまず、睡眠不足解消と
血圧上昇抑制効果。

この2つの効果を最大限にひきだす
甘酒の飲み方を紹介しますね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

甘酒の種類


甘酒の最適な飲み方を紹介する前に
甘酒の種類について話をさせて下さい。

甘酒には酒粕から作られたもの、
米麹から作られたものの、と
2種類あります。

それぞれ作り方が異なっており

【酒粕での甘酒の作り方】
酒粕とは日本酒を精製した際に残る
搾りかすのようなもので
栄養がたっぷり入っています。

この酒粕をお湯を溶かし
砂糖と塩を加えて混ぜ
日本酒を加えれば完成です。


【米麹での甘酒の作り方】

米麹とは水洗いした米に麹菌を加え
4日間かけて甘みを生み出す麹菌が
麹になるまで繁殖させたものです。

この米麹と蒸した米を混ぜ10時間寝かせます。

これを沸騰したお湯の中に入れ
煮立ってきたら塩を入れ
甘みを引き立てれば完成です

このようになっています。

米麹から出来たものは
アルコールが入ってないので
子供でも飲めるというのが
最大の違いですね。

この2種類の甘酒の違いや特徴を
踏まえた上で、話が進んでいくので
よく覚えておいてください。


睡眠の質を上げる甘酒の飲み方


睡眠の質を上げるのは
清酒酵母が入った酒粕の甘酒です。

近年、筑波大学と大手メーカーの
共同研究で
酒粕からできた甘酒には
睡眠をよくすることが分かってきました。

酒粕からできている甘酒には
清酒酵母が豊富に含まれています。

この清酒酵母には
深い眠りを作る脳内物質
「アデノシン」
を活性化する働きがあります。

清酒酵母をとったグループと
清酒酵母をとらなかったグループの
睡眠の質を比較したところ

清酒酵母をとったグループは
質の良い睡眠時間が10~20%増えた


という結果が出ました。

このように睡眠の質を上げる効果が
とても高い清酒酵母なんですが
日本酒そのものに入ってるというより
搾りかすの方に多く残ります。

だから、その搾りかす(酒粕)で
作られた甘酒には
睡眠の質を高める効果が期待できる
というわけですね。

ここで言う、質の良い睡眠とは
声をかけても起きない
体が完全に休息している状態です。

質の良い睡眠をとると

  1. 脳や体の機能が一旦停止して
      リフレッシュする効果がある
  2. 記憶を整理整頓
  3. 成長ホルモンが分泌して体を修復
  4. 免疫力が上がる

など4つのメリットが得られます。

ぐっすりと眠れて疲れもとれるし
成長ホルモンによる肌の修復も
行われやすくなるしで
健康・美容面ともに嬉しい効果です。

この質の良い睡眠をとるための
最適な飲み方は

寝る1~2時間前に
摂取量→コップ1杯(200cc)程度


です。

体に吸収されるまで
1時間前後かかるので
寝る直前ではなく少し前に飲むのが◎

また、これくらいの量を飲むと
体も温まるし、体全体に吸収もされる
とのこと。

最近、不眠気味だ、とか、
眠りが浅くて疲れが取れにい、
なんて方は、この飲み方で
睡眠の質を上げていって下さいね。
(※ただし、効果には個人差があります)

またアルコールに弱い方は
飲むのを控えて下さい、とのこと。


血圧上昇を抑制する甘酒の飲み方


睡眠の質を上げるのは
ペプチドが入った米麹の甘酒です。

そもそも血圧はなぜ上がるのか。

血液の中には
悪さをしないホルモン
(アンジオテンシンⅠ)が
たくさん含まれています。

この状態であれば何も問題はないが
ストレスや肥満などが原因で
ACEという酵素が元気になり
悪い働きをするホルモン
(アンジオテンシンⅡ)に
変身させてしまいます。

アンジオテンシンⅡは血管を収縮させ
尿で出るはずの塩分を出させなくし
血液の中にためます。

結果、血圧がだんだん上がっていく。

これが高血圧を起こす仕組みのひとつ。

この「仕組み」を防ぐのがペプチドです。

米麹の甘酒に含まれるペプチドは
ACE(酵素)がアンジオテンシンⅡに
変えてしまうのをブロックします。


その結果、血圧の上昇にブレーキが
かかるというわけです。

甘酒は薬ではないので
甘酒を飲んだら急に血圧が下がる
ということもないようで
そういう所も体に優しくて良いですね。

この効果を得るためには

個人差はあるが、早くて3か月
長い人だと半年くらい。


これ位の期間飲んだほうが良いそうです。

また、血圧を上げるホルモンは
朝起きてから、日中よく働くので
朝飲んだほうが良いと考えられます。

これらの条件を守って飲むだけでも
血圧上昇抑制効果はありますが
イシハラクリニックの石原新菜先生は
さらなる効果アップを狙い
ジンゲロンが入った生姜をプラスしてます。

生姜にはジンゲロンなど
辛味成分が入っているので
これらの成分が末梢の血管を開いてくれ
血流を良くしたり、血圧を下げる効果が
期待できる、とのこと。

ただ入れれば良いわけじゃなく
生姜のおろし方もポイント。


実は生姜の皮の成分にも
利尿作用があって
尿で塩分を排出する成分が含まれている

だから、皮と一緒にすった生姜を
甘酒と一緒に摂って欲しい
とのこと。

そうすることで、血圧を上げにくくする
効果がより期待できるそうです。

甘酒+生姜、という定番中の定番な
飲み方に、こんなメリットがあるんですね。

皮ごとすり下ろすのが面倒ですが
さらなる効果アップを狙うなら
その手間も惜しまず頑張りたいところです。


以上、睡眠の質を上げる甘酒の飲み方
と、血圧上昇を抑制する甘酒の飲み方でした。

次記事では、免疫力アップ
目の下のクマ対策、肌荒れ対策の為の
甘酒の飲み方を紹介します。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ