2016年3月23日に放送された
「これがカラダの新常識
 若さと美のヒミツ」という番組で
ダイエット、美肌、快眠の
新常識が紹介されていました。

若さと美を手に入れる
驚きの秘訣を紹介!という感じで
なかなかに見応えがありました

その中で、腸内細菌の中に
人を太らせない細菌「ヤセ菌」
という、何とも有り難いものがあると
紹介されてました。

これがあれば、食べても太らない!
…ようになるかも知れないw

その「ヤセ菌」とは一体なんなのか
ヤセ菌を増やすにはどうしたら良いのか。

など、ヤセ菌情報をまとめました。

あなたが春からダイエット開始!と
意気込んでるなら、ぜひご一読下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

ダイエットのカギを握るのは腸内細菌「ヤセ菌」


皆さんは、フードファイターの
三宅智子さんを、ご存知でしょうか?

彼女、大食いの人にありがちな
「いくら食べても太らない」体質で
1日7000kcal食べても太らないんです。
(※7000kcal=とんかつ15枚分)

一般的な女性の3.5日分を食べるのに
身長152cm・体重42kgを保ってます。

三宅さんは何故太らないのか?
その理由のひとつが
腸内細菌の中の「ヤセ菌」です。


ヤセ菌とは、

ビフィズス菌とバクテロイデス

という2種類の腸内細菌の中に居る細菌です。

最新の研究では、このヤセ菌が
人を太らせない細菌であることが
分かってきました。

三宅さんの腸内の2つのヤセ菌を
日本人の割合を比べると
ヤセ菌の割合が特別に多いんです。

腸内細菌の割合が棒グラフで
表示されていましたが、私が見た感じ

【日本人の平均】
  • ビフィズス菌…10%
  • バクテロイデス…40%

【三宅さんのヤセ菌の割合】
  • ビフィズス菌…30%近く
  • バクテロイデス…40%

こんな感じでした。

ビフィズス菌がめっちゃくちゃ多いですね。


ヤセ菌が人を太らせない理由


東京農工大学特任准教授
木村郁夫先生に聞いてみたところ

腸内細菌は人間が食べたものを
エサにして様々な物質を放出している。

その中でヤセ菌が出すのが
「短鎖(たんさ)脂肪酸」

腸内で作られた短鎖脂肪酸は
血管を通り全身の脂肪細胞へと届けられます。

そもそも肥満は、血管から流れてきた
脂肪を細胞が取り込み、
どんどん巨大化すること。

短鎖脂肪酸があると、
この脂肪の取り込みを
ブロックしてくれるので
細胞が巨大化せず肥満を防げる。

短鎖脂肪酸は腸内細菌が作る
「天然の肥満を防ぐ薬」


この短鎖脂肪酸を出してくれるので
ビフィズス菌とバクテロイデスは
ダイエットの強い味方として
注目されてる、とのことです。

実際に、同体重(23g)のマウス2匹の
一方は、短鎖脂肪酸を混ぜたエサを
与えるようにし、もう一方には
混ぜないエサを、2週間与え続けたところ…。

白い粉入りのエサを食べたマウスは
体重23gのままだったのに対し
なしのマウスは約27gと
体重が20%も増えていました。

いやー、効果てきめんですね!

この効果てきめんの「ヤセ菌」は
基本的にはすべての人の中に
存在しますが、持っている量や比率に
個人差がある、とのこと。

ちなみに、

ヤセ金はお金で買えないのか?

マウスに与えた短鎖脂肪酸は
白い粉末状だったのですが
この白い粉を固めてサプリにして
飲むことはできないのか?

という質問が出ていましたが
それに対しては、

なぜ、腸内細菌が作る短鎖脂肪酸が
大事かと言うと
短鎖脂肪酸を食べても、
そのまま吸収され一瞬で分解され
長くは保たない

常に食べ物から腸内細菌が
分解していって
徐々に体内に供給してあげる
短鎖脂肪酸は効果が長く続く。

という説明がされていました。

サプリでも摂れるんでしょうけど
それだと効果が持続しないんでしょうね。

「とり続ける」ことが大事なようです。


ヤセ菌を増やすのには水溶性食物繊維を食べよう


ヤセ菌のエサになる食材は2つ
らっきょうとオートミール(えん麦)です。

この2つの食材には
共通のヤセ菌のエサが含まれています。

それは食物繊維。
それも水溶性の食物繊維です。

食物繊維を含む食べ物は
たくさんありますがが
水溶性の食物繊維の方が分解しやすく
短鎖脂肪酸を作りやすいんです。


より短鎖脂肪酸を腸の中で
作りやすくするためには
水溶性の食物繊維が良い、というわけ。

水溶性食物繊維が多い食材は
以下の食材が紹介されてました。

食材水溶性 / 不溶性
ひじき22.5g / 38.2g
らっきょう18.6g / 2.1g
のり10.8g / 15.6g
わかめ 9.0g / 59.9g
切り干し大根5.2g / 16.1g
オートミール3.2g / 6.2g
納 豆2.3g / 4.4g
ごぼう2.3g / 4.4g
(100g中の食物繊維量)

これらを積極的に摂るようにしましょう。

前述したように、これらの食材は
「徐々に体内に供給する」事で
短鎖脂肪酸の効果が長く続きます。

一度に大量に摂る、というのではなく
ペットのように毎日エサをやり
大事に育てることが大切になります。


番組内では、フットボールアワーの
岩尾くんが、オートミールと
らっきょうを毎日食べる生活を
2週間続けていました。

結果、バクテロイデスは減ったが
ビフィズス菌がかなり増えてました。

さらに、他の短鎖脂肪酸を作る菌も
少し増えており、健康にいい方向に
腸内細菌が変わっていると
判断されていました。


食材にこだわらず、どんな食事が
良いかということになると純和食だそうです。

木村先生曰く
純和食はヤセ菌のエサの宝庫なので
腸内細菌には良い食事、とのことです。

例えば、ゲストの白石加代子さんの朝食は

  • 五穀米のおかゆ
  • ぬか漬け
  • にんじんのきんぴら
  • 白菜の漬物
  • 焼き魚

という旅館で出てきそうなものですが
これが、ほぼ100点だそうです。

やっぱり和食ってカラダに良いんですね~。

私は基本和食派なので、
この結果については嬉しいですね♪

ひじきやごぼう、海苔も大好きです。

ただ、ビフィズス菌が足りない
という自覚もあるので
もっとビフィズス菌含む乳酸菌を
積極的に摂ろうと思います。


■管理人が試した乳酸菌サプリ


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ