2016年3月29日放送の
「その原因、腸にあり!」で
腸内環境を改善して、肥満、便秘、
肌荒れなどの悩みを解決しよう
という腸内環境特集がありました。

…ここんところ
やたらと腸内環境に関する番組の
まとめ記事を書いているので
今回は見ないでおこうかと思ったのですが

デブ菌

なるものの説明があると知り、
思いっきり食いつきました。

その名のとおり、これが原因で太るんです。

薄着になる季節を前に
体を引き締めにかかっている今
これを無視することは出来ません!

ということで、番組内で紹介されてた
デブ菌を減らす食材と
それを使ったダイエットレシピ
など
デブ菌についての情報をまとめました。

先日、紹介した腸内細菌の中にある、
人を太らせない「ヤセ菌」を増やす
方法
と合わせて読むと
より効果的だと思いますよ。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

デブ菌とは?


そもそも、なぜ人は太るのか。

順天堂大学医学部附属
順天堂医院教授の小林弘幸先生の
説明によると

腸内環境が悪いと、せっかく吸収した
栄養素が細胞に入ってくれなくて
全部皮下脂肪や内臓脂肪に行ってしまう。

とのこと。

腸内環境にカギがあるんですね。

特にその中でも重要なのは
腸内環境ので中のデブ菌です。

デブ菌というのは通称名で
その由来は2006年に発表された
世界的権威がある科学雑誌
「nature」に掲載された
ワシントン大学のある研究結果です。

そのワシントン大学の研究とは
肥満の人と痩せている人の腸内細菌を
腸内が無菌状態のマウスに移植し
エサや運動量を同じ条件で育てるというもの。

研究開始から、数週間後(35日後)、
肥満の人の腸内細菌を移植した
マウスだけ脂肪量が20%も増えたんです。

その原因を詳しく調べてみると
肥満の人の腸内細菌には
「ファーミキューテス門」と呼ばれる
菌が多い。


逆に、痩せている人の腸内細菌には
「バクテロイデス門」という菌が多い
という事が分かった。

その事から、肥満の原因とされる
ファーミキューテス門の菌を
「デブ菌」と呼ぶようになりました。
(バクテロイデス門は「ヤセ菌」と呼ばれてます)

デブ菌は必要以上に糖質や脂質を
溜め込んでしまう性質を持っていて
この菌を減らすことが肥満解消に繋がる

ということでした。

そのデブ菌を減らすのに
最強の食材というのが存在するんです。


デブ菌を減らし腸内環境を整える食材とは


デブ菌は、食物繊維をたくさん摂り
腸内環境を良くすれば減ります。

ただし、食べるべきなのは
食物繊維の中でも
水に溶ける水溶性食物繊維です。


大妻女子大学 家政学部食物学科
教授 青江誠一郎先生の説明によると

水溶性食物繊維にはデブ菌の餌となる
糖質や脂質の吸収を抑制する
という働きがあり、肥満解消に効果的


とのこと。

しかし、水溶性食物繊維を
多く摂取するためには大きな難点があります。

それは水溶性食物繊維が
豊富に含まれる食材は
一度に多くの量を食べることが
難しいということ。

水溶性食物繊維が多い食材として
エシャロット、にんにくがありますが
100g当たりで多いわけで
1日でたくさんの量を摂ることは難しい。

そんな中、デブ菌を減らすと言われている
水溶性食物繊維を多く含み
さらに気軽に食べられる食材があります。

それは「もち麦」です。


もち麦ってなに?


もち麦とは麦の一種です。

お米にうるち米ともち米があるように
大麦にもうるち麦ともち麦があるんです。

私は存在を知りませんでしたが
最近はスーパーでも簡単に手に入り
白米と混ぜ、もち麦ごはんとして
食べるのが一般的だそうです。

実際に、もち麦の食物繊維量を
見てみると、群を抜いて
水溶性食物繊維量が多い。


ごぼうが2.3g、玄米が0.2g、
レタスが0.1g、という中、
なんと9gもあるんですね。
(100g当たりの話です)


さらに、もち麦が最強の食材、と
いわれる理由があります。

もち麦には水溶性食物繊維の1つ
β-グルカンが豊富に含まれているんです。


β-グルカンは、もち麦の中央部分に
含まれているもので
体の中に入ると水分でゼリー状になり
糖質や脂質を包み込んで吸収を抑える
という働きがあるので

水溶性食物繊維β-グルカンが豊富な
もち麦を食べることでデブ菌が減る


というわけです。

もち麦はいつ食べるのが良いか?
ということですが、
おすすめは朝食で摂取すること。

朝食で摂取すると、
1日のカロリー摂取量や
血糖をコントロールできるんだそうな。

…しかし、朝、もち麦を食べるだけで
本当にダイエット効果があるのか?

それを検証するために
北陽の虻川さん、女優の信江さん、
そして一般被験者3人、という
合計5人の方に2週間の
「もち麦腸活ダイエット」を
行ってもらっていました。


もち麦腸活ダイエットのやり方


もち麦腸活ダイエットの条件は

  • もち麦ごはんを朝一膳食べる
  • それ以外の食事は普段通り
  • 期間は2週間

という3点のみです。

今回は
白米1:もち麦1の割合で挑戦。

2合炊く時は、水の量は目盛りの
2と3の間にしてください。

あとは軽く混ぜて炊くだけ。

炊いて余ったもち麦ご飯は
冷凍保存しても、有効成分は変わりません。

もち麦ごはん以外は何を食べても良いです。

もち麦ごはんの、お味ですが
プチッとした食感があり
もっちりしてて美味しいそうです。

ダイエットをはじめて
1週間が経過した頃、青江先生から

一種類の水溶性食物繊維だけを
摂り続けていると
腸内細菌も慣れてきてしまうので
いくつかの異なる食物繊維を組み合わせて
摂る方がより効果的

というアドバイスがあり

もち麦ごはんに乗せるだけで
デブ菌が減るという
食物繊維たっぷりの
「三豆丼」が紹介されていました。


三豆丼のレシピ


<材料>
  • 枝豆 50g
  • 絹豆腐 50g
  • きざみ海苔
  • 納豆 1パック
  • 納豆のタレ


<作り方>
  1. 納豆に付属のタレ、豆腐、枝豆を
      入れて混ぜる

  2. もち麦ごはんにかけて完成

青江先生いわく、
大豆には薄皮があり
非常に食物繊維が多い。

大豆のたんぱく質を摂取する
という意味でも有効なんだとか。

食物繊維の種類・量も増えるので
理想的な組合せ、とのこと。

信江さんが、早速食べていましたが
味が美味しいのも良いし
朝の忙しい時間帯でも
ささっと作れるので良いと言ってました。

続いて、虻川さんの旦那さんである
イタリアンシェフの桝屋さんが
考案した「もち麦きのこリゾット」
紹介されていました。


もち麦きのこリゾットのレシピ


<材料(二人分)>
  • 粉チーズ 10g
  • 牛乳 10cc
  • ブイヨン 20cc
  • もち麦 100g
  • 玉ねぎ 30g
  • ベーコン 10g
  • きのこ類 200g


<作り方>
  1. オリーブオイルでベーコンと
      玉ねぎを炒める

  2. そこに別のフライパンで炒めた
      きのこ類を加える

  3. さらに茹でた もち麦を加える

  4. ブイヨンと牛乳を加えてひと煮立ち

  5. 粉チーズを入れて混ぜれば完成

塩・バターを一切使ってない
という点は良いと思うのですが
洗い物が増えそうだな、と思ってしまったw


もち麦腸活ダイエットから2週間後の結果


腸活ダイエットを2週間続けた
結果、以下のようになりました。

数値は腸活前→2週間後となってます。

虻川信江
体重(kg)67.7→65.193.3→87.7
腹囲(cm)99.5→86.0124.0→111.0
体脂肪率(%)32.1→30.455.9→53.5

虻川さんの腹囲、信江さんの体重の
減り具合がすごいですね!

一般被験者の
池内さん、根本さん、中村さんの
結果は…体重は減ってますが
なぜか腹囲は増えてました。

池内根本中村
体重(kg)60.2→58.998.6→95.151.9→51.1
腹囲(cm)84.5→85.6104.5→100.583.5→85.4

けっこう個人差があります。

腸内環境の中のデブ菌とヤセ菌の
割合の変化はと言うと…。

虻川信江
デブ菌34.1→15.751.8→50.8
ヤセ菌56.1→75.242.0→41.9
不明菌9.8→ 9.16.2→ 7.3

虻川さんは、デブ菌がおよそ半分に!

信江さんは体重は劇的に減ったものの
わずかながら減った、という程度。

一般被験者さんも、池内さんは
大幅にデブ菌が減ってたけれど
他のお二人はあまり良い結果では
ありませんでした。

なぜ、こんな差があるのか
小林先生に聞いた所
腸内環境は人によって差があり
ものすごく反応の良いグループと
なかなか反応が悪いグループがある。

見た目の変化はあっても
腸内のデブ菌を減らすところまでは
至らなかったという結果なんだそうな。

ただ、結局はまだ2週間しか行ってない。

継続することが、ものすごく重要。

良いことを菌にやっていると
腸は裏切らない。

実際、朝食をもち麦ごはんにしたら
5人中4人はデブ菌が
減少してましたしね!

あと、虻川さんの腹囲の減り方が
ものすごかったのですが、
小林先生の説明によると

お腹が張って見えるのは
腸内環境が悪いとガスが出るのと
動きが悪いので、腸がむくむ。


だから、お腹がぽってりとした感じになる。

これが環境が良くなってくると
動きが良くなり、むくみが減り
ガスの発生も少なくなるので
自然とお腹もへこんでいく。

ということでした。

下っ腹がポッコリして困ってる方は
腸内環境を改善すれば
体重も減るし、お腹も凹むかも!

虻川さんほど、すごい結果が
出るかどうかは分かりませんが
十分に試す価値はあると思います。

春からダイエット開始!という
決意をされている方は、
この「もち麦ダイエット」で
痩せると同時に太らない体質を
手に入れて下さい。

…私も頑張るぞ~~~!

もち麦、わりと近いところの名産品だしね。

もち麦を使ったうどんとか
カステラとかもあって
これがまた、美味しそうなんだ♪

…最後まで食い意地が張ったことを言ってみるw


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ