前記事に引き続き
2016年3月29日放送の
「その原因、腸にあり!」から

腸内環境を整えれば
シミの数を減らすことができる

という、お話を取り上げたいと思います。

肌と腸内環境は深く関係しており

ある食べ物を食べ続けるだけで
腸内環境が改善されて
シミの数が減る


というんですよ!

これが本当に「食べ続けるだけ」なんです。

この女性の肌の悩み第1位「シミ」が
めちゃくちゃ簡単に減らせる方法を
皆さまにも紹介しますね。

…甘い物好きの方、期待しててくださ~い♪

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

シミの原因は大きく2つある


1つ目の原因は、活性酸素です。

活性酸素とは紫外線を浴びたり
ストレスを受けることで発生する
体の「サビ」です。

この活性酸素からの攻撃を防ぐため
細胞は茶色いバリアを張ります。
(これがメラニンです)

日焼けした時に小麦色になるのは
このバリアが働いているから
(これがメラニンですね)

そして2つめが肌のターンオーバーの乱れです。

正常は肌は、およそ1か月かけて
肌の奥から表皮へと
細胞分裂を繰り返し
バリアを張った細胞を角質として
排出します。

これが肌のターンオーバーです。

しかし、このターンオーバーが乱れると
茶色いバリアを張った細胞が
正常に排出されず、表皮や肌の奥に
シミとして残ってしまいます。

また、ニキビを潰したり
傷つけてしまうことで
色素沈着して、シミになってしまう
というケースも。


肌と腸はどんな関係性が?


順天堂大学医学部附属 順天堂医院
教授 小林弘幸先生曰く

肌は腸を写す鏡とも言われており
腸内環境が悪くなると
ものすごく肌にダメージがいく

とのこと。

腸内環境が良くなると
体内の血流が促されるようになり
肌のターンオーバーがスムーズに
行われるようになります。

その結果、肌荒れに効果があり
美肌になる、というわけです。

逆に、血流が悪くなると
ターンオーバーのサイクルが乱れ
肌が荒れる原因になります。

つまり、腸内環境を整えれば
シミの数を減らすことができる
可能性がある、ということです。

しかも小林先生が言うには
「あるお菓子を食べるだけで良い」
というじゃありませんか。

その腸内環境を整えて
シミを減らしてくれる食べ物とは
なんと、チョコレートです!

チョコレートに含まれる
「カカオ」の2大成分

  • カカオプロテイン
  • カカオポリフェノール

この2つの成分が
シミを減らす可能性があるんです。


「カカオ」の2大成分は、どんな働きをするのか?


<カカオプロテイン>
消化されない たんぱく質を
多く含んでいるので
大腸に達して腸内細菌によって利用され
腸内環境を改善する効果がある。

カカオに多く含まれる食物繊維と
カカオプロテインが
善玉菌を活性化させることで
腸内環境が整い、体内の血流を促進。


肌のターンオーバーが正常に働いて
シミの原因になる細胞を排出してくれる。


<カカオポリフェノール>
カカオポリフェノールは
抗酸化成分の一種で
体の中で吸収されると
皮脂の酸化を抑える効果が期待できる。

カカオポリフェノールの抗酸化作用により
シミのもとである活性酸素をたつ
という働きをすると言われている。


カカオ70%以上のチョコレートは
赤ワインやコーヒーよりも
圧倒的にポリフェノール量が多いんです。

赤ワイン180mg、コーヒー89.5mg
という含有量なのに対し
チョコレート(カカオ70%以上)は
なんと、840mgもあります。

このように美肌効果バツグンなんです。

…とは言え、本当に効果があるのか。

それを確かめるために
実験がされてました。


4週間の「美肌チョコ生活」


実験方法の条件は以下の3つ。

  • チョコレートはカカオ70%以上を使用
  • 1日25g摂取(目安は板チョコの半分)
  • 実験期間は4週間

ぶっちゃけ、毎日チョコを食べるだけです。

他の生活習慣には一切制限はありません。

期間が4週間なのは
肌のターンオーバーサイクルに
合わせて、とのこと。

特殊な計測器で

  • 表面のシミ
  • 紫外線によるシミ
  • 茶色いシミ(色素沈着)
  • ニキビのもとである過酸化脂質

この4つを計測し、実験前後の
シミの数を調べます。

実験に参加するのは
モノマネ芸人キンタロー、木村好珠
一般の方3人の計5人です。

この5人に4週間チョコを食べて
過ごしてもらったところ
以下のような結果になりました。

数値の左が「実験前」のシミの数。
右が「実験後」のシミの数となります。

キンタロー木村好珠
表面に見えるシミ138→128141→157
紫外線によるシミ469→445392→409
茶色いシミ532→479393→425
過酸化脂質675→?3370→2239

キンタローは色素沈着した
茶色いシミが大きく減ってます。

一方、木村好珠さんは
シミの数値に大きな変化は
見られませんでした。
(むしろ増えてる)

だけど、過酸化脂質が
1,000個以上も減少してます!


一般被験者3名の結果は

石川長山徳永
表面に見えるシミ177→176127→147143→175
紫外線によるシミ474→455414→413404→428
茶色いシミ565→532456→468448→493

という結果になりました。

石川さんは全てのシミが減ってます。

また、頬にあった赤い湿疹が
きれいになくなってました。

結果、5人中3人が
チョコレートを食べるだけで
美肌効果を得ることができました。

ただ、お二方はあまり変化はなく
むしろシミが増えただけに
終わってますが

小林メディカルクリニック東京
院長 小林暁子先生によると

効き方の差があるのも
もしかしたら、腸内環境が
影響しているのかもしれない。

とのことでした。

私はターンオーバサイクルの差
が関係してそうだと思いました。

年齢が上がれば上がるほど
ターンオーバーするまでに
時間がかかりますからね。

シミが増えた方は、4週間で
古い角質が肌表面に浮き上がった
という結果なんじゃないかな?

もう少し時間が経てば、剥がれ落ちそう。

年代によって、実験期間を
伸ばしたほうが良さそうです。


以上、腸内環境を改善しシミを減らす方法でした。

小林先生が、おっしゃってたのですが

食べるもので少しずつ
変化させていけるのは
素晴らしいことだと思う。

というのが、私の番組を観ての感想になります。

ある意味、肌よりも結果が出やすい
腸内環境へのアプローチは
積極的に行わないと!とも思いました。

この体の内部からのシミ改善と
肌に与える化粧品での美白を
組み合わせていくことが
美白への最短の道なのかも。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ