以前、若くっても顔はたるむんですよ
という記事を書いたことがあります。

若いのに顔のたるみに困ってる人はコレが原因。

この記事を書いた時
私は、20代はじめ~半ばくらいを
対象としていたのですが、
もっと若い人たちも悩んでると知りました。

高校生とか中学生でも
顔のたるみに悩んでるんですね(汗)

まあ、若くてもたるむ時は
たるんでしまうものですが
10代だからこその原因と解消法も
ちゃんとあるんですよね。

それを知らず、ヘタにダイエットして
将来、後悔して欲しくないので
10代で顔のたるみに悩んでる方の
その原因と解消法
を紹介します。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

洗顔方法に問題がある


10代は皮脂分泌が盛んな年頃です。

中学生になった頃から
ニキビに悩むようになった
という人も多いんじゃないでしょうか?

ニキビが出来ないまでも
肌がベタついてしまいがちです。

この肌のベタつきを気にして
顔を洗いすぎてしまいがちです。

洗浄力の強い洗顔料で洗った後
化粧水だけつけて、スッキリ爽やか!
…なつもりが、すぐにベタつく。

それを嫌って、また顔を洗って…と
繰り返してしまった結果、
肌が乾燥してしまい
それが顔のたるみを引き起こしてる
という事があります。


「でも、顔がベタベタするし!」という方。

それは洗顔を繰り返したことで
顔の皮脂が足りなくなり
「もっと皮脂を出さなきゃ!」と
脳が皮脂をもっと出すように命令した結果です。

皮脂を奪いすぎると、
かえって皮脂の分泌量は増えるんです。


ベタつきを抑えたいのなら
洗顔回数を増やすのではなく
保湿に力を入れて下さい。

ベタつきを取り除きたいが為に
洗浄力が高い洗顔料を使ってる人は
それを止めましょう。

そちらの方が、肌のベタつきも
乾燥も治まりますし
乾燥が原因の顔のたるみも解消します。


また、皮脂をしっかり取りたいから
と、ゴシゴシ洗ってる人も
今すぐやめましょうね。

その「ゴシゴシ」という摩擦は
肌への刺激となってしまい
それも顔のたるみの原因となります。


よく雑誌などに「肌に触れないよう
優しく洗いましょう」と書いてますよね?

あの洗い方を真似てください。


肌に刺激を与えている


上に書いた「洗顔でのゴシゴシ」
以外にも、肌へ刺激を与えてませんか?

例えば、メイクをする時に
肌に擦り付けるようにしてるとか。


特に強く擦ってるつもりはなくても
結構な刺激になってるもんなんですよ。

毎日メイクをすることで
その刺激が、どんどん積み重なります。

それがやがて、たるみに繋がります。

そのメイクを落とすための
クレンジングの時も同じです。

早くメイクを落としたいからと
ゴシゴシ擦ると、肌への負担となります。


特にアイメイクを頑張ってる方は
注意して下さいね。

今は大丈夫だよ、という方も
10年後、20年後のあなたのために
肌に優しいメイクを心がけて下さい。


スキンケアが刺激になってる


皮脂のベタつきを気にして
オイリー肌用のスキンケア用品を
使って、皮脂を奪いすぎてませんか?

こういったものが肌に合えば
何の問題もないのですが
ピリピリとした刺激を感じる場合は要注意!

実はニキビ肌になってる時点で
けっこう肌は弱っています。

そこへ、ニキビ対策用の刺激が強い
スキンケア用品を使っていると
肌のバリア機能を低下させたり
肌に炎症が起こるなどの
肌トラブルを引き起こし、たるみに繋がります。


「ニキビに効く!」という宣伝文句を
全面的に信じるのはやめて
自分の肌に合った刺激の少ないものを
スキンケア時に使うようにしましょう。

そして、保湿に力をいれること!

それがニキビ、顔のたるみの解消に
繋がっていきます。


甘いものを摂り過ぎてる


中学生、高校生の女の子は
甘い物が大好きですよね。

ごはんをいっぱい食べた後も
「甘いモノは別腹!」なんて
言いつつ、がっつり食べたりします。

けど、残念なことに
この甘い物の摂り過ぎは
「糖化」という老化を引き起こします。

糖化とは、体内にあるたんぱく質と、
食事で摂取した糖が結びつくことで
顔のたるみ、くすみ、しわなどの
肌の老化の原因になります。

また、甘いものを食べると
顔がむくみやすくなり
これがまた、たるみの原因になります。

10代の女の子に
「甘いものを我慢しろ!」というのは
かなり酷なことだとは思いますが

糖化とは・・・酸化どころじゃない怖さ!

のチェック項目に、かなり当てはまる
という人は、甘い物を控えましょう。


寝不足


最近は10代でも寝不足の人が多いです。

睡眠不足になると
肌のターンオーバーが乱れ
新陳代謝がうまくいかなくなり
健康的な肌が生まれなくなります。


また、肌は睡眠中に修復されますが
この修復も滞ってしまいます。

これらが肌の老化につながり
やがて顔がたるんでしまう、という訳です。

あと、寝不足になると顔がむくみますよね?

これ、ターンオーバーの乱れから
老廃物が排出されないから
むくんでいるんですよ。

その余った老廃物と水分は
頬やフェイスライン(特にあご)に
溜まってしまいます。

頬やあごに重しがついてる状態になるんですよ。

下へ下へと重力がかかるんですから
…あとは分かりますね?

10代で頬のたるみを気にする人は
すぐに痩せようとしますが
その前に、まずはむくみを解消して下さい。

むくみが原因だった場合は
ダイエットの必要はありません。


太ってしまった


次は、本当に太ってしまったケース。

中学生や高校生のうちは
成長期なので、
どうしても太りやすいです。

しかも、体重が増える時期があり
一気に太ったりするんですよね。

これが顔のたるみの原因に
なってしまうことがあります。

太ると皮下脂肪が肥大化して
重くなります。

その重さで、顔がたるんでしまうんです。


これを何とかしたいのなら
顔にかかる重力(脂肪分)を支える
顔の筋肉(表情筋)を鍛えましょう。

頬の内側を舌でグリグリと押す
「舌アイロンマッサージ」など
表情筋エクササイズを行って
顔の筋肉を鍛えるんです。

舌アイロンマッサージのやり方
ほうれい線を消す舌アイロンマッサージ

こういったエクササイズが面倒
というのでしたら、
パタカラやPAOなどの
道具を使うのも良いと思います。

私もPAOで顔が痩せました
MTG フェイシャルフィットネス PAO(パオ)を2か月使って出た効果

そんなお金はない!というなら
お友達と、おしゃべりを楽しんで下さい。

そしてよく笑ってください。

そうやって、大きく口を動かし
表情豊かに過ごすことも
表情筋エクササイズになります。

逆に、無理なダイエットは禁物です。

不健康に太ったならともかく
成長期に、一時的に太るのは
よくあることです。

そういう時期、なんですよ。

むしろ、この時期に無理な減量をし
ゲソッと痩せてしまうと
それはそれで、肌がたるんで
シワやたるみが出やすくなります。

若いうちの無理は、将来に響くので
決して、無理なダイエットはしないで下さい。


以上、10代の顔のたるみの原因と
その解消方法でした。

洗顔での皮脂の摂り過ぎ、
肌への刺激、という原因は
昔からあるものですが
今の10代はここにさらに
スマホの長時間使用プラスされますからね。

読書とスマホを長時間楽しむ人は、顔のたるみにご用心!

私が10代だったころよりも
顔がたるみやすくなってるかも
知れません。

まだまだ若いので
強く意識する必要はないと思います。
(特に顔が太ったというタイプは
 数年したら、痩せる場合も多いし)

だけど、上の顔のたるみの原因を見て
「私は、たるみやすい要素が多い」
という自覚があるのなら
10代のうちから、予防の意味もかねて
たるみ改善を意識して欲しいと思います。

…でも、おばちゃん的には
中学生・高校生が一番意識するべき
顔のたるみ改善ポイントは

よく動き、よく笑い、よく寝る

という健康的な生活だと思いはしますよw


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ