先日から、目の下のたるみ改善のための
情報収集に、全力を注いでいる私。

今日も、目の下のたるみに関連する情報を
仕入れてきましたよ~♪

今日は「目元専用美容液の塗り方」です。

これもね、調べてみたら「こうするのが良いよ」
というのが、やっぱりあるわけですよ。

目の下の皮膚が、卵の殻の薄皮ぐらいしかないから、
優しく塗るというのは分かっていましたが、
塗るときの方向に気をつけないといけないとは・・・。

ここに気をつけないと、美容液を塗るたびに、
目の下の皮膚を痛めてしまいそうです。

気をつけなければいけないポイントがあるんですよ。

そのポイントも含めながら、目元専用美容液の塗り方を
紹介していきますので、今まで特に気にせず塗ってたわ~、
という方も、1度目を通してください。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

それでは、目のたるみに効く美容液の塗り方
細かく説明していきますね。


目のたるみに効く美容液の塗り方


1.
薬指に、目元専用美容液やアイクリームを、
米粒2~4粒分出して、両方の薬指の指先で温めます。

これは温めた方が、浸透率が高くなるからです。


2.
右手で左のこめかみを、少し斜め上に引き上げて
少し目がつり上がるようにして頭を右側に倒します。

目のシワやたるみを伸ばすような感じにして下さいね。

この姿勢をアイクリームや美容液を塗り終わりまで、
保つようにしてください(しんどいけど、頑張って!)


3.
薬指で、上瞼・下瞼・こめかみと、
目の周りをグルリと囲むように、
点々とアイクリームを置いていきます。


4.
点々と置いたアイクリームを、
薬指の腹で伸ばしていきます。

力を入れすぎないように注意してください。
「触れるか、触れないか」くらいの力加減で大丈夫です。

この時、下瞼は目尻から目頭に向けて、
上瞼は目頭から目尻に向けて、伸ばします。


この方向を絶対に守ってください。

特に下瞼は、逆にやってしまいがちですが、
下瞼の周辺の筋肉は、目尻から目頭に走っている為
これに沿ってマッサージをしないと
下瞼のたるみの原因になってしまうので
「目尻から目頭」を守ってください。



5.
こめかみから、アイクリームを馴染ませます。
外側に円を描くようにして、馴染ませてください。


6.
最後に、薬指の腹で下瞼は目尻から目頭に向けて、
上瞼は目頭から目尻に向けて、優しくポンポンと押さえて、
アイクリームを浸透させます。

強さは触れるか触れないかくらいの、タッチでしましょう。
俗にいう「ピアノタッチ」ってやつですね。

ここまでの工程を、反対の目も同じようにして
アイクリームや目元専用美容液をつけたら終了です。

上の例だと、最初が左目、次が右目ですね。

目尻にしわがある場合は、しわに叩き込むように
指の腹をポンポンしてクリームを入れ込んでください。

その場合も、力加減は忘れずに!

目元の皮膚は、本当にほんとーに薄くデリケートですので、
優しく優しく過保護気味に扱ってくださいね。

そして目元のたるみを改善していきましょう。


■管理人が試した目の下のたるみを改善する美容液・アイクリーム
オラクル アイフォーミュラ
オラクル アイフォーミュラ

一晩で目の下のたるみが改善され目元ふっくらに

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ