MTG社が「本物で信頼できる
EMS市場を作ろう」という信念で
世に送り出してきたEMS商品
SIXPAD(シックスパッド)

右がボディフィット、左がアブズフィットです
SIXPAD(シックスパッド)

アウターマッスルを鍛えることで
筋肉をつけ、体を引き締める効果や
脂肪燃焼力を高める効果があります。

これらの効果や、それを強調した
CMの影響からか
ストイックに鍛えたい男性向けの商品
という印象が強くなってる商品ですが

実はこれ、女性にこそ使って欲しい
商品なんです。


使い方がとても簡単で
なおかつ痛みなどがない、という
点でもオススメなんですが

  1. 見た目やせダイエット
  2. 猫背姿勢による筋肉の衰え・垂れ改善

など、女性が望む効果も
得やすい商品なんです。

これらの効果と
「ここが気になるのなら
SIX PADをここに貼ると良いよ」
という、貼るべき場所を合わせて
お伝えしたいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

見た目やせは太もも周辺を鍛える


見た目やせをしたいのなら
体を引き締めることが大切です。

そのために必要なのが
基礎代謝を上げることです。

基礎代謝を上げるためには
大きな筋肉のある太もも周辺を
鍛えてあげるのが効率的です。

特におすすめなのが
内転筋を鍛えること。

内転筋は、左右の太ももの内側をつけ
足を閉じる時に使われる筋肉です。

太ももの内側にある
ぽよんとたるみやすい部分のことです。

ここが衰えると、太ももだけでなく
下半身が太くなると言われています。

この下半身太りの元凶である
内転筋を鍛えることで
太ももを含めた下半身太りを改善し
かつ、体全体の見た目やせも
目指すことができます。

また、O脚の改善にもなると
言われているので
美脚を目指してる方も
ぜひ、ここにシックスパッドを
貼ってください。

あと、視覚的な「見た目やせ」だと
二の腕が細いと痩せて見える
というものがあります。

二の腕やせには上腕二頭筋、
という、腕の下側の筋肉を鍛えましょう。


上から二の腕を挟み込むように
普通にSIX PADを貼れば
自然と鍛えられます。


次は猫背による体のたるみを
改善するための方法を紹介しますが
これ、猫背のタイプによって
原因と太る場所が全く違う
ので、
ご自分がどのタイプなのが考えて読んで下さい。


産後ママは、腹筋を鍛えよう


産後ママさんは、頻繁に赤ちゃんを
抱っこすることで骨盤がズレやすい
状態にあります。

この骨盤のズレが猫背の原因になり
お尻が垂れ、くびれがなくなります。

このタイプの猫背を改善するには
腹筋を鍛えるのがおすすめです。

腹筋にシックスパッドを貼って
毎日鍛えましょう。

産後ママさんだけでなく
筋肉量が少なく痩せている女性も
このタイプの猫背になりやすいので
そういう方も腹筋を鍛えてください。


デスクワーカー&ガニ股さんは、太ももと腹筋を鍛えよう


長時間パソコンを使用する
デスクワーカーさんやガニ股さんは、
腰や背骨に大きな負担がかかってます。

ですので、背骨を支える腹筋と
太ももを鍛えてください。


太ももにシックスパッドを貼る時は
太ももを挟みこむように
内ももと外ももにパッドを貼り付け
動かすと良いでしょう。

…え?太ももを鍛えることと
ガニ股改善の関係が分からない?

あのですね、ガニ股というのは
太ももの内側の筋肉が
衰えることで起きるんですよ。

太ももの筋肉は
歩く時には外側の筋肉(遅筋)が
走る時には内側の筋肉(速筋)が
使われます。

このバランスが取れてることが
理想なんですが、
年齢とともに走ることが減り
どんどん内側の筋肉は衰えますよね?

それに対し、外側の筋肉は
多少の衰えはあれども
維持されつづけるため、
内と外のバランスが崩れて
徐々に力が強い外側に筋肉が
引っ張られていきます。

これがガニ股の原因です。

また、猫背など姿勢の悪さも
がに股の原因になるので
猫背を改善する背骨と
内ももの筋肉を鍛えることの
両方が必要になる、ということです。


ハイヒール・内股な女性は、お腹と内転筋を鍛える


日常的にハイヒールを履いていたり
内股になっている女性は
それが原因で猫背になり
内臓が下がってしまいます。

それにより、ぽっこりお腹が前に出て
お尻が下がった状態になります。

内股姿勢は、骨盤が立たず、
猫背になってしまうという
大きな欠点があるだけでなく
お尻に力が入らず、
脚の外側に体重がかかってしまう
という欠点があります。

この状態を続けていると
足の外側の筋肉だけを強くし
お尻の垂れや、もも張りなどを
引き起こしてしまいます。

そして、足がどんどん太くなってきます。

こういった状態を改善するには
まず、内転筋を鍛え
骨盤が寝ること、猫背になること
この2つを防ぎます。


そして、内臓の位置が下がり
ぽっこりと出てしまったお腹を
元に戻すために
内蔵を支え、適切な位置に収納する
お腹(腹筋)を鍛えましょう。

お腹(腹筋)と内転筋部分に
シックスパッドを貼り付けましょう。

内転筋(太ももの内側)は
ガニ股改善の時と同じように
太ももを挟みこむように
内ももと外ももにパッドを貼り付けましょう。

ぽっこりお腹は、女性だけでなく
筋肉量が少ない痩せ型の男性も
なりやすいですよ。


自分はヤセ型だという自覚がある
男性も同じように鍛えて下さい。


これらの筋肉を楽して気軽に鍛えられるのがSIX PAD


今までの説明で出てきた筋肉を
シックスパッドを使わずに
自力で鍛えても、これらの効果は
ちゃんと得られます。

けど、自力でやってると…長続きしませんよね?

腹筋も内転筋も鍛えるのがしんどい。

「1日10回くらいで良いですよ♪」
とか言われるけど、
贅肉がついて、筋肉が少ない体には
それすらも負担が大きく続かない。

そもそもストイックに鍛えるのが嫌い(笑)

そういった女性でも
お気軽、簡単に、筋肉が鍛えられ
体を引き締められるように
出来ているのがシックスパッドです。


上に書いてる筋肉のところに
毎日1回ペタッと貼って
スイッチを入れるだけで
EMSという電流刺激が勝手に
筋肉を動かして、鍛えてくれます。

一般的なトレーニングみたいな
強い負荷が全くないんですよ。

単に貼るだけなので、非常に楽ちんです♪

この気楽さ、お手軽さこそ
女性が求めているものじゃないでしょうか?

ストイックなダイエットは嫌だ!
でも、しっかり鍛え、引き締めて
キレイな体になりたい、という
女性にこそ使う商品だと思います。

SIXPAD(シックスパッド)


…実際、私はその手軽さと
簡単さを狙って買いましたw


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ