2016年5月7日放送の
世界一受けたい授業では
「5月の紫外線は真夏並み!
 今すぐ始めよう紫外線対策」
という特集がされてました。 

シミ、しわ、皮膚がんの原因になる
紫外線は、4月・5月ごろになると
一気に増えます。

だから今から、しっかり対策しよう!
ということで、
太陽紫外線研究の第一人者
東海大学名誉教授
佐々木政子先生が
効果的な紫外線対策方法を教えてくれました。

どういった方法が効果的なのか。
その紫外線対策方法が
どれだけ効果があるのかなど
数値にハッキリ現れていて
とてもおもしろかったですよ。

超基本的な方法が、すごい効果あるんですよ。

また、目に見えないけれど
実は存在する「隠れジミ」

この隠れジミを減らす野菜ジュース
なんてものも出ていたので
それらを全部まとめて皆さまに紹介します!

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

紫外線は2種類ある


紫外線は「UV-A」と「UV-B」の
2種類あります。

それぞれの特徴を説明すると

UV-A
シミ、しわが増える原因
太陽から地表へ届く紫外線の
約95%を占めている

窓ガラスを通って室内へも入り込み
日常生活の中で意識せず浴びているため
生活紫外線とも呼ばれている

この紫外線は、肌の奥まで届き
コラーゲンなどにダメージを与えます。

このUV-Aが一年で一番多いのが5月です。

UV-B
肌の奥までは届かないものの
皮膚へのダメージが強い。

地表へ届く紫外線のうち、
約5%程度ではあるけれど
エネルギーが強いため、
浴びすぎると、皮膚の炎症や
皮膚がんの原因にもなります。

日焼けの原因になるのもコレですね。

このUV-Bも5月になると急増します。

まだまだ過ごしやすい気温だし
紫外線対策なんてしなくて大丈夫!
とか思ってたら、えらい目にあいますよ。

実際、5月の紫外線の強さは真夏と同じくらいなんです。

「紫外線は夏のイメージが強いが
 紫外線の強さは気温と関係ない」
という事を、頭に叩き込んで
しっかり紫外線対策していきましょう。


赤くなる人、黒くなる人の違い


日本人は肌タイプが3つに分かれてます。

そして、肌タイプごとに
日焼けの仕方が違います。

A:すぐ赤くなりわずかに黒くなる
B:赤くなった後、いつも黒くなる
C:あまり赤くならず、すぐ黒くなる

日本人で一番多いのはBタイプです。

3つのタイプのうち
一番紫外線の悪影響を受けやすいのは
Aタイプです。


日本人で最も多いBタイプに比べ
皮膚がんなどの発生リスクが
3~5倍あると言われています。

なのでAタイプの人は
日頃から過剰な紫外線は浴びないように
気をつけなければいけません。


20代と60代、日焼けしやすいのはどっち?


答えは60代です。

一般的に60代は20代に比べて
あまり日に当たらない表皮が薄くなってます。
(画像だと20代の半分くらいでした)

その分、紫外線の影響を受けやすいんです。

ただし、日焼けをし続けている方は例外です。

…これ、加齢とともに皮膚が薄くなり
紫外線に弱くなってる、ということですよね(汗)

かなりゾッとする情報でした。


日傘はかなりの紫外線をカットできる!


どういう対策をすれば
紫外線をうまく防げるのか。

また、その対策方法で、どれだけ防げるのか。

それを調べるため、
4月中旬、午前11時、気温22℃、
という条件の中で、色々と実験をしていました。

まずは、UV-Aから。

シミ、しわを増やす原因となる
UV-Aの量は、およそ51W/㎡。

これは一年のうちで最も紫外線が
強いとされるレベルです。
(※この時の紫外線とはUV-Aです)

この条件下で、紫外線対策として
一般的な日傘を使った時に
どれくらい顔に当たる紫外線を
カットできているのか調べると…。

これが、意外にも結構な効果があり
紫外線量が51.5から2.6にまで減ります。

日傘を差すだけで
顔に当たる紫外線量を約95%もカットできました。

しかし、上からの紫外線をカットしても
地面から反射してくる紫外線は
日傘ではブロックできません。

この反射による紫外線が怖い、
と、よく言いますよね。

私も極力避けるようにしてます。

ということで。

今度は地面からどれくらい
紫外線が反射するかを測定してみると
なんか意外な結果。

全体の紫外線量51.5に対し
アスファルトの反射は、わずか1.9!


佐々木先生いわく、
下から反射する紫外線を気にする人がいるが
このレベルなら気にする必要はない
とのことでした。

このように基本中の基本でありながら
日傘の紫外線対策効果はバツグンです。

紫外線対策に日傘を上手に利用しましょう!

日傘の選び方を知りたい方コチラ
ちゃんと紫外線から守ってくれる日傘の選び方


服の素材はポリエステルを選ぶべし!


続いては、皮膚の炎症や
皮膚がんの原因となるUV-Bの実験です。

実はこのUV-B、服の素材によって
素肌に浴びる紫外線量に違いがあります。

綿とポリエステルでは
ポリエステルの方が
より肌を守ってくれるんです。


実験が行われた日のUV-B量は1.49W/㎡。

服の内側にセンサーを入れて
紫外線(UV-B)を計測すると
綿の服は0.13、紫外線を通しました。

一方、ポリエステルの服は…ゼロ!!

ポリエステルは紫外線を一切通しません。

生地を作っているポリエステル分子が
紫外線を吸収するので
肌まで届かないんだそうです。


ちなみに、色は白でも黒でも
ほとんど関係ないそうです。

ただ、黒は熱を吸収して
溜め込んでしまうため
夏は熱中症予防のため白がオススメ
とのことでした。


隠れジミを減らす野菜ジュース


続いて、紫外線の影響の中で
女性が気にするシミに関しての話題。

今のところ、目に見えてないけれど
皮膚の下に確実に潜んでいる
「隠れジミ」というものがあります。

一見、色白美肌に見えていても
将来的にシミとして出てくる…というやつですね。

「私、インドア派で外出しないから
 ほとんど日に当たらないし大丈夫」
なんて油断してる方…それは危ないです。

実際、番組に出演していた
エッセイストの犬山紙子さんが
まさに、そういった生活をしているので
シミはないと思うと言ってましたが
いざ、隠れジミチェックをすると

目に見えるシミは左頬に26個、
右頬は27個、合計53個と
わりと少なかったのに
皮膚の下の隠れジミは
左頬46個、右頬73個の合計119個
と、目に見えるシミの2倍もある
という結果になりました。

ひいいぃぃぃ~~何て恐ろしい!

シミが数多くあるのもイヤだけど
「現時点で、自分では確認できない」
ってのが、怖さ倍増です。

知らない間にシミが蓄積され
ある時を境に、ブワッと大量に出た!
なんてなったらと思うと嫌すぎます!

この目に見えない隠れジミの対策として
有効なのが、隠れジミを減らす野菜ジュースです。

番組内では、特にレシピなどは
紹介されていなかったのですが

シミ対策のために
「これは絶対に入れたほうが良い野菜」


というものは紹介されていました。

それは、にんじんです。

頬骨のあたりに多くの隠れジミがある
50代女性が、にんじんベースの
野菜果物ジュース(1日200ml)を
8週間飲み続けたところ…
隠れジミが減少していました。

これは、にんじんに含まれる
βカロテンが肌の新陳代謝を良くし
隠れジミを減らしたと考えられます。


βカロテンはジュースにすることで
そのまま食べるより吸収率が高まります。

紫外線対策、美白のために
にんじんを積極的に摂ってるという方。

ぜひ、ジュースにして召し上がって下さい。

ちなみに、にんじんジュースは
保湿効果も高いし、体を温める
という効果もあります。

詳しくはにんじんジュースの効果と作り方

…なんか、年中にんじんジュースを
飲んでいれば、それでOKな気がしてきた。


時間帯を選んで日光浴しよう


紫外線UV-Bを浴びると
ビタミンDが体内に生成されて
骨を強くします。

だから、紫外線を避けすぎると
骨粗しょう症になることがあるので
適度な紫外線を浴びることが重要です。

…とは言いつつも、浴びすぎもダメです。

大事なのは日を浴びる時間帯です。

日光浴は紫外線が弱い時間帯を
選んでするようにしましょう。

1日のうち紫外線が弱い時間帯は
午前10時までと午後2時以降です。


5月から夏にかけては
この時間帯に15分ほど紫外線を浴びると
ビタミンD不足を防げると言われています。

佐々木先生のおすすめは
手のひらを太陽に向けて日光浴すること。


手のひらには、シミのもとになる
メラニンがほとんどないので
シミを気にすることなく日光浴できます。

15分くらい木陰で日を浴びる、
これだけで十分だそうです。

それくらいで良いなら、いつでも出来ますよね。

これで過剰に紫外線を浴びることも
逆に浴びなさすぎになることもなく
うまいこと良いとこ取りが出来そうです。

上手に紫外線と付き合っていきましょう♪



あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ