今日は、2016年5月15日放送の
林先生が驚く初耳学から
「足を組んで座ると顔がデカくなる」
という榮倉奈々さんからの出題を取り上げます。

足を組んで座ると顔がデカくなる理由。

そして、それを簡単に改善して
小顔になる体操が紹介されてたので
それをまとめました。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

足を組んで座ると顔がデカくなる理由


その原因は身体の歪みです。

足を組んで座ると骨盤が歪んでしまいます。

骨盤は仙骨・寛骨・尾骨から成り立つ
上半身と下半身を繋ぐ身体の要。

その体の要である骨盤が
足を組んで座ることで
体の片側に重心がかかり歪みます。

この骨盤の歪みは体全体に影響を与えます。

その歪みが広がって
背骨や首の骨がゆがんでしまうんです。

その首が歪みによって、
血液やリンパの流れが悪くなり
老廃物が溜まって顔がむくみます。

そしてデカ顔に…というわけです。

顔のむくみなら、マッサージで
何とかできるから良いわ~と
思っていたら大間違い。

ストレッチやマッサージで解消しても
足を組み続けて骨盤が歪んでると
また、すぐにむくみ顔に戻ってしまいます。

顔がむくんで大きくなった状態が
「通常状態」になってしまうので
デカ顔になっちゃうんですね~。

また、それが原因で顔がたるみもします。

いま骨盤が歪んでいる人は
早々に治してしまいましょう!


骨盤が歪んでいるかチェック


まずは、今のあなたの骨盤状態を
調べてみましょう。

  1. 足をまっすぐ伸ばして座ります。

  2. かかと同士を付けます。

  3. 足の力を緩めます。
      この時、右足が傾く場合は、
      骨盤が右に歪んでいる可能性が高いです。

足がキレイなV字に開く方は
骨盤は正常な位置にあります。

どちらかに足が傾いた方は
今は小顔でも、このまま放置してると
デカ顔になる恐れがあります。

私もやってみましたが
右足が傾いてしまったので
右に歪んでいるようです。

これが関係しているのか
私は顔の右側の方が、たるみやすいです(汗)


骨盤の歪みを簡単に改善する体操


  1. 立った状態で足の親指同士を付ける
    (内股状態になります)

  2. 体の正面で、腕を伸ばし
      手のひらを上に向け
      両手の小指を合わせます。

  3. そのまま、肘を曲げないよう
      両手をまっすぐ頭の上に伸ばします

  4. この状態で30秒キープします。

  5. ゆっくりと両手を下ろします。

この体操を1日1回行うことで
体の中心を真っ直ぐ上にする事で
骨盤の歪みを元に戻すことができます。

骨盤が歪んでいるが
自覚はゼロの女性がこの体操を
行ったところ

わずか1週間で顔がキュッと引き締まり
ウエストも4cm減っていました。


骨盤の歪みを改善することで
小顔になるだけでなく
体の引き締めにも繋がるようです。

この体操、背筋がググーッと伸びて
痛気持ちいい体操ですので
デスクワークの合間にでも
毎日続けるようにしましょう!

ちなみに、この問題の出題者である
榮倉奈々さんご自身も

「トレーニングの時間も大切だが
 日常の時間の方が大切。

 どういう姿勢で常にいるかが
 大切かなと思っている」

と、一番気をつけているのが
日常生活の姿勢だそうです。

あんなに小顔でスタイルが良い人でも
気をつけているということは
やっぱり大事なんことなんですよ。

体操するのも大事ですが
足を組まない、姿勢を良くする
ということも気をつけていきたいですね。

■管理人が体験した姿勢矯正グッズ


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ