紫外線から肌を守るために
年中必要となる日焼け止め。

特に、日差しが強くなってきた今は
毎日のように塗り重ねていると思います。

その日焼け止めなんですが
落とし方に気をつけてますか?

きちんと落とし切れてますか?

紫外線から守るための「塗り方」が
バッチリだったとしても
きちんと落とし切れなかったり
負担をかける落とし方をしていると
それはそれで肌を傷めます。

そんなことにならないよう
日焼け止めは正しく落としましょう。

その正しい日焼け止めの落とし方
今から紹介します。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

早めに、優しく落とす


最近は、肌に優しい成分のものも
増えてきましたけれど
基本的に日焼け止めは肌の負担となります。

ですので、外出先から帰ったら
なるべく早めに、日焼け止めは落としましょう。

その際、ゴシゴシこするのは厳禁です!

日焼け止めを、きちんと落とすことは
肌にとって大切なことですが
落とす時に擦ると、それが肌を傷つけ
シミ・しわ・たるみといった老化を
引き起こしてしまいます。

優しく、こすらず、力を入れすぎずに
落とすことを心がけましょう。


普通の洗顔料で落ちるもの


「洗顔料or石けんで落ちます」
と書いてある日焼け止めは
普通に洗顔するだけで落ちます。

いつもと同じように、
洗顔料or石けんを泡立てて
その泡で優しく日焼け止めを落としましょう。

無理にクレンジング剤を使う必要はありません。

UVカットが低い日焼け止めは
このタイプのものが比較的多いですね。

敏感肌だったり、肌が弱めの方は
このタイプの日焼け止めを選んで
使うと良いでしょう。

ただし、日焼け止めの他に
しっかりメイクをしている場合は
それを落とすためのクレンジングが
必要な場合があります。

その時のメイクの状況によって
洗顔料だけにするか
クレンジングも使うか使い分けて下さい。


クレンジングが必要なもの


日焼け止めの説明部分に
「専用クレンジング不要」とか
「クレンジングで落とせます」
と書いてるものは、クレンジング剤が必要です。

いつも、あなたが使っている
クレンジング剤を使って
きちんと日焼け止めを落とし切りましょう。

比較的、UV効果の高いものは
このタイプのものが多いです。

UV効果が高いといえば
ウォータープルーフタイプのように
汗や水に強く、肌への密着度も高い
日焼け止めは専用のクレンジングが
必要な場合があります。

その場合は、専用のクレンジングで落としましょう。

専用クレンジングは洗浄力が高く
肌が乾燥するから使いたくない、と
敬遠する方がいらっしゃいますが
それだけの洗浄力がないと
落とし切れないということですからね。

そんなものを肌に残しておく方が
ずっとずっと肌への負担は大きいです。

嫌がらず、専用クレンジングを使い
きっちり落とし切って下さい。

そして、その後、普通の洗顔料で
洗顔するようにして下さい。


UV効果の高さで判断しない


UV効果が低いものは
比較的、洗顔料だけで済む物が多く
逆にUV効果が高いものは
クレンジング剤が必要なものが多いです。

だけど、これは単にそういった
傾向にあるというだけで
全ての日焼け止めに当てはまる
というわけではありません。

UVケア効果が高いものでも
洗顔料で洗顔するだけで落ちるよ
というものもあれば、
その逆のものもあります。

UV効果の高さ(SPF/PA値)だけで
落とし方を判断しないで下さい。


SPF値やPA値が同じでも
そのメーカーや商品によって
最適な落とし方は異なります。

説明書や使い方をきちんと読み
それに従うようにしましょう。


クレンジングを使いたくないのなら
クレンジング不要のものを
最初から選んで買いましょう。

最近では、敏感肌の人でも使える
UV効果の高い日焼け止め
なんてものも増えてきています。

そういった商品は
SPF・PA値は高いけれど
洗顔料で洗顔するだけで落とせる
というものが多いので
その中から選ぶと良いですよ。


日焼け止めを落とした後は保湿せよ!


日焼け止めを使った後の肌は
確実に乾燥しています。

「私のは低刺激で肌に優しいから
 乾燥なんかしないよ」と
思ってるなら、それは間違いです。

低刺激で乾燥「しにくい」という
日焼け止めはありますが
基本的に、どれだけ肌に優しくても
日焼け止めは乾燥するものです。


また、日焼け止めの上から
メイクをしてる人だと
「日焼け止め+メイク」を落とすことになります。

これで乾燥しないわけありません。

日焼け止めを落とした後は
しっかり保湿をするようにして下さい。

この時の保湿は、セラミドなどの
「保湿+肌のバリア機能を高める」
ものが配合されたものを使うと
より効果的です。

専用クレンジングなどの
洗浄力が強いクレンジング剤を
使った場合は、いつも以上に
保湿に力を入れるようにして下さい。

あと、肌を不必要に乾燥させないよう
専用クレンジングが必要なほど
強い日焼け止めを使わないのも大切です。


ウォータープルーフタイプのような
日焼け止めは、レジャーの時だけ使い
普段は洗顔料で落とせるような
肌に優しい日焼け止めを使用する
というように使い分けましょう。


日焼け止めをしっかり落とすこと。
落とす際は、説明書に従うこと。

そして、洗顔後はしっかり保湿すること。

これをしっかりと守って
日焼け止めが原因の肌荒れや
乾燥が起こらないようにしましょう。

この正しい日焼け止めの落とし方
肌に負担をかけないことが
あなたの肌を健やかに保つことに
繋がります。


■管理人が試した落としやすい日焼け止め


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ