紫外線が一段と降り注ぐようになり
日焼け止めが手放せない季節となりました。

日焼けだけでなく、シミ・シワなどの
肌老化を防ぐためにも
せっせと日焼け止めを塗らなきゃなりません。

…これが敏感肌&混合肌の私にとって
ものすごい苦痛なんですよねぇ。

日焼け止めそのものが
肌への刺激となって肌荒れする。

日焼け止め独特のきしみや乾燥を感じる。

かと思えば、Tゾーンなんかは
すぐにベタついてテカッたり
化粧崩れがおきたりと見た目も悪くなる。

と、日焼け止めが原因のトラブルが
起きまくりなんですよ。

私の場合、とにかく低刺激なことを
優先して日焼け止めを選ぶため
機能性は劣るものが多いというのも
ベタつきや化粧崩れの原因なんだと思う。

それでも、何もしないわけにいかないし
正直、日焼け止めというものは
「肌に負担をかける不快なもの」で
我慢して使うものだと割り切ってました。

日焼けせず、肌がかぶれさえしなきゃいいや、と。

でもね~、そんな我慢をしなくても良い
ものすごく優秀な日焼け止めが
私の前に颯爽と現れたんですよ!

革新的UVベース/ヘヴンヴェール

合計で10個もの無添加処方
低刺激な使い心地を実現しつつ
SPA45・PA++++というハイレベルな
UVカット効果がある日焼け止め化粧下地です。

あらゆるものが無添加なのに
SPA45・PA++++って!

おまけに、厳選美容液成分85%と
ほとんどが美容成分で作られており
日焼け止めでエイジングケアが
出来そうなんですよ。

これに私が反応しないわけないですよね?

早速、使ってみましたよ!

オレンジの可愛い箱に入った
「ヘブンヴェール」が届きました♪
キャメロン&ガブリエル ヘブンヴェールが届きました

箱を開けると、中はこんな感じ。

ヘブンヴェールとオマケのサシェ

いつも何かしらのオマケが付くそうで
今回はサシェが入ってました。

アップルブロッサムのサシェ

柔らかなリンゴの香りがします。
うーん、オシャレ感漂うわぁ♪

ヘブンヴェールの箱も本体も
ものすごく可愛い&爽やかな感じ。
ヘブンヴェール本体もオシャレです(笑)

そして、いかにも低刺激ですよという
印象のパッケージだとも思う。

敏感肌用の日焼け止めというか
オーガニック系のものにありがち。

ただし、ヘブンヴェールは
一般的な「低刺激&無添加だけ」の
日焼け止めとは特長も製法も
全く異なります。

そこのところ、詳しく紹介していきますね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

肌に優しいのに、最高ランクの日焼け止め効果


ヘブンヴェールの最大の特長は
肌に悪そうなものを極力省きながら
SPF45・PA++++という
ほぼ最高ランクの日焼け止め効果を
有していることです。


徹底した無添加処方っぷりは
それはもう見事なもので

界面活性剤・ナノ粒子散乱剤・シリコン
紫外線吸収剤・合成着色料・タルク・
エタノール・パラベン・鉱物油・合成香料
↑これら全てを使用していません。

なのに、SPF45・PA++++という
ほぼ完璧な数値を叩きだしてるんです。

さらに信じられないことに
ウォータープルーフなのに
石鹸だけで簡単に洗い落とせる
という
特長も持ち合わせており
洗顔時の負担も少なくなってます。
(※ヘブンヴェールのみ使用してる場合)

私みたいな敏感肌さんや
小さなお子さんでも安心して使えます。

「SPF・PA値の高いものは
 肌に負担がかかる」という
日焼け止めの常識を完全に無視してます(笑)

無添加処方の日焼け止めと
SPF・PA値の高い日焼け止めの
良いところだけを併せもってると言えるでしょう。


美肌・エイジング効果も期待できる


ヘブンヴェールは日焼け止めなのに
85%が美容成分になっています。

ビタミンC・ビタミンE・セラミド・
アーチチョーク・スクワラン・
アルガンオイル・ホホバオイル
         +
フランス産まれの3つの先進エイジングケア成分

と、超豪華配合になっており
使う度に、ハリ・ツヤ・潤いが与えられる
という状態になります。

それが、乾燥やつっぱり感のなさに繋がります。

それどころか、これだけの
美容成分が配合されているので
美肌+エイジング効果も期待できます。

全体的に整肌と保護効果が高く
そこへ潤い成分をドーン!と
入れてるような感じなので
肌状態が良くなるのも納得。

むしろ、これが美容液じゃなく
日焼け止めだということの方が
納得いかない気がします。


使用感がバツグンに良い


肌に悪そうなもの、安全性が懸念されてるもの。

こういったものを極力省いている
低刺激で安全性の高いものは
得てして、使用感が悪いものが多いです。

私が今まで使ってきたものも
ベタつく、化粧崩れが起こる、
肌がくすむ、部位によっては乾燥する
というものが多かった…。

ヘブンヴェールは、こういった
使用感の悪さがありません。

これは「三相乳化」という画期的な製法のおかげ。

この製法のおかげで

  • 皮脂や汗に強く崩れにくい
  • 界面活性剤完全不使用なので肌負担ゼロ
  • 油分を多めに配合しても
    瑞々しい使用感でベタつかない

という仕上がりになり
化粧崩れやベタつきのなさに繋がる
というわけです。

この他にも、コーティング剤に
ホホバエステルと水酸化Alを
使用することで
白浮きしない、伸びが良いといった
仕上がり&使用感の良さも実現してます。

「これで何の問題もないだろ!」
と言わんばかりの仕上がりです。

この出来上がりに感心しつつ
使ってみた感想次のようになります。


刺激に弱い敏感肌の人におすすめ


基本的におすすめしたいのは
私のように刺激に弱い敏感肌の人です。

肌に刺激を与える成分・製法が
一切合切、取り払われている事や
使っている時に刺激や乾燥を感じない
ということは、もちろんですが

それを落とす時も、洗顔料だけでOK
という、毎日の洗顔時の際の
肌の負担が少ないこともポイントが高いです。


また、汗や皮脂と混ざりにくく
それによる、肌のかぶれがない

ということも、非常にありがたい。

使う時も、よく伸びるから
変に肌をこすってしまうこともないし
本当に肌への負担が少ないんですよ。

敏感肌の人が日焼け止めを
使う時に感じる不快さや不安を全く感じません。

それでいて、使用感は悪くなく
従来の「ナチュラルで肌に優しいけど
使い心地は、全く期待できない」
ものと比べると、雲泥の差でした。


効果と使い心地の良さが両立する


使用感という点だけでいうと
あらゆる肌質の人にすすめたいですね。

刺激になるものを徹底排除し
肌への優しさは徹底追求しつつ

  • 乾燥やつっぱり感がない
  • みずみずしくベタつかない
  • 肌が疲れない

という、日焼け止めとは思えない
使い心地の良さを実現してるので
肌質を問わず、喜ばれる使用感と
仕上がり具合だと思います。

混合肌の私が使ってみても

Tゾーンがベタつきにくくなり
乾燥しやすい頬は、しっとりをキープ


という状態になったので
乾燥肌の人は乾燥やつっぱりを抑え
脂性肌の人は、ベタつきを抑える
というように、その人の肌質に合わせ
良いところが出るんじゃないかと思います。

こういった使い心地の良さに加え
非常に高いUV効果や
白浮きせず、崩れにくくなる
という化粧下地効果を
発揮してくれる日焼け止めなので

使い心地が良いだけじゃなく
日焼け止めとしても下地としても
効果が高いものが欲しい

という人でも満足できるようになってます。

誰もが望みながら、両立しなかった
UV効果の高さと使い心地の良さを
見事に両立しております。


以上、キャメロン&ガブリエル
ヘブンヴェール
の特長などの説明と
ザクッとしたレビューでした。

ここまで読んで下さった方には
もうバレバレだと思いますが
ワタクシ、めちゃくちゃ惚れ込んでます♪

今まで使った日焼け止めの中で
一番使い心地が良いです。

使い心地が良いというか
「つけていた方が肌が楽」なんですよ。

それでいて、UV効果は高いし
正直、言う事はありません。

今年使う日焼け止めを
まだ決めてないという方は
ぜひヘブンヴェールを候補の1つに
入れてやって下さい。

きっと満足すると思いますよ。

ヘヴンヴェール


次記事では、ここで散々書いた
使い心地の良さについて
もっと詳しくレビューしていきます。

次記事⇒キャメロン&ガブリエル ヘブンヴェールを使ってみた口コミ・レビュー


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ